山羊ごっこ

ヤギの話
08 /03 2017
南東北インターハイの受け入れが終わり(開催中の競技もあります)ペンションステラも通常モードへ。今年は何故か山ユリがすごく好く咲いています。
イメージ 1

ヤギは、あいかわらず一日中草を食べています。なお、ヤギを散歩に連れ出すのは至難の業です。なぜなら、道にはいくらでも草があるから。
イメージ 2

犬の場合だと、歩かなければ無理やりでもリードを引っ張れば歩かせられますが、ヤギの場合は、引っ張ると引っ張り返し、それでも引っ張るとこんな感じであっさり膝をつきます。
イメージ 3

それでも、2週間も経ちますと良くも悪くもかなり慣れてきました。
イメージ 4
この日は脱走3回。どこから出るのかわからないで見ていると、あっさり柵(網)越え。急斜面に網まで張ったら出られないと思うのが人間、斜面など苦にしないヤギは網の上をたわみを利用して平気で登っていきます。気づいたら網の外にいるのですから、まるでマジックです。

イメージ 5
こんな風に対策をして、別なところは網の下を搔い潜れる場所を見つけ、その度に治すこと4か所。いたちごっこならぬ山羊ごっこです。

イメージ 6

なお、ヤギの名誉のために申しますと、脱走しようという意思は毛頭なく、ただ網の向こうに食べたい葉っぱがあったので、ちょっと頑張っただけ。だから、脱走しても今のところ遠くには行きません。
イメージ 7

そして、葉っぱがあれば知らないうちに丸太に乗ってたりするのです。
イメージ 8
そんな訳で楽しみながら手こづっていますが、鳴き声は少し落ちついてきたように感じます。さて、明日は何がおこるやら。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ありがとうございます。確かにヤギに関する本、少ないんですよね。個体差も大きいみたいで、どう飼えばいいのか、まだ手探り状態です。犬との違い(猫は子供のころ以来飼ってないので)は、もう少しいろいろ分かったら書いてみたいと思います。犬は感情表現が豊かで楽しいですが、ヤギはちょっと感情表現が乏しい気がします。でも、一番世話をしているカミさんは、嬉しいとか寂しいとかわかるようでかわいいかわいいと連発しています。とりあえず、ヤギのはなしの書庫作ります。

No title

ぼくが単行本の編集者だったら、ペンションステラ親子著で、「ヤギの飼い方」っていう本を書いてもらいます。娘さんの挿絵付きで。犬猫とはこんなに違うというポイントだけでもおもしろいですよ。
あと、“なつく感じ“が犬猫とどう違うのか。正直、ヤギって、そんなに可愛くないなあと思っていたので、そのへんも知りたいです。
ヤギブログ、ぜひ。

No title

> 仔山羊のキキさん
はじめまして、2週間ちょっと前にヤギを譲っていただいて、毎日ドタバタやってます。今後ともよろしくお願いします。

No title

> 下野康史(かばた・やすし)さん
おっしゃる通りヤギブログでも行けそうです。毎日、想定外のことがおこります。たまに、写真撮ってる場合でないこともあり、昨日はつる草に巻かれて身動きがとれなくなっていたらしいです。

No title

お早うございます!

道草はヤギさんの御得意ですからね、
でも、
みちくさに付き合ってると、いつまでもお家に帰れませんものね。

No title

つまり、一日中、食ってるわけですか。

ヤギ日記だけでブログが立てられそうですね。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。