こんにちわGIXXER

バイクの話
05 /15 2021
大変ご無沙汰しております。世の中相変わらずの状況で、各施設の努力もあって現在のところ宿泊施設や観光地でクラスターが発生していない状況を見ても、旅行での感染リスクは低いと信じている私でもブログは広告という側面もあるということを考えると、何だか更新しづらい気持ちになってしまいます。そんな中、検討に検討を重ね?一応ご報告をさせていただくこととしました。
DSC_0012.jpg
3月の中旬を過ぎたころ、レンタルでお世話になったショップのホームページで見つけたのは、まだ登録から1年未満、走行4500Kmのスズキ・ジクサーSF250でした。今や2輪はちょっとしたブームということと船便不足からの部品不足、供給不足の状況から在庫のない新車購入は納期不明の状況だそうです。そんな中見つけた貴重な高年式車がこのバイクでした。そして、まだ蔵王の麓に桜の咲く4月の始めにやってくることになりました。

DSC_0018.jpg
こちらは桜咲く徳良湖。本当のことを言えば、せっかく大型2輪の免許をとったので、やっぱり某大型が本命だったのですが、今の状況ではちょっと厳しいということで、経済的な250ccを選択したという訳です。

DSC_0021.jpg
では、コロナの収束まで待ったらどうかとも考えましたが、バイクシーズンの短い東北で半年も待ったら冬になって乗れなくなってしまうということを考えると、年齢的にバイク浪人するのももったいないというのが購入に踏み切った理由です。

DSC_0038.jpg
こちらは強風の七ヶ宿ダム。昔、スズキアルト47万円というCMがありましたが、ジクサーSF250は新車でも48万円というスズキさんらしい良心価格。ちなみにに250ccでも高いと90万円を超えるものもあります。

DSC_0037.jpg
こちらはつい先日の蔵王山麓金山峠、白石川源流です。単気筒で軽量なジクサーは、こんな道やセンターラインも無いような田舎道を走らせると、もはやカブのようにすいすいと走れて、バイクは大きければ良いというものではないと思い知らされます。それでいて、ツーリングもこなせて燃費も良く、必要になれば高速にも乗れ、スーパーの自転車置き場にもすんなり入れられるサイズとなれば、これはもう万能バイクといっても過言ではありません。

DSC_0039.jpg
ツーリングで一休みの一コマ。夕方の無人駅で缶コーヒーなどすすりながら休憩するのもまたオツなものです。こういうのもバイクならでは。ペンションステラは、元気に営業中です。山形・蔵王でのツーリング・ドライブに是非ご利用くださいね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。