スピーカーのリニューアル

ペンションのこと
11 /21 2010
30年くらい前、オーディオブームというのがありました。
実は私も少々かじった方でして、スピーカーのセッティングなどあれこれと試したものでした。
ペンションステラでは、BGM用として食堂と1F廊下の計2セットのスピーカーを設置しています。
先日、創業以来1F廊下で使っていたスピーカーから音が出なくなり、新しいスピーカーを探すことになりました。
イメージ 1
これが新しく食堂用のスピーカーとして導入したKEF iQ30。特別イギリス贔屓なつもりは無いのですが、コーギーだったりロータスだったり、それに続いての英国ブランドとなりました。といっても、今どきKEFといえどもMADE IN CHINAです。
特別高いものではありませんが、内部の定在波を解消するために曲面を用いたエンクロージャとレスポンスと定位に優れたメタルコーンの同軸2ウェイが特徴の凝った設計です。それより、このデザインかわいくないですか?新しいQ300はオーソドックスなデザインになってしまったので、今しか無いという思いで予算オーバーでしたが思い切って購入しました。独自の設計をかわいいルックスにまとめあげるイギリスのものにどうしても惹かれてしまうのです。展示品だったようで、片側のロゴステッカーが一部剥がれてしまっていますが、音に変わりはありません。響きの良い校倉造りの建物と相まって聴きやすい軟らかい音です。夜にBGMとしてよく流しているヒュージョンやジャズ系の音楽には非常に合うようです。また、ピアノや打楽器、ギターなどの弦楽器、ボーカルもなかなかいいです。
そして、今回スピーカーの位置も変更しました。今までは、お食事の席に対して横方向に設置してあったのを、前後から聞こえるようにして、せっかくの同軸2ウェイ、しっかり左右の音を楽しんでいただけるようにしました。
スピーカーを設置している厚板の棚も自作しインシュレータを介して設置しました。ケーブルも太めのOFCで新調しました。
 
イメージ 2
こちらは、今まで食堂で使用してきたDENON SC-C3。かなり古いですが、この頃のスピーカーはしっかりと作られていて意外といい音がします。これからは、廊下のスピーカーとして頑張ってもらいます。位置も変更し、階段に対してほぼ左右同距離になるように設置しました。廊下でも広い範囲でステレオでお聞きいただけます。
 
イメージ 3
こちらは、廊下用SC-C3をドライブすることになった怪しい光を放つLEPAI LP-2020A+というアンプ。ヤフオクで2000円(DCアダプタ別)で購入したものですが、音質はなかなかのものです。電源ONから音が出るまで時間がかかることと、微小な音量で左右のバランスが崩れるのが難点ですが、トーンコントロールもついてこの値段でこの音質ですからご愛嬌というところでしょう。カーオーディオのアンプ用LSIを使ったもので、デスクトップアンプというらしいですが、ちょっと革命的です。こういう発想は、なかなか真似できませんね。
 
ピュアオーディオ回帰の動きもあるとかないとか、新しいスピーカーの音、聴きに来てくださいね。 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。