庭の様子と単管パイプで小屋製作の続き

ペンションのこと
06 /21 2017
蔵王ペンション村オープンガーデンは7/2まで開催中ということで、まずは庭の様子から。
イメージ 1
玄関先では、シャクヤクが可憐な花を咲かせてくれました。でも、今日は風が強くて倒されないか心配です。

イメージ 2
ルピナスは、今年も珍しい白い花をつけてくれました。少しアボリーぽい色でこれもかわいいです。

イメージ 3
イチゴも実をつけ始めました。今年は春先から気温が低めなので実をつけるのが遅れて、東北ももう梅雨入り寸前。かと言って、前庭なのでワラなど敷くわけにもいかず、多少の傷みはしょうがないですね。

イメージ 4
さて、新プロジェクトの方は、スローペースながら着々と進んでおります。まずは骨組みをマイナーチェンジして筋交いを追加。屋根に垂木を組んでいきます。ここは、母屋の屋根から自然落下で落ちてくる雪を受け止める場所になりますので、かなり丈夫に作る必要があります。屋根の勾配は45%の急勾配で落ちてきた雪を左に流します。

イメージ 5
波板を張って屋根完成。なお、屋根の上で作業するには、結果的には限界の勾配でした。

イメージ 6
綿密な?計算を繰り返し、このあたりステンのタコアシのようになっております。多数のクランプを使用しますが、私のようにナットを回しているとアドレナリンがでるタイプの人には苦にならないでしょう。

イメージ 8
最初に音を上げたのは電工ドラムでした。別に酷使した訳でもないですが寿命でしょうか?溶接が剝がれました。

イメージ 9
寿命といってもペンションステラでは、このくらいでは引退させません。穴をあけて通しボルトで固定するくらいは朝メシ前です。

イメージ 7
屋根ができたら次は壁です。ドアの骨組みもできました。今日は、雨降りにて続きは来週。また、ご報告します。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。