最上川サイクリング 荒砥~左沢 パート5

自転車の話
10 /28 2011
今週に入って少しお天気がぐずつきましたが、ようやく山形にも青空が戻ってきました。
最上川サイクリングの5回目は、五百川(いもがわ)峡谷と呼ばれる山形鉄道フラワー長井線の荒砥駅からJR左沢線の左沢駅を走ります。
 
スタートは、白鷹町の文化交流センター。県道9号から黒滝橋を渡ってR287へ。R287は、交通量もあり工事中の箇所もいくつかありました。雪の季節を前に、山形は現在工事ラッシュです。
イメージ 1
ちょっとわかり難いですが黒滝橋の下には、朝日岳から朝比奈三郎が投げたと伝わる巨石、つぶて石があります。
 
イメージ 2
最上川にかかる吊り橋。大平橋と呼ばれるこの橋は、「おしん」の撮影でも使われたそうで、今も現役です。
 
イメージ 3
川幅が広くなったこの場所は、最上川を堰き止めて作られた上郷ダム。最上川本流唯一のダムで発電用だそうです。
 
イメージ 4
朝日町の明鏡橋。橋の下には、かつての舟運のために掘られた舟道の遺構があります。
 
イメージ 5
左沢駅に到着。難読駅名で、読み方は駅看板をご覧ください。構内には、地元特産品の売店やギャラリーもありました。左沢は、大江町の地区の名前ですが、JRの路線名となるほど最上川の舟運で栄えた雰囲気のある町です。
 
帰りは、パート2で見た旧最上橋を見てR458からR287の道の駅へ。
イメージ 6
道の駅おおえの手前、柏稜橋の下には鮎のヤナ場がみえました。
 
イメージ 7
道の駅から奥へ進むとここにも「おしん」のロケ地があるというので行ってみました。いかだに乗って奉公に出されるシーンを撮影された場所だそうです。
 
イメージ 8
帰りは、明鏡橋を渡らずに県道9号へ。交通量が少なく景色も良いのですが、R287以上にアップダウンが激しいです。この近くには、大沼の浮島や朝日町ワイン城などの観光スポットもあります。
 
イメージ 9
道の駅しらたかのあるヤナ公園。その名の通りヤナ場があり、鮎の塩焼きなどが食べられます。日本海まで165.5Kmとのことです。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

旧県庁の文翔館などもそうですが山形は古い建築物を大事に活用していてすばらしいと思います。また、それだけ想いをこめて造られたということだと思います。大平橋や明鏡橋、旧最上橋も他所だったら壊されていたかもしれませんね。自転車は、いろいろな発見があっておもしろいですね。

No title

まだまだ山形には素敵な景色がいっぱいあるんですねぇ~♪
「おしん」のつり橋見てみたいです!
自転車でないとなかなか見れない景色っていいですねぇ~

またロングライド行きたくなってきたぁぁぁ~

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。