CG-CLUB東北TTDへ行く

車の話
09 /12 2016
なんといってもイベント盛り沢山の秋でして、車ネタの連投まことに申し訳ございません。病気なのでお許しを。

イメージ 1
遊佐のクラシックカーミーティングは、時間的に無理なこともあってエリーゼでは行かなかったのですが、CG-CLUB東北TTDにはなんとしてもエリーゼで行きたいので、その前に宿題を片付けます。まずは、ブレーキフルード交換、そして、最後にクラッチと。

イメージ 2
思ったら、いくらやってもクラッチラインのエアが抜けません。なんで?と最後はお母さんにも登場していただいて、2人でやりますがダメです。で、結局時間がないので近くの整備工場に泣きつきます。原因は、リザーブタンクの横から出ているクラッチマスターに繋がるホースの取り回しが悪く、一旦上がっているのでいくらやってもエアが抜けないとのこと。いや、怪しそうでしたが、最初からのものなのでまさかという感じです。おかげで、新車の時以上にクラッチは切れるようになりました。少しヒビの出始めたホースも交換して一件落着。

イメージ 3
と思ったのも束の間。スピードメーターの動きが怪しいです。TTD開催当日の朝ジャッキアップしてスピードセンサーのコネクタにCRCをブシュ。それ以上のことをする時間はないのでいざ出発。なにせカーグラと聞いては行かない訳にはいきませんから。

イメージ 4
道の駅羽鳥湖向かいの駐車場までは、ペンションステラから米沢南陽道路、R121を使って約3時間。先日治したETCも快調です。1時直前の到着ですぐジャンケン大会が始まるそうです。

イメージ 5
入り口には、カーグラフィック編集部からマクラーレン570S、ロードスター、ケイマンGT4。

イメージ 6
ジャンケン大会では同乗走行のサービスもありました。私は、アルファロメオのタオルをいただいてしまいました。m(_._)m 加藤社長とも少しお話しできて感激の楽しい1日でした。

イメージ 7
ステッカーもいただいてエリーゼに装着。とても沢山の方がお見えだったのですが、車のナンバーを見ると、どちらかというと関東ナンバーの方が多かったです。絶対数が多いこともあるのでしょうけど、福島県内はまずまずですが、宮城・仙台方面もっといてもいいのにという感じがしました。機会があったらペンション村でやってもらえたらとお願いしてきましたので、実現するといいんですけど。

イメージ 8
初めての羽鳥湖周辺のワインディングを一回りして岐路につきます。会津若松から蔵王の麓までの2時間、スピードメーターは良い状態だったのですが、蔵王の山道に入った途端に再び不安定に。

イメージ 9
翌日、改めてチェック。接触不良を疑いましたがテスター当てて配線を動かしても大丈夫そうです。このマグネットを少し磨いたらかなり改善された気がします。根本的にはセンサーが劣化してるのでしょうか。少し様子見で結局宿題は残ったままになってしまいました。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。