北前船を見に行ってきました

山形・蔵王情報
08 /22 2011
北前船日本海文化交流事業として日本海側の新聞社が主催する北前船の復元船「みちのく丸」が8/24まで酒田港に寄港しています。
イメージ 1
 
大きさは、大型のクルーザーくらいでしょうか?現代の巨大な貨物船を見慣れた目には小さく見えますが、宝船のような造りは芸術品のよう。江戸時代の造船技術の高さを窺わせます。
イメージ 2
 
河村瑞賢によって開かれた西回り航路により、最上川の舟運とともに酒田は「西の堺、東の酒田」と言われる発展をとげました。
イメージ 3
逆光で白っぽく写ってしまいましたが、風格たっぷりの船首。かつて、米や紅花がこの舟に乗せられて京都や大阪に運ばれ、上方の文化が塩やお茶とともに山形へと入ってきました。
 
イメージ 4
機能美を感じさせる船尾。軽そうな船体は小さな波でも結構揺れますが、帆を張ると安定するそうです。
北前船「みちのく丸」について詳しくは、山形新聞社HPにてご覧ください。
 
酒田港までは、ペンションステラから約2時間です。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。