スポーツカー好きの若者よ~日本にはミラバンがある

車の話
12 /11 2013
若者の車ばなれということが言われて久しいけれど、車の運転というのは本質的に楽しいと思うし、もっと上手になりたいとか、もっと楽しみたいと思う人もいるわけで、そんな若い人にオススメなのがペンションステラに代車としてやってきたミラバンです。
イメージ 1
今さら写真載せるまでもなく仕事車として街中にいっぱい走っている訳ですが、実はこれが面白いです。スーパーカブをカスタムして遊んでいらっしゃる方がおられますが、共通するものがあると思います。つまりベースとしての素性が良いのです。エンジンは43Kw(58ps)、車重は710Kg(5MT)。つまりスポーツカーとしての指標となるパワーウェイトレシオは12.24Kg/ps。これがどのくらいの数字かというと1200ccのマーチNISMOよりちょっと軽いくらいなのです。そう、ミッションは4速じゃなくて5速です。(借りたのはATです)
 
イメージ 2
標準タイヤはとても細いのでコーナーリングの限界は低いし、スタビライザー無しのサスペンションは初期にクラッとロールするけれど、良い車というのはどう運転すればよいかをちゃんと教えてくれるものです。ハンドルに対するレスポンスはとても自然だし、固めの足回りは限界内であればほとんどアンダーステアを感じさせずにコーナーを抜けていきます。バンだからといってリアブレーキが効きすぎるなんてこともありません。ホイルやタイヤを替えたり、足回りをいじったり、色替えしたり、流用できるミラ(乗用車)のパーツも多いだろうし、カスタムする要素も満点だと思います。
 
イメージ 3
2ドアだしリアシートは狭いしヘッドレストも無いので家族持ちには辛いですが、その分荷物はたくさん積めるし、独身の若い方なら支障無いんじゃないでしょうか?これで税抜き68万5千円、少々カスタムしたくらいじゃ、まだまだ安いです。この車で覚えられることたくさんあると思いますよ~。燃費もいいし、その分貯金して、運転上手になって保険も安くなったらハチロクとかロードスター買うなんていいじゃないですか。どう欲しくなったでしょう?
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。