肘折温泉へGO

山形・蔵王情報
12 /12 2017
地元の人からは何でわざわざいっぱい雪のあるところに行くのかと言われそうですが、雪が降ると何故かそわそわしてくる性分なのです。
イメージ 1
東北中央道の無料区間の舟形ICで下りまして、こちら冬の最上川。夏でも冬でも、山形といえば最上川です。(ゴリ押し?)

イメージ 2
大蔵村に入りますと積雪がぐっと増します。月山の麓にあって、山形のみならず日本有数の豪雪地帯。これからの季節は天気予報でも時々聞くことになる地名です。

イメージ 3
道路はすでに圧雪状態。昨年、中古で買った2015年のアイスガード5+は、ちょっと溝が浅かったのですが、まだ不安なく走れるようで良かったです。

イメージ 4
実は肘折温泉は5年ぶりくらいです。前回は寒河江から自転車で来ました。(冬季通行止め)その時工事中だった巨大なループ橋がこの肘折希望大橋です。鋼製ラーメン構造桟道橋として日本一の長さだそうです。

イメージ 8
ペンションステラから約2時間、到着しました。こちらは、肘折温泉カルデラ館。先日の土湯温泉と時間的には変わらないです。やっぱり山形は広いです。先客は車2台で期待できます。

イメージ 5
今日は蔵王もがっつり降りまして、この写真と変わらないくらいになりましたが、その前の写真です。この時点で60cmくらいあります。今日なら1mかな?

イメージ 6
肘折の中でも黄金温泉と呼ばれるこの地域は、飲用の炭酸泉が湧きます。飲んでみたところ、シュワシュワするほどではありませんが、ほのかな甘みの炭酸の味でした。

イメージ 7
先に入っておられた方が出られましたので浴槽の写真も撮らせていただきました。窓からは川が見えて、ちょっと風情があります。浴用はナトリウム塩化物泉。月山周辺にナトリウム塩化物泉が多いのは、太古の昔、このあたりが海だったからだそうです。湯口からは熱いお湯が出てますが、浴槽の温度は少し温めでした。その分、ゆっくり入って、上がっても湯冷めすることなくぽかぽかでした。カルデラ館は、雰囲気のある素敵な建物で休憩室などもあります。湯上りに飲んだトマトサイダーが美味しかったです。帰りは、最上川沿いの県道で大石田経由で帰りましたが、狭い峠道で冬はお薦めしません。チャレンジャーな方以外は、舟形経由がお薦めです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。