想い出の品

車の話
12 /04 2011
ずっと前から安くなったらGETしたいものがありました。
それは「バギーヒート」という13年も前のゲームです。
イメージ 1
(テレビの画面を携帯カメラで撮っているので画質悪いです)
 
何を隠そう、私はこのゲームの開発者の1人です。今でもネット検索すると「隠れた名作」とか書いてくれている方もいて、一部マニアの間では評価が高かったのですが、残念ながらそれほど売れませんでした。でも、そのためか中古の値段が下がらず去年の今頃調べたらまだ2800円くらいしていて買えなかったのですが、さすがに現役ドリームキャストも無くなってきたのでしょう。先日調べたらついに1円(送料込み341円)になっていて、今買わないと無くなるという思いでポチッとしたわけです。
 
イメージ 2
 
私の担当は、レースゲームのキモともいえる車の挙動プログラムです。実はレースゲームを自社開発するのは、これが初めてで車の挙動もゲーム全体も荒削りなことは否定できないし、ドリームキャストもまだ出たばかりで使い切れていなかったことも事実ですが、初代グランツーリスモが出てレースゲームは一気にシミュレーションの時代へと移っており、このゲームも車の挙動だけでなくレース全体をシミュレーションすることにコンセプトがありました。そのため敵の車もプログラム的にはアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作して走っているのです。正直に白状すれば私はゲーマーだったわけではなく、また物理も専門ではありませんでしたが、当時、時間があればサーキットにでかけて車を走らせ、実際にレースにもでていた私が担当になったというわけです。
 
イメージ 3
 
バギーをシミュレーションして喜ぶ人がどのくらいいるのかという疑問はさておき、路面の起伏にあわせて動くサスペンションや丸見えのドライバーがハンドルを操作し振動で揺れる様、時にはミスもする人間臭い敵の車など手前味噌ですが、今やっても結構楽しめます。
車の挙動プログラムに関しては、その後、内職のようにバージョンアップしていたのですが、レースゲーム全体が下火になったこともあって、残念ながら日の目を見ることなく終わってしまいました。開発に関わったゲームは他にもいくつかあるのですが、この作品は特に思い入れが深い一つなのでした。当時、宮城の利府町にあったバギーコースや富士のダートコースなどに取材に行ったのも懐かしい想い出です。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。