高速無料化のこと

車の話
06 /16 2010
今月28日から高速道路が一部無料になることが正式に決まった。
来年3月までの社会実験だそうだ。
 
山形県内では、山形自動車道の山形北IC~月山IC、湯殿山IC~酒田みなとIC、東北中央道の山形上山IC~東根IC、米沢南陽道路が無料になるそうだ。庄内方面との行き来が便利になるのは歓迎だが、東北自動車道や山形自動車道の山形北IC~村田JCTは今までと変わらない。
 
鉄道やフェリー会社などへの配慮というのは理解できるが、主要な高速道路の料金はそのままで、もともと交通量の少ない道路だけを無料にして、はたして実験としてどの程度の意味があるのか疑問というのが正直な感想である。上限制は、値上げだというなら平日は上限2000円、休日は1000円にすればいいし、深夜割引きも継続すればいい。流通コストを下げることが目的なら、トラックにだけ上限制を導入するのも可能だと思う。また、ペンションのお客様も現役引退された方が増えているし、私達のようなサービス業も含めれば平日、休日という料金区分は本来説得力に欠けるように思う。しかし、以前に比べれば一歩前進したわけだから、好意的に受け止めたいとは思う。来年4月に導入されるであろう新料金体系には、将来へのビジョンをもった制度の導入を是非お願いしたい。
 
それにしても元プログラマとしては、この複雑でころころ変わる料金体系を裏でささえるエンジニア達にエールを贈りたい。ETCのシステムがどの程度の柔軟性を持って設計されているのかはわからないが、少なくとも料金体系が変わるたびにテストはしなければならないだろう。深夜まで仕事をしているエンジニアもいるのかもしれないと思うと複雑でころころ変わる料金体系は税金のムダ使いをしていることにならないかと心配になるのである。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

tamさんコメントありがとうございま~す。
なんか高速の料金ひとつとっても、流通を活発にしたいのか、観光を発展させたいのか、CO2削減したいのか私にはよくわかりません。目的をはっきりさせた上で影響があるところはバックアップしなければいけないと思うのです。八方美人の政策では国の方向性が見えないし、国民が将来に不安を持つのは当たり前だと思うんです。世論の名を借りた選挙対策でなく、経済対策も、小子化対策も、財政健全化も将来の安心こそ、この時代みんなが求めてるものだと思うんですよね~。

No title

確かに~~!!!
もう少し10年先、20年先、50年先くらいは見込んだ計画を立てて、実践して欲しいもんですね~~♪
まぁ、今の時代5先も闇で、何が起こるか解りませんが、せめてその時その時代の長期ビジョンはあってしかりと思いますね~~^^
因みにオレ自身は機械設計者でもあったので、エンジニアの苦労も確かにわかりますね~~☆

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。