鳥海山・秋田へ弾丸ツーリング

バイクの話
07 /21 2020
宮城、福島と隣県へのツーリングをしてきましたが、さて次はという訳で鳥海山・秋田へのツーリングを決行しました。
DSC_0660_800x600.jpg
バイクは前回に続いてNinja650。限られた8時間のレンタルの中で戻って来ないといけませんが、ずっと高速やバイパスもつまらないので最上川沿いに大石田経由で行きます。

DSC_0661_800.jpg
大石田から尾花沢IC->舟形IC->国道47号ー>国道345号ー>国道7号とノンストップで走って、鳥海ブルーラインへ。せっかく日本海をバックに写真を撮ったのですがよくわかりませんね。

DSC_0662_800x600.jpg
こっちの写真なら少しわかるでしょうか?平日の割には車もバイクもまずまず来ていますが、トレッキングの方が多いのか交通量は大したことはありません。

DSC_0664_800x600.jpg
山の方向を見るとまだ僅かに残雪があります。もう少し写真を撮ったように思ったのですが、何故か行方不明。雄大な景色は是非肉眼でご覧ください。

DSC_0665_800x600.jpg
私の土地勘は、だいたいこの辺で終わってまして、ブルーラインの先は未踏の地です。後で帰ってから地図を見るとグリーンラインというのがあって、多分ツーリングならこっちがお勧めかもしれませんが、食事を求めて国道7号へ。道の駅で、せっかく秋田に来たので冷やしうどんをいただきました。帰りは、少し心配なので給油して、国道108号から国道13号、東北中央道の無料区間を経て山形市へ。走行距離約360Km。国道108号もなかなか素敵な道でした。由利本荘で給油して返却時は5Lも入らなかったので、出発時に確実に満タンならギリギリ無給油で戻ってこれるかもしれません。

DSC_0651_800x600.jpg
もう少し早めに出発すれば、多少余裕のある鳥海山一周ツーリングも大丈夫そう。もちろん片道なら全然余裕です。ペンション村共同で駐輪テントも設置しましたので、山形へのツーリングにはペンションステラをご利用くださいね。




スポンサーサイト



出塩文殊堂の紫陽花

山形・蔵王情報
07 /16 2020
異例の長雨とのことで災害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。山形も珍しく毎日雨が降って、まあそれでも1日中降りっぱなしとならないのは東北のいいところではあるのですが、梅雨寒もあって体調を崩しやすい時期、どうかお気を付けください。山形でアジサイといえばここというほど、この時期には必ず話題に上がる出塩文殊堂に出かけてきました。
DSC_0625_800x600.jpg
アジサイってこんな鮮やかだったっけと思うくらい、何故か今年はどこへ行っても花が綺麗です。

DSC_0626_800x600.jpg
一直線に伸びる長い参道の両側にアジサイが咲き誇っています。もしかしたら、少し止むかなと思ってシーサーも連れてきたのですが残念ながら車で待機中です。

DSC_0628_800x600.jpg
赤いのもあってやっぱり鮮やかです。

DSC_0629_800x600.jpg
石段は滑りやすいのでご注意を。

DSC_0631_800x600.jpg
白いのもありました。ちょっと珍しいんじゃないでしょうか、綺麗ですね。

DSC_0632_800x600.jpg
学問の神様として信仰されている出塩文殊堂。ペンションステラから約40分です。

漢だけじゃないKawasakiで裏磐梯・喜多方ツーリング

バイクの話
07 /01 2020
巷ではオトコカワサキなんて言われる男ぽいイメージのKawasakiのオートバイ。その昔、まだ20代の頃、友人のNinja400と私のVFR400を、ほんのちょっと交換して乗り比べた以来のカワサキNinja650をレンタルして、梅雨の合間に裏磐梯・喜多方へツーリングに出かけてきました。
DSC_0599_800x600.jpg
山形市内から1時間ちょっと米沢の道の駅にて、天気予報に雨マークはなかったのですが、パラパラと降ってきました。梅雨の時期としては比較的雨の少ない山形の6月ですが、もう月末ですからね。一応雨カッパは持ってきています。雨雲と相談してR121で大峠を超えて喜多方へ向かいます。

DSC_0600_800x600.jpg
20分ほど雨に降られましたが、カッパを着るほどではなく止みました。夏用にヤフオクでGETしたメッシュのジャケットでは寒い大峠のトンネルを抜けて喜多方へ。しばらく前から、蔵々亭の味噌ラーメンが食べたくて、やっと来れました。まさかのラーメン日和ということもあったかもしれませんが、やっぱり絶品です。ちなみにサンバーの裏はレオーネでした。お腹もふくれたところでNinjaのチェック。

DSC_0603_800x600.jpg
一見、セパレートハンドルのように見えるハンドルは、通常のセパハンより上についていて楽なポジション。軽い前傾で乗りやすいです。メーターはアナログの回転計とデジタルのスピードメーターで見やすく格好いいです。

DSC_0614_800x600.jpg
めっきり見なくなったヘルメットホルダーもついています。やはりもう長く作っているシリーズですから、何が必要とされているか熟知している感じがします。

DSC_0605_800x600.jpg
クラッチ、ブレーキにはアジャスターがついていて、手の小さな女性への気遣いも感じられます。

DSC_0617_800x600.jpg
高速では、もうちょっとスクリーンが長いといいなと思いましたが、必要なら簡単な加工で調整できそうでした。

DSC_0606_800x600.jpg
檜原湖にて。シートも低くて足つきもいいし、乗ってもすごくマイルドで扱いやすいです。サスペンションも当たりが柔らかいですしエンジン音も静かだし、あんまりマイルドなのでパワーが無いのかと思って試しにアクセルを捻ってみたら、思わず振り落とされそうでした。微小なアクセル操作の部分がとても好く調教されていますが、パワーは大型バイクとして十分侮れません。スタイルもいいですよね。

DSC_0607_800x600.jpg
磐梯山眺望箇所と書かれたところにバイクを止めたらこんな足跡が。

DSC_0610_800x600.jpg
足跡の終点から、ばっちり磐梯山が望めました。

DSC_0616_800x600.jpg
やっと日が差してきましたが、まだ少し寒いので暖かい飲み物が飲みたいと思って自販機で止まったら、暖かい缶コーヒーがありました。そろそろ冷たいのしかない自販機も多い中嬉しい気遣い。

DSC_0620_800x600.jpg
西吾妻スカイバレーに上って眺望のいい場所で休んでいたら、ようやく気温が上がってきてとても快適。しばらく休憩していたらバイクの音が聞こえてきて待っていると、米沢の道の駅で会ったお兄さんとまさかの再会でした。しばしお話をして、スカイバレーを白布峠へ。コーナーリングもなかなかですが、この道意外とバンピーなんですね。車ではわからないですが無理は禁物と思いました。Ninja650に1日乗った感想は、とてもバランスの良いミドルクラス。エンジンが主張するSV650と好対照ですが、とても満足度の高いオートバイでした。ペンションステラから喜多方・裏磐梯は、2時間半くらいです。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。