BikeR 試走

自転車の話
09 /04 2015
8月までは干ばつかと思うくらい雨が降らなかったのですが、このところ降ったり止んだりと不安定なお天気で、なかなか乗れなかったBikeRにようやく乗ることができました。

イメージ 1
カーボンのホリゾンタルフレームとモノトーンの色使いがいかにもドイツっぽい雰囲気を醸し出しています。当然ですが、アルミのKONAと比べると劇的に軽いです。注文した部品を取り付け、各部グリスアップして軽く拭き掃除のあと記念撮影。

イメージ 2
ペダルはWig〇leで注文したLifeLine。樹脂性の方が合うかなと思って選んだカーボンコンポジットですが、見た目はほとんどプラスチック製で特別軽くもないです。でも、SPD-SL互換でシマノのクリートがそのまま使えるし、開放値の調整幅が広いので外れない程度にはまっていればいい私としては、外すのが楽なので嬉しいです。ちなみにフロントギアは52-39。

イメージ 3
手を合わせて拝みたくなるマビックオープンプロとドイツ製チューンのハブ、デュラエースのディレイラー。KONAのソラと比べると質感がまるで違います。この自転車の魅力は、ひとつひとつのパーツが職人の技術を集めたかのような作りこまれた部品で構成されているところかもしれません。リアは、9速で27ー13かな。

さて、このとてもレアな2代目BikeRに乗ってみた感想です。まだ、ポジションが全然出ていないので力が逃げていますが、漕ぎ出しの軽さはざすがカーボンです。平地での加速や、登りで勾配が緩くなった瞬間の加速などは軽さを実感できます。それと、カーボンフレームに手組みホイルということで乗り心地がすごくいいです。なので、無理にスピードを求めないで、そこそこのペースでロングライドする時などに、とても好い印象を受けました。車で言えばGTカー、若しくはスペシャリティカー的な性格を感じます。ちなみに、降りた瞬間思い出した車は930のポルシェ911でした。もう少し、ポジション出しできたら少し長距離を走ってみようと思います。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。