宇宙人がやってきた

車の話
04 /22 2012
といっても、ペンションステラに宇宙人が泊まりに来たわけではありません。(笑)
 
車の話の書庫を少したどっていただくとわかるようにウチにはekワゴンという優秀かつ、とても気に入っていたゲタ車があって昨年11月にスタッドレスを新調して、まだまだ活躍してもらう予定でした。ところが、昨年12月、2度目の積雪があった日、ペーパードライバー暦約20年+運転暦8ヶ月のドライバーは、雪の積もった下りの山道をドライ路面と同じ速度で走ったらしく、ekワゴンは満10歳を目前に突然その生涯を終えることになってしまいました。ドライバーにケガ一つなく、また誰も巻き添えにしなかったことだけは不幸中の幸いでしたが...
 
山での生活は、ゲタ車がないと不便なので急遽ヤフオクを探し、アルトワークスにほぼ決めかけていたのを覆したのが、このストーリアです。
イメージ 1
後ろは、蔵王温泉スキー場、横倉ゲレンデ。まだ滑れますよ~。
 
前期型1000ccで山形2ケタナンバーの1オーナー、ガレージ保管、走行11万キロでタイミングベルト交換済み、車検1年2か月付き、3か月分の自動車税とリサイクル、古いけど1シーズンくらいは使えそうなスタッドレスも込みこみで1桁万円でやってきたこの車は、多少の凹みもあるとはいえ年式の割りには程度の良い車です。そして、初心者ドライバーには、強力な小回り性能とトヨタ譲りの信頼性が心強い。
 
個性的なデザインのこの前期型は宇宙人顔と称され、おそらく世界で初めてコンパクトカーに縦目のヘッドライトを採用した車です。イギリス人デザイナーの作品と言われるこのデザインは非常に評価されて、その後、多くのコンパクトカーが縦目のヘッドライトを採用し、今では横長ヘッドライトのコンパクトカーを探す方が難しいくらいになりました。また、その後登場するニューBMWミニのデザインにも影響を与えたと言われています。
 
イメージ 2
こういう小さめのテールランプ好きなんですよね~。確かにイギリスぽいデザインと言えると思います。
今では、あまり見ることのなくなったテールゲートの鍵穴。鍵がないと室内からしか開けられないテールゲートは不便。その他、赤外線式のキーレスやロックアップしないトルコンAT、古臭いデザインの内装などは年式を感じさせる部分です。
 
イメージ 3
テールランプ部分のお尻の部分の盛り上がりがいいです。今の車の基準からすると短いホイルベースですが、雪道でも案外トラクションが架かるし、ありえないくらい小回りが利きます。そして4ドアはやっぱり便利。ホイールは、ekワゴンのお下がりの15インチ。タイヤは中古の175/55R15の省燃費タイヤをヤフオクでゲットしました。
 
ウチに来てすでに3か月経つのですが、この度、燃費の向上を計ろうとエアフィルター、イリジウムプラグ、エンジンオイルを交換したのでブログにアップした次第です。15Km/Lくらい走ってくれると良いのですが、効果はどうでしょうか?おかあさんもとても気に入っているようなので、車庫入れが上手にできるようになるくらいまでは頑張ってもらおうと思います。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。