パッセンジャーファースト

車の話
05 /22 2018
ペンションステラの送迎車、みかん色号を新オーナーさんに引き渡したところまでは以前書いたのですが、後継車選びについてはまだ書いていなかったので、その顛末です。
イメージ 1
つまらなくてすみません。すでに乗っていただいたお客様にはもうご存知の通り、結論からいえば結局またセレナです。グレードはハイウェイスターではなく標準車のX・Vセレクション4WDの防水シート車、色は蔵王の空をイメージしてシャイニングブルーにしました。ハイウェイスターと迷って相談したところ、どっちでもいいんだったら標準車の方をお薦めしますと言ってくれる営業のKさんは信頼できます。

イメージ 2
携帯カメラで色が悪いですが、ちなみに蔵王の空はこんな感じ。実際はもっと青いんですけど。ただ今オープンガーデン開催中です。ホントはサイズがちょうどいいNV200が本命で4WDの追加を待っていたのですが、結局4WDはバンのみに追加されてワゴンには設定なし。4WDが欲しかったらセレナを買ってくださいということですね、ハイ、わかりました。なんてことはなく、小さなペンションにとって送迎車を買い替えるなんてことは一世一代の大決断です。NV200テコ入れして、シエンタ、フリードに対抗してくれることを期待したのですが、残念でした。

イメージ 3
納車の時には、こんな素敵な花束をいただき、所長さん以下スタッフの皆さんにお見送りしていただいて恐縮でした。さて、施設送迎車の使用率が高いように感じるセレナの標準車です。NV200ワゴンに4WDが設定されなかったことで、候補は絞り直しになりました。必要な機能としては、6人乗り以上(必要度100%)、フル乗車で4人分の荷物の収容能力(同100%)、フル乗車で床にスキー板2本以上の積載性(100%)、4WD(100%)、パワースライドドア(80%)、白黒シルバー以外(70%)、あとは、できたらMTがいいとか、家族からはパーソナルテーブルが欲しいとか、みかん色号が防水シートだったので、やはり防水シートがいいとかいろいろありました。候補はセレナのほかにシエンタ、フリード、ノア・ヴォクシー、デリカ、キャラバン、ハイエースですが、いろいろ調べてもMTの4WDは見つかりませんでした。ステップワゴンを見に行く時間がなかったのはちょっと悔いの残るところではありますが、サードシートは床下収納だし、内装も好みでなかったのであまり食指は動きませんでした。

イメージ 4
積載性を考えると、ハイエース、キャラバンが圧倒的なのですが、パワースライドドアが最上級の5人乗りにしかつかないのであきらめました。セレナにしたのは結局シートアレンジが優れていることが大きいです。ちなみにストラップは上の穴に入れれば綺麗に収まります。運転した印象では、実はノアの方が良かったし、スタイルもノアの方が好みだったのですが、ノアは7人乗りと8人乗りは別仕様で、7人乗りのセカンドシートの真ん中部分のスペースはセレナより狭いように感じました。また、テーブル兼ドリンクホルダーが真ん中部分にあるのも、スキー板やコンパネなど長い荷物を積むときにちょっと邪魔になりそうな気がしました。でも、決定的なのは白シルバー以外だとブロンズしか選べなかったこと。(上級グレードを除く)お客さんをお迎えに行くときには、やはり他と被ることなく、かつ分かりやすい色の方が説明しやすいです。冬を考えるとデリカも魅力的ですが、夏場は宝の持ち腐れになりそうなのでやめました。セレナは中古もそこそこ出回っていますが、防水シートが選べるようになったことで新車購入となりました。悔しいけれど日産さんの作戦勝ちです。運転を楽しみたい時は別の車があるということも、割り切れる要因になっていると思います。

イメージ 5
納車されてから気づいたのですが、マフラーは一見ステンレスのように見えます。だとすると、雪国オーナーには嬉しい改良。

イメージ 6
こちらが防水シート。C25より質感がアップして滑りにくくなっています。C25の時はグレード設定だったのですが、C27ではオプションで選べるようになりました。価格もそれほど高くなくお値段以上と思います。みかん色号も防水シートでしたが、体重58Kの私で、11年、7万5千Kで少しシワが出た程度で、ほとんど傷みは感じませんでした。

イメージ 7
ハンドルはチルトだけでなくテレスコピックもついて、ドライビングポジションはバッチリ決まるようになりました。でも、自動ブレーキのカメラが付いてるのにせっかくのクルーズコントロールがACCではないのはちょっと不満点。でも、まあ山形だと結構使えます。プロパイロット仕様だとACCになるのかな?

イメージ 8
セレナで一番評判の良くない、もっさりした動力性能は、案外すぐ慣れました。実際の街中では案外もっさり運転しているということかもしれませんし、スロットルペダルの特性として身に着いたのかもしれません。なぜか、純正フロアマットは、フットレスト部分がありません。雨の日、気になったので調べたら社外品がありました。

イメージ 9
全然必要性を感じないドライブコンピューター。ドアを開け閉めするとアニメーションします。まあ、あれば使いますけど、先ほどのスロットルペダルの特性とか、パワステの重さとか設定出来たら良いと思います。オートライトの点灯タイミングとか車線逸脱警報のON/OFFとかは設定できます。

イメージ 12
ディーラーオプションのナビにアクセサリー電源が来ていないことも不満点です。イグニションONでないと使えません。買い物中子どもを車内で待たせておく時など不便です。夏の車内放置防止対策でしょうか?

イメージ 10
ホーンはシングルのビーという音だったのでモノタロウホーンに交換。安いけど十分いい音です。総額300万を越える車なら、せめてこのくらいのパーツはつけて欲しいところ。

イメージ 11
大人しすぎる外観に、ホイルはヤフオクで見つけた17インチに替えました。タイヤは205/50R17。見た目は良くなりましたが、やはり乗り心地は少し悪くなります。燃費はあまり変わらないように思います。

イメージ 13
なんか気になるスペース。ステッカー張る場所でしょうか?こんな具合で不満点もない訳でないですが、後ろに乗ることが多い家族からは非常に好評。特におかあさんによると、2列目の乗り心地は大変快適とのことです。そんな訳で点数をつければ70点くらいはつけられます。

イメージ 14
リアも少し消化不良な印象。ちょっとカスタムしてみましたが、気が付く方はセレナマニアですね。ハイウェイスターに遠慮があるのかもしれませんが、バンパーのデザインを変えるだけでも印象は変わると思います。標準車用のアンダーリップがあればいいんですけど、マイナーチェンジで頑張って欲しいような欲しくないような。日産車は端正なフォルムで勝負して欲しいです。

イメージ 15
辛口なこともいろいろ書きましたが、メッシュのサンバイザーや2列目のサンシェード、パーソナルテーブル、想像以上に使えるデュアルバックドアなど、流石に熟成の感があります。あえて標準車のレアカラーをカスタムするのは楽しさもありますし、自分らしい選択をしたという納得感もあります。そんな訳でこれからは、青いワゴン車でお迎えに上がりますのでよろしくお願いいたしまーす。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。