ヤギ飼って1か月たちました

ヤギの話
08 /24 2017
チョビがペンションステラにやってきて、はや1か月が経ちました。事前にネットを中心に下調べはしたものの、ヤギを飼うのは初めてで手探り状態。でもチョビの方はすくすくと育っています。

イメージ 1
まずは、最新のチョビの画像から。来た時は本当に細かった足は、肉がついて少しがっしりしてきました。食べているのは、クズの葉。

イメージ 2
1日中、そのへんの草を食べるので、20㎡ほどの柵の中の草は1週間ほどでほぼなくなりました。そんな訳で餌は外から調達。これで2日分くらいですが、チョビの場合1度に与えると、ひたすら1日中ここで食べて、お腹を壊したりするので、最近は手に持てるくらい少しづつ与えることにしました。これは、主にイタドリ。

イメージ 3
当初、悩まされたのは鳴き声と脱走。最初の2週間ほどは、朝5時前からメーメー鳴くので、寝床に近い客室は使わないことにしたのですが、ちょうどお盆の前頃から、すっかり落ち着いて、ほとんど鳴かなくなりました。近頃は、ほとんどのお客様はヤギがいることに気がつかないようです。声質も少し変化して、大人っぽく煩くなくなりました。

イメージ 4
前にも書きましたが、脱走は名人級です。何しろ小さな頭さえ通れば、体も通れてしまうのです。これは、木とネットのわずかな隙間を見つけて通り抜けた場所。なお、前の写真の金網は、10cmx10cmほどのマス目ですが、ここには頭を突っ込んで、角が引っかかって抜けなくなりました。でも、1度失敗すると覚えるようです。

イメージ 5
野菜クズも食べます。リンゴの皮は大好物。レタスの芯に近いところやジャガイモの皮も食べますが、食べすぎるとやっぱりお腹を壊します。草も、なんでも食べるわけではないので、ヤギで草取りする話も聞きますが、効率は良くないように思います。木の葉も好きで、桜やリンゴの葉はよく食べます。でも、栗やクヌギは食べますが、あまり良くないようです。

イメージ 8
お食事中の方すみません。動物を飼う上で切っても切れない糞は、こんなパチンコ玉くらいのコロコロした糞です。臭いは、健康ならほとんどありません。また、牛糞と同じで、良い肥料になるようです。

イメージ 6
これは、おかあさんのスカートをくぐる図。一番世話をしているおかあさんには、やっぱり好く懐いています。

イメージ 7
調教師にジャンプの練習をさせられるチョビ。跳ね馬ならぬ跳ねヤギの図。1つくらい芸ができるようになるといいんですけど。それではまた次回。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たしかに本人(ヤギ)は全然気にしてないようです。原因も食べ物なのか、気温なのか、湿度なのか、よくわかりません。そもそもヤギはどうやって体温調節してるんだろうと思います。ハーハーしたりしませんし、もちろん汗もかきません。

No title

脱走するのも、「食べ放題」を求めてなんでしょうね。
ウンチがユルくなる、イコール、体をこわしている、ってわけではないのかも。

No title

これが悩ましいところで、犬だと食事抜いて胃を休ませたりできますが、ヤギの場合は反って消化の悪そうな草を食べたりするので難しいです。

No title

おなかこわしても食べ続けるのか……。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。