新雪と最後の紅葉の大鳥池

山形・蔵王情報
11 /08 2016
釣りキチ三平のマンガで伝説の巨大魚タキタロウがいるということで有名になった鶴岡市の大鳥池に出かけてみました。

イメージ 1
国道112号線から大鳥の方向に向かうと紅葉見ごろの荒沢ダムが迎えてくれました。広葉樹の森と豊富な水資源の朝日連峰は、紅葉がとても美しい場所です。

イメージ 2
大鳥地区のタキタロウ館前には、ガイドマップが設置されています。登山道入り口から大鳥池は、上り2時間50分、下り2時間35分とのこと。

イメージ 3
大鳥地区から泡滝ダムに向かう道は途中から未舗装です。秘境感たっぷりの朝の美しい風景に息を吞みました。

イメージ 4
泡滝ダム横の登山道入り口には、親切で綺麗な案内板。

イメージ 5
登山道は、泡滝ダムに続く渓流沿いの道です。

イメージ 6
渓流にそそぐ大きな滝のあたりの景色は、なかなかの絶景でした。

イメージ 7
登山道の前半は、幅2mくらいの沢を飛び石で越える場所もありますが、比較的歩きやすいです。吊り橋を2つ渡ると後半。(ホームページによると吊り橋の踏み板や入口の案内板は積雪に備えて11/3に外されたようです)

イメージ 8
後半は、急峻な山腹をつづら折れの狭い道で登っていきます。景色も単調になってきてハードです。

イメージ 9
尾根に着いたら休憩しようと思ったら、大鳥池はもうすぐそこでした。

イメージ 10
昔から会いたかった人に出会えたような、ごたいめーんの瞬間。

イメージ 11
池の向こうの山には、もう雪が降っています。右の石段を上ると大鳥小屋、左に進むと以東岳に続く道。

イメージ 12
逆光気味でうまく撮れていませんが、最後の紅葉もぎりぎり間に合って新雪との景色が綺麗でした。魚は、この時期だともう冬眠でしょうか。池は静まりかえっていました。私の足で所要時間は、上り下りとも約2時間20分。後半の急峻な部分は少々体力が必要かもしれません。大鳥池は、ペンションステラからお車でR112で約3時間、山形道を利用すると3,40分短縮できます。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。