アサギマダラに会いに蔵王中央高原へ

山形・蔵王情報
09 /03 2016
蔵王の夏の風物詩の1つにアサギマダラがあります。アサギマダラは、夏になると本州の山間部にやってきて、冬は九州や沖縄、台湾で越冬するという珍しい種類の渡り蝶です。以前は、蔵王周辺が渡りの北限と言われていましたが、最近は温暖化のためか、もっと北でも見つかっているそうです。

イメージ 1
向かったのは中央高原のドッコ沼。林道を走って車でも行けますが、ロープウェイで行くこともできます。

イメージ 2
木の実もすっかり色づいて、山にはもう秋が来ています。

イメージ 3
アサギマダラを探してゲレンデの方へ。この辺で標高1300mくらい。風が爽やかで気持ちいいです。

イメージ 4
ゲレンデの坂を上っていくと、いました!アサギマダラの飛び方は、とても優雅です。

イメージ 5
追いかけると逃げられるので、じっとして待ちます。大好きなヨツバヒヨドリの花にとまったところをパチリ。いい感じに撮らせてくれました。

イメージ 6
中央ゲレンデにはリンドウが咲いていました。アサギマダラももうすぐ南へ移動を始めます。蔵王中央高原へは、ペンションステラからお車で5分の蔵王中央ロープウェイが便利です。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。