自転車本2冊

自転車の話
12 /09 2012
外は大雪。6日頃から降り始めた雪は勢いが衰えることなく、今日は、この冬初めての除雪車が入りました。蔵王温泉スキー場は、半分くらいのコースが滑走可能になりましたが、まだワックスもかけてないし、あまりの天候にまだ滑りに行っておりません。こんな日は、音楽でも聴きながらオフの楽しみに取っておいた自転車本でも。といっても新刊ではないし、有名な本なので既に読んでおられる方も多いとは思いますが、どちらも本業は自動車関係で趣味がロードバイクというお2人の本です。
 
イメージ 1
下野康史さんの「ロードバイク熱中生活」。カーグラフィックの編集部員だった下野(かばた)さんは、私と趣向が似通っていて、好きな自動車評論家の1人です。東京-糸魚川ファストランは、私には手の届かない世界ですが、この本で疑似体験させていただきました。その他、リカンベントや木製自転車の話も、自動車評論家さんらしい内容で楽しめました。
 
イメージ 2
こちらはホンダのエンジニア、ふじいのりあきさんの「ロードバイクの科学」。自転車に乗ることを科学的に分析するこの本は、理系の世界から久しく離れている私には一読して理解できる内容ではありません。でも、元々この手のウンチク満載の本は大好きだし、かつてポールフレール氏の「ハイスピードドライビング」でレーシングドライブを学んだ時と同様、この本の内容を理解できた時には、必ず一皮剥けた走りができるはず。何回も読み返して、スルメのように長く味わいたいと思います。
 
私も車と自転車の2足のわらじ状態ですが、自動車業界には自転車好きが案外多いようです。一見、この相反するようにも見える2つの乗り物は、趣味の観点から見ると互いに足りないものを補完するのかもしれません。
 
スキー場の方は、お天気が少し安定したらレポートしたいと思います。今の状態なら、その頃には多分、全コース滑走可能になるかな。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ヌルさんありがとうございます。

帯に「重版につぐ重版」ってありますが、はまってしまったら一家に一冊ですね。
最初、いつものようにアマゾンで中古を探したら、値段が新品とほぼ
変わらないので驚きました。

まだ今のところ、睡眠導入剤となっていますが、多分春までには味がでててくるかと思います。

私も頑張りま~す。

No title

「ロードバイクの科学」は、自分も愛読してますっ(≧∇≦)b

文系の自分ですが、内容は・・・
ん~、分かったような、分からないような;^_^A

ステラさんのように、じっくり"スルメ読み"で頑張りま~す!

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。