保護犬と行く山形の滝 ~だんらん滝と不動滝~

山形・蔵王情報
07 /23 2018
梅雨が終わって薄汚れた車を洗車した翌日、ドライブがてら買い出しのついでに天童へ。
イメージ 1
日本一の滝王国山形のHPから選んだのは、だんらん滝。初級、直瀑、所要時間10分と、ちょっと行ってみるには最適かと思ったのですが、この駐車スペースまで辿り着くには道が狭く、対向車があったらすれ違うのに苦労しそうで難易度が高いです。途中に採石場もあって、洗車したての車で行くのはお勧めしません。

イメージ 2
HPによると遊歩道も苔むして幽玄な雰囲気とのことですが、まさに夕方の日暮らしの声と相まって横溝正史の世界。戻ろうとするシーサーを無理やり引っ張って進みます。

イメージ 3
苔むした階段は滑りやすいのでご注意を。でも、雰囲気は抜群。

イメージ 4
雨が少ないからか、残念ながら水量は少なくマイナスイオン度数50点くらい、でも違う意味で涼めました。

イメージ 5
猛ダッシュで戻るシーサー。地元の方の大事な場所と思われます。心してお出かけください。

イメージ 6
改めて山形市内も猛暑日となりました週末。玄関の温度計もMAXです。でも、このくらいで暑いなんて言ったら怒られそうですが。

イメージ 7
やって来たのは標高1264m、地元蔵王のドッコ沼。ペンションステラからお車だと林道経由で40分くらい。運転に自信のない方は、スカイケーブル、蔵王中央ロープウェイも便利です。空いているときなら犬も大丈夫だったと思います。(ご確認ください)

イメージ 8
気温22℃、さすがに涼しいです。標高差は500m弱ですが、それ以上に温度差があるのはこの辺りが水と広葉樹が多いからでしょうか。

イメージ 9
不動滝までの道はトレッキングコースになっていて整備されています。

イメージ 10
ドッコ沼から不動滝までは約30分の下りのコース。これが滝の水源となる湧水。かなりの水量です。

イメージ 11
滝の脇ではシーサーも迫力に圧倒されていました。

イメージ 12
滝の手前は急な階段になっています。トレッキングシューズなど滑りにくい靴で気を付けてお出かけください。なお申し訳ありませんが、過去にいろいろございまして、ペット連れのご宿泊はお断りしております。悪しからずご了承ください。(お車に置いていただくのは差し支えありません)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。