C26セレナin蔵王

車の話
02 /07 2012
先日、ペンションステラの送迎車ことオレンジ号が駐車場で後ろからバックしてきた車にぶつけられてしまいました。当て逃げされなかったのは不幸中の幸いですが、これまで大したキズもなかったので、ショッキングな事件でした。修理期間中、代車として貸してもらったのが新型のC26セレナ4WDのレンタカーです。
 
イメージ 1
 
昨日の黒姫ゲレンデにて。道路の真ん中に止めておりますが、ここから蔵王エコーラインまで大雪のため現在通行止めとなっております。
 
旧型のC25セレナも非常に完成度の高い車で、空調スイッチが使いづらい以外は全く不満はないのですが、新型C26セレナはさらに正常進化していました。まず、一番の違いは足回り。ソフトな旧型とは対照的にちょっとやりすぎなくらい締め上げられています。まったくインリフトせず、外側を軽く沈みこませてコーナーリングするさまはちょっとしたスポーツカー顔負けです。すばらしいのは、エンジンとCVT。静粛性も非常に高く、低回転からたっぷりとしたトルクを洗練されたCVTでコントロールしながら非常に滑らかに加速していきます。4WDもさらにコントロールしやすくなって、雪道でもまったく不安はありません。個人的に気になったのはパワステが軽すぎること。もうちょっと重くても路面のインフォメーションがしっかり伝わってくる方が好みです。でも、街中で見るセレナは、女性が運転されていることも多いですし、施設の送迎などにもたくさん使われているので実際の使われ方にはマッチしているのかもしれません。
 
旧型では途中までスポーツ志向の強いR系とノーマルグレードが設定されていましたが、新型も締まった足回り+重めのパワステのスポーツグレードと柔らか目の足回り+軽いパワステのノーマルグレードの2本立てだったらいいのになぁと思いました。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。