地震から10日の山形蔵王

山形・蔵王情報
03 /21 2011
3月11日の大地震は、ここ山形蔵王では震度5強の揺れでした。ペンションステラでは、おかげさまで直接的な被害はほとんど無く、棚のものが少し落ち、露天風呂の水道配管が外れた程度で済みました。また、山形県内も地震による直接的な被害はほとんど無かったと聞いております。
しかし、電気は丸2日停電し、これによりポンプで汲み上げている水道も断水しました。ガスだけはプロパンですので、ずっと使えたのは幸いでした。
 
震災から10日。JRは、昨日(20日)に奥羽線の米沢~山形間が復旧しましたが、山形新幹線は未復旧です。東北自動車道も那須塩原以北が未開通です。東北電力も27日までは、計画停電を回避できる予定としていますが、節電は引き続き求められており、蔵王温泉スキー場も当面営業休止を決め、賑わうはずだった連休もお客様の姿はありません。
 
被災地ほどではありませんが、山形でも物不足は続いています。震災後、インスタントラーメンやパンなどの食料品が店から無くなってしましましたが、これらは徐々に戻りつつあるようです。現時点で、一番深刻なのはガソリンや灯油などの燃料です。ガソリンスタンドは、在庫切れのため多くが休業。営業していると長蛇の列ができ、給油に2時間以上かかって、やっと10L入れてもらうということも珍しくありません。
また、給油待ちの車内で火事になったという話や夜間の順番待ちの路上駐車などのトラブルも新聞に出ていました。私ももう1週間ペンション村から外に出ていません。テレビの情報では、今週中を目処に平常に戻るよう関係の方々が努力されているとのことですが、このような燃料不足や交通機関の麻痺により、中止・延期になった行事は数え切れず、山形でも、この地震によって連鎖的に及ぼされた経済的な被害は計り知れません。
 
昨日、宮城の東松島市に住む友人と震災後初めて電話で話すことができました。友人の家は、家族、自宅とも無事とのことで、電気は19日に復旧したものの、水道、ガスはまだ止まったまま。ガソリンはようやく昨日20L入れられたとのことでした。私たちも、被災した方たちに電気や燃料を回せるよう、また計画停電も回避できるよう非常誘導灯の電球を外したり、できるだけ着込んで暖房を最小限にしたり、お風呂を2日に1回にしたりと努力しています。非難している人たちが1日も早くお風呂に入ったり、暖かいものを食べたりできるよう、できるだけ多くの方が、買占めをしないことはもちろん生活も見直していただければと願います。
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

トシヒコ様コメントありがとうございます。
山形も燃料事情が良くなってホッとしていますが、それと同時に節電も以前ほどではなくなってきましたね。行き過ぎた自粛ムードはナンセンスと思いますが、喉元過ぎればなんとか...
そういう私も原発関係のニュースが気になってずっとテレビをつけていたりします。
一旦、事が起きると取り返しのつかないダメージを起こす原発にアレルギー反応を起こしますが、福島第一原発の出力は500万KW以上。それに対して新しくできた長井ダムの発電量はわずか1万KWと知って、いつの間にか原発無しには生活できなくなってしまった我々のライフスタイルも見直すべき時かもしれないと思う次第です。
単に過去のライフスタイルに戻るスローライフではなく、未来型のスローライフを日本全体で考えられればと思います。

No title

お風呂・買占めの件。
まったくですよね~

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。