瀧山 すぐそこにある修行の山

山形・蔵王情報
06 /20 2011
蔵王温泉スキー場の地図を見ると、左の端にあるのが瀧山です。ペンションステラの露天風呂からはちょうど向かいの山です。龍山とか竜山とか書く場合もあります。
全体がパワースポットといわれる山形ですが、その昔の平安時代、山寺立石寺の開祖でもある慈覚大師によって開かれた瀧山は、後に鎌倉時代、北条時頼によって閉山させられるまで修行の場所となっていました。その瀧山に登ってきました。
 
イメージ 1
瀧山ゲレンデの向かって左にある登山道の入り口。反射して見えませんが、登山道入り口とあります。
ちょっと雑草が茂っているようにも見えますが、歩くには問題ありません。
 
イメージ 2
修行の山を髣髴とさせるなかなか険しい山ですが、登山道は整備されています。山歩きそのものが好きな方は、きっと気に入っていただけると思います。写真、右上にハーネンカムコースと大平コースが見えます。
 
イメージ 3
山頂の祠は、つい先日新しく立て代えられました。標高は1362mとあり裏側に斉藤茂吉の句碑もあります。瀧山ゲレンデ脇の駐車場からは、約50分でした。ここからは、スカイケーブルの中央高原駅方面へのルート、西蔵王放牧場へのルートなどがあります。
 
蔵王もそろそろ夏山の様相です。熱中症や虫対策はお忘れなく。
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。