蔵王のお釜までトレッキング

山形・蔵王情報
06 /09 2010
このところ非常にお天気の安定している蔵王です。
暑すぎず、寒すぎず、トレッキングには一番いい季節かもしれません。
今日は、知り合いと蔵王のお釜まで歩いてきました。
 
片貝沼からザンゲ坂を歩いてロープウェイ山頂駅まで登ります。冬はゲレンデになる場所ですので斜度は結構あります。
イメージ 1
ロープウェイは通年運行されています。登りはロープウェイで、下りは歩いてというのもお薦めです。
 
山頂駅近くおなじみお地蔵さまのところ。良く整備されています。
イメージ 2
 
 
地蔵山山頂より熊野岳山頂。急な登り下りは無く、歩きやすいルートです。
イメージ 3
 
残雪は、この程度。トレッキングシューズで全然問題ありません。
イメージ 4
 
お釜もきれいに見ることができました。
イメージ 5
左が宮城側、右が山形側です。山形側に残雪が多いことがおわかりいただけるかと思いますが、実際気温はかなり違います。
 
熊野岳山頂へ
イメージ 6
つばめらしき鳥が飛び交っていました。
 
帰りは、熊野岳と地蔵山の間、ワサ小屋跡からいろは沼へと向う祓川コースを降ります。若干、笹を払いながら進む場面もありましたが、概ね良く整備されています。
花もちらほら。でも、まだこれからです。
イメージ 7
イメージ 8
 
 
いろは沼です。
イメージ 9
 
いろは沼からは、スキー場の連絡コースを歩き、ドッコ沼へと向う林道を片貝沼へと戻りました。
所要時間約5時間の行程でした。
 
なお、しばらくの間、ドッコ沼への林道は、時間により通行規制されているようです。ご注意ください。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。