最上川サイクリング 白鷹~米沢 パート6 最終回?

自転車の話
11 /05 2011
最上川サイクリングの6回目は、白鷹町から米沢市を走ります。最上川の源流とされる火焔の滝を目指して走りますが、はたしてロードバイクでどこまで行けるのか。地図を見ると大平公民館というのがあり、ここまでは行けそうです。その先は舗装の切れるところまで頑張ろうと決め、前回と同じ白鷹町文化交流センターをスタートします。
 
イメージ 1
県道9号から最上川の方向。稲刈りの終わった田園風景。のどかですね~。最上川の向こう側は霧がかかってます。
 
イメージ 2
長井に入り蛇行する最上川。時刻は11時頃ですが霧でちょっと薄暗い感じで肌寒いです。
 
イメージ 6
県道9号からR287、R113、県道242号、県道3号、県道239号を経て米沢へ。このあたりは河川敷の道路が整備されていて走りやすいです。霧も晴れて温かくなってきましたが、置賜橋の近くではコハクチョウが羽を休めていました。もう、そんな季節ですねぇ。このあたりで日本海から200Kmを超えました。
 
イメージ 3
米沢市街を流れる最上川。あまりにも街中なので実感が沸きませんが、大きな石が上流部であることを物語ります。山に囲まれた景色と街中を流れる川、上杉神社やお寺を見ていたら学生時代を過ごした京都を思い出しました。ちょっとお腹が空いてきたので、米沢市街をポタリングして米沢ラーメンのお店を探しま~す。
 
イメージ 7
「きよえ食堂」さんでみそラーメンをガッツリいただき、直江堤公園へ。ラーメンは、細麺のちじれ麺でスープはあっさり味。ボリュームもあって私の好みです。スープも残さずいただきました。米沢の河川敷は公園などがあって良く整備されていますが、その歴史は400年以上前の直江兼続の時代まで遡ります。
 
イメージ 12
これが今も残る直江石堤だそうです。飯豊、吾妻の山々から流れる川の水を集めながら米沢盆地を蛇行して流れる最上川を実際に見るとかつての氾濫の様子が想像でき治水の必要性を実感します。ここからさらに大平温泉を目指します。
 
イメージ 8
大平温泉に向かう途中にあったトトロの森。たしかにトトロですね~。後方下に米沢盆地が見えますが、この辺は、まだ序の口。
 
イメージ 9
本日の中で最も上流部の最上川。ミルキーブルーの清流と紅葉のコントラストが素晴らしく美しいです。今年見た紅葉で一番綺麗だったかも。
 
イメージ 10
本日の仮の目的地、大平公民館に到着。2車線の道路はここで終了。この先は、舗装はされていますが林道ぽい道です。大平温泉まで車で30分+徒歩13分の表示。
 
イメージ 11
めげそうになりながらインナーローでダンシングすること10分あまり。ついに舗装の終点です。もうちょっと行きたい気持ちと、ほっとした気持ちが交じり合いますが、いつか火焔の滝を見ることを心に誓い今回は引き返します。ここまで約61Km。帰りは怖い怖い激坂の下りでした...県道2号からR287へ、最短ルートを目指します。なんとなく消化不良なので八ヶ森自然公園で休憩の後、長井の最上川発祥の地へ。
 
イメージ 4
右から流れてくるのが最上川。左が白川。こんな素敵な場所なのにわかり難いです。畑仕事をするおじさんに教えてもらって辿りつきました。かつて最上川は、ここより上流を松川と呼んだそうで松川と白川の合流地点が最上川発祥の地となったそうです。
 
イメージ 5
最上川発祥の地も見れたので気分もすっきり。飯豊連峰に沈む夕日に飛行機雲が綺麗でした~。
 
帰りは約55Kmで合計約116Km、お昼もがっつり食べ、あちこち寄り道したり、米沢市街をポタリングしたりしたので約8時間。白鳥にも会えたし、いろんな景色も見れたので楽しいロングライドでした。いや~自転車って本当にいいですね~。
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たまこんさーん、訪問ありがとうございます。
すみません。直江石堤の写真差し替えました~。前のは公園の駐車場の案内板に書いてあった場所の写真だったのですが、検索するともっときれいな石堤なのに積んだ石がわからないくらい草が生えていておっかしいなぁと思ったら石碑の後ろが撮影ポイントだったみたいです。
長井付近の夕焼けがあんな風になるのは初めて知りました。ちょうど飯豊山地の向こう側に新潟空港があるんですね~。壁紙にしたらめっちゃカッコ良くて楽しんでます。

No title

はじめまして。
気持ちいいロングライドで楽しさが伝わってきますね。
兼続公の作った石堤は一度見てみたいと思っていたのでこちらで
拝見できてうれしかったです(^^)

きれいな夕焼けにポチっ☆

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。