日本最後の砂利道国道!?R458

自転車の話
07 /31 2012
山形の3ケタ国道を語るとき、絶対に外せないのがR458です。R458は、上山から新庄にいたる国道ですが一部マニアの間では砂利道酷道として知られていて、なんでも今では日本で唯一だとか!?その砂利道部分をMTBで走ってきました。
 
まず最初に、山形県の名誉のためにお断りしておきますが、R458といっても整備されている部分もあります。
イメージ 1
 
また、山辺町、中山町あたりは路地のようになって、びっくりすることもありますが、近くを通る整備された県道に迂回すれば何の問題もありません。
イメージ 2
 
さて、R458の本領は寒河江市宮内のR112との短い共用区間を過ぎて右に曲がったところからスタートします。
イメージ 13
幅員狭小、砂利道、急カーブの案内板。
 
イメージ 15
今日のスタートは、この冬季閉鎖ゲートから。肘折温泉を目指します。このあたりは、昭和30年代まで幸生(さちう)銅山として日本有数の産出量を誇ったところです。
 
 
 
イメージ 16
約30分で十部一峠に到着。ここまでは、少し舗装が切れたところがあるくらい、登りもそれほどきつくはありません。さらに、しばらく走ると残雪の月山が迎えてくれました。
 
イメージ 17
 
もしかして、砂利道はなくなったのか?と思い始めたその時、カーブミラーに写ったのは...
イメージ 18
 
砂利道といっても固いフラット路面。乗用車で来ても速度に気をつけて、よほど悪天候でなければ問題ないでしょう。(大雨の時は閉鎖されるようです)
イメージ 19
 
十部一峠から約30分で大師峠に到着。砂利道は、約3Kmでした。
イメージ 20
 
大師峠をすぎると下りの激坂。コーナーで減速しても、わずかな直線でジェットコースターのように加速し、気がつくと50Km/h以上。帰りはここを登ると思うと気が重いですが、気持ちよく下ります。
イメージ 21
 
激坂区間が終わると再びダートに。
イメージ 3
 
肘折まで5Km。2度目の砂利道区間は、約1.5Km。ライトが脱落してしまいました。
イメージ 4
 
標識も首を傾いでいますが、ここは国道です。ゲート間のおにぎりは3個。おにぎりが見えたらゲートが近いことを意味します。
イメージ 5
 
出口ゲートを通って肘折温泉に到着。ここまで約2時間でした。
イメージ 6
 
ここまできたら、ひと風呂あびて帰らねば。食事も兼ねて、肘折いでゆ館へ。入浴料は、350円。
なお、土砂崩れのため、この先は臨時モノレール&徒歩です。(迂回路は車で通行可能です)
イメージ 7
 
茶褐色のわずかにぬめりを感じる温泉がとても気持ちよかったです。そして恒例の、大蔵村産トマトのソフトクリーム。さっぱりとした丁度良い酸味が美味しかったです。
イメージ 8
 
帰りは、あの激坂を登ります。銅山川の景色が美しいです。山形の自然を感じる風景です。
イメージ 9
 
登ること約1時間半。もういや~。力尽きて1Kmくらい押しました。
イメージ 10
 
ここまで来れば、激坂区間は終わりです。もうゴールしたも同然?風が気持ちいいです。オニヤンマの群れが迎えてくれました。
イメージ 11
 
砂利道区間、十部一峠を通ってゲートに向かいます。
イメージ 12
 
空がゴロゴロ言い出しました。急がねば。
イメージ 14
到着とほぼ同時にザーっと振り出して、ぎりぎりセーフでした。砂利道は、トータル5Kmほど、その気になればすぐ舗装できるでしょう。酷道マニアの方、是非今のうちにおいでください。ちなみに行きに1台、帰りに2台+山菜取りの車3台と出会いました。往復52Km、久しぶりのMTBは、ちょっと疲れました~。
 
なお、上山~新庄は、通常R13を通るのが一般的なルートです。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ELISE乗りさん、こんにちわ。

まさか、この砂利道酷道をエリーゼで行かれるとは!自転車以上に疲れたのではないでしょうか?
肘折温泉への迂回路は、新庄側から入るようになっているので、また機会があったら
今度は、新庄経由で、ひと風呂浴びに行ってみてください。
あと、寒河江の近くだと柳川温泉もお薦めですよ。

暑い暑いと言ってるうちに、お盆すぎると、少しづつ涼しくなって走りやすくなりますね。
また、お立ち寄りください。

No title

こんにちは、
以前、お邪魔したELISE乗りです。

今日、朝、涼しいうちに乗り出したのですが、どこ行こう
かと、思い出したのがこのブログです。
で、肘折温泉を検索して寒河江付近から東根に向かって走りました。

カーブミラーが少ないので、気を遣うことも多く慣れているとは
いえ未舗装路でのELISEは、疲れました。(歳の所為?^^;)
肘折温泉へは、回り道はあるものの通行止めでしたので、よらずに
13号に出て帰りました。

この道を人力で走るとは、考えるだけでも疲れてしまいます。
涼しくなりましたら届け物もあり、お邪魔させて下さい。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。