赤湯~飯豊 イザベラ・バードの足跡をたどるサイクリングその1

自転車の話
06 /24 2014
もう6月も終わろうとしておりますが、ようやくのサイクリングです。タイトルの通り、今年のテーマはイザベラ・バード。イザベラ・バードは、山形県人には馴染みのある名前で、明治11年(1878)に日本を訪れたイギリスの女性旅行家です。横浜を出発したバードが、新潟から山形に入ったのは7月の初め。ルートは、小国町玉川から朴ノ木峠を経て小国町市野々、越後米沢街道を通って手ノ子、川西町小松、赤湯を経て上山ということです。今で言えばR113からR13ということですが、現在はバイパスが整備されていて、当時のルートとはかなり違います。今回は1回目ということで小国町を走ることも当然考えたのですが、このルートは、わらびサイクリングのルートと重なるし、今年はまだ体力も備わっていないので、いつかチャレンジすることにして、上山から道の駅いいでまでを走る計画をしていたところ、今朝になってお母さんが一緒に行くことになったので、赤湯から道の駅いいでに短縮してのスタートです。
イメージ 1
前置きが長くなってしまいましたが、南陽市民体育館を出発し、赤湯駅前を通って県道102号線を走ります。薄曇りの自転車日和。飯豊の山にはまだ雪が見えます。
 
イメージ 2
休憩したコンビニには、ブログリンクさせてもらっているジャノメミシン米沢店さんのチャリティコンサートのポスターが貼ってありました。都合のつく方は是非。(蔵王ペンション村オープンガーデンもよろしくお願いします)
 
イメージ 3
最上川にかかる素敵なトラスの橋を渡るとダリアの街、川西町。
 
イメージ 4
米坂線の羽前小松駅の風情のある駅舎。山形DCのキャラクター、きてけろくんののぼりがありました。ペンションステラもよろしくおねがいします。
 
イメージ 5
しばらく走るとこんな案内が。7/20出場する方、頑張ってください。
 
イメージ 6
県道の250号に入ると諏訪峠。ここから望む景色がバードが東洋のアルカディアと評した置賜平野です。新潟からの険しい道を越えてきたバードには楽園に写ったとしても不思議ではありません。
 
イメージ 7
峠にはこのような案内板が設置されていました。イザベラ・バードを偲んでくる方も多いのでしょうか?
 
イメージ 8
古道入り口の道標も整備されています。
 
イメージ 9
諏訪峠を下って道の駅いいでへ。赤湯から約21Kmです。
 
イメージ 10
時間がないので軽くお昼をすませ帰りを急ぎます。期間限定の緑茶あんのお団子おいしかったです。
 
イメージ 11
ノンストップで南陽市民体育館へ。お母さんもよく走れるようになり、なんとか、子どもの迎えの時間に間にあいました。ルートはこちらです。(今回は、ピストンコースにて片道分だけです)山の多い山形で、ほとんどフラットなこのコース、自転車にとっても楽園のようなコースでした。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

実はお母さん、時間はかかるんですけど、蔵王温泉まで普通に行ってきちゃえるようになっちゃったんですよ~!それで、平地で50Kmくらいならいけるかなと思ったんでした。
でも、山形で20Km走って獲得標高78mなんてコースがあるとは思いませんでした。それも、実際は諏訪峠だけですから、あとはマッタイラです。ロードバイクなら自転車が勝手に走ってくれますよ~♪
Mackさんなら、山形から行ってちょうどいいかも。おすしボーとジャンボフランクと牛串と牛べこ汁に団子とアイスも食べて帰ってくれば腹ごなしにちょうどいいかと思います。v( ̄∇ ̄)

No title

ステラママも頑張りましたねぇ~♪( ^ω^ )
すごいっ!すごいっ!!

ルートを見たら、本当にフラットなコースで素敵ぃ~♪(^ω^人)
周辺にこういうコースだらけだと良いのにな。(* ̄m ̄)ぷっ☆

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。