遊佐町クラシックカーミーティングへ行く

車の話
09 /08 2016
9/4に行われた遊佐町クラシックカーミーティングに行ってきました。
イメージ 1
いつものように、なんだかんだで蔵王出発は11時前。あわよくばエリーゼで行く予定も、終了直前に滑り込むのがやっとという時間なので一家揃ってセレナで出発です。湯殿山から高速を使って、昼ご飯も食べずに到着したのは、1時40分頃のこと。でも、予想以上の大盛況に驚きました。

イメージ 2
いつものように私の趣味に偏っておりますのでご容赦ください。セドリック・スペシャル6です。ブルーバードとともにピニンファリーナの美しいデザインです。少し下がった車高がとても恰好良かったです。

イメージ 3
スカイラインRSの2台。やっぱり、こういうイベントになると日産車は目立ちます。GTS-RだったりRSだったり、レアもの好きな私としては、GT-Rより惹かれる部分があったりします。

イメージ 4
ダルマこと初代セリカです。当時は、アメリカ車を意識してデザインされたと思いますが、コンパクトなスタイルはライトウェイトスポーツそのもので、特にクーペは、その性格をよく表していると思います。

イメージ 5
FCことRX-7です。私にとっては、若かりし頃のほろ苦い想い出の車です。ロータリーターボの炸裂するようなパワーが強烈でした。ロータリーはフラット6とともに、できるならもう一度乗ってみたいです。

イメージ 6
かわいいてんとう虫ことスバル360。ここから始まるスバルの軽自動車の歴史が終わってしまったのがとても残念です。うちにも、これの子孫にあたるR2がありますが、スバルの車は、知恵の詰まった車だと思います。是非、BRZ/86のようにスバル主導の軽自動車が誕生することを願います。

イメージ 7
輸入車の会場には、イギリス車の3台。tamさんのエスプリは、いつ見てもすばらしいコンディションです。

イメージ 8
最後に今乗ってきたかのように輸入車会場入り口近くに置かれたホンダSL125。これも気になる1台でした。

イメージ 9
終了間際に急いで回って、子どもとお母さんはお買い物も楽しみ帰路につきます。お昼に酒田のラーメンを食べようかと思っていましたが、思いのほか暑かったので、そちらは次回のお楽しみにすることにして、よく晴れた鳥海山と最上川を楽しみつつ、帰りは新庄経由で蔵王へ。お爺ちゃんのお墓参りもできたし、駆け足でしたが楽しめた1日でした。ペンションステラから遊佐までは、約2時間~2時間半。秋の山形は、酒田の他にも各地で美味しいラーメンも楽しめます。山形は、一世帯あたりのラーメン外食費用日本一の県でもあるのです。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。