秋ライド第3弾 鶴岡・鼠ヶ関編

自転車の話
11 /08 2013
今年ももう11月。山形では秋というより初冬になってしまいました。去年達成した山形全市町村走破で気になっていた宿題を果たすべく鶴岡に出かけてきました。昨年ラストの庄内ライドは、鶴岡を走ったとはいうものの櫛引から北を目指して遊佐町まで走ったので、全国市町村で10番目、本州では5番目という広い面積の鶴岡の南半分は未走破だったのです。そこで、今回は鶴岡の南半分を走ってきました。
 
イメージ 1
お昼前に雨が上がるという天気予報を信じて鶴岡へ。今日も櫛引からスタートの予定でしたが、みぞれ混じりの雨と強風にめげて少し南の湯田川温泉近くの田川という地区からスタートしR345を南下します。ここは、R345の最高地点、関川トンネル。このあたりまでのR345は、適度なアップダウンで走りやすい道でした。
 
イメージ 2
関川は、戊辰戦争で戦場となった場所だそうです。車だと通り過ぎてしまいそうな歴史に触れられるのも自転車の楽しみの一つですね。
 
イメージ 3
関川を過ぎるとR345は酷道に姿を変えます。強風で吹き飛んだ杉の小枝が何度も行く手を阻みますが、なんとか切り抜けつつ鼠ヶ関を目指します。R399やR458に匹敵する素敵な道路でした。
 
イメージ 4
鼠ヶ関川の清流がすぐ横を流れるR345。景色が開け、日本海が近いことを感じます。晴れてたら気持ちいい景色なんだろうなぁ。
 
イメージ 5
鼠ヶ関から新潟県境へ。日本海が見えました。
 
イメージ 6
青空も少し見えますが、雲の色と岩に砕ける白い波しぶきは、もう完全に冬の日本海の景色。
 
イメージ 7
R7を北上、道の駅にて。波しぶきで乾ききらない地面に注目。海岸沿いのR7は、横風だったり、向かい風だったり、追い風だったり。ウインドブレーカーがあまりにバタつくので、たまたま持っていた裾バンドを腕に巻いたら、かなり走りやすくなりました。
 
 
イメージ 8
今日のR7は、片側車線規制の区間が長く、歩道走りを強いられて辛かったので、旧道に避難。鉄道はJR羽越本線。
 
イメージ 9
お腹が空いてきたけど意外とお店がなく、ようやく見つけた売虎庵さん。箸ぶくろに、ゆでたてのそばとかけて、ウルトラマンととく。そのこころは3分たつとのびると書いてありました。蕎麦も美味しくて、窓からの日本海の眺めも良く、なかなか洒落の利いたお店でした。
 
トータル71Km、ルートラボはこちらです。予定より短かったけど、今日はこのくらいで良かったかな。お天気の良いときにまた走りたい道でした~。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。