雪若丸ランチ

山形・蔵王情報
10 /11 2018
エビフライ定食とか唐揚げ定食とか、一般的に料理と言えばおかずがメインな訳ですが今回は今年本格デビューとなる山形のお米の新品種、雪若丸がメインとなるランチです。
イメージ 1
山形発祥のお米と言えば、ペンションステラでも使用している「はえぬき」、ブランド米の「つや姫」があります。この2つの強力なライバルに新星がどう戦うのか、県庁の食堂で限定メニューとして雪若丸ランチが食べられるということで出かけてきました。

イメージ 3
県庁の食堂は中庭もあって、いい感じ。一般の方も自由に利用できます。でも、一番いいこの場所を目指していったらテレビの取材をされてしまいました。

イメージ 2
魚が2品とサラダ、人参の炒め物、豚汁、漬け物という組み合わせで800円で提供されています。見た目は上品な感じですが、豚汁がつくこともあって、そこそこボリュームもあります。雪若丸の感想は、謳い文句通りしっかりした食感とおかずを選ばない、いい意味での引き立て役という印象をもちました。柔らかくて女性的なつや姫に対して、男性的な雪若丸という位置付けかもしれません。是非一度、自分で炊いてみたいと思います。

イメージ 4
ちなみに県庁は16階建て。山形といえども、もっと高いビルもありますが、16階は高い方です。せっかくなので展望室にいってみました。

イメージ 5
山形に来てから一番高いビルに上ったかも?

イメージ 6
月山、葉山、蔵王に囲まれた山形盆地。いつもの市街地も上から見るとひと味違います。県庁は、16階にも展望レストランがあったり、また1階の売店では山形グッズが揃っていたりして意外と穴場です。ちなみに旧県庁の文翔館も大正初期の建物が郷土資料館になっていてお薦めです。機会がありましたら是非お立ち寄りください。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。