中央ゲレンデへ

山形・蔵王情報
12 /20 2018
昨日、午前中はスキーも履かずに、所用で中央ゲレンデへ。
イメージ 1
こちらは中央ゲレンデのランドマーク、SANGORO小屋さん。雪上車やキャタピラーのEVランクルもスタンバイOKでした。1階は素敵なレストランです。

イメージ 2
午前中は雪は落ち着いていて、木についた霧氷が綺麗でした。

イメージ 3
中央ゲレンデの積雪は65cmとのこと、思ったよりは沢山の方が滑っておられました。

イメージ 4
午後からは今年一番の降雪であっと言う間に20cm以上積もってびっくり。でも、夕方には落ち着いてしまいました。今のところまだ練習中の冬将軍です。あとひと頑張り。所用のあとはペンションステラに戻って相棒のセッティング。

イメージ 5
使い勝手の良い黄色いスノーダンプですが、昨年は酷使したせいで1シーズンしかもたなかったので、補強パーツも購入しました。こんなパーツが前からあったのかどうかわかりませんが、スノーダンプも毎年改良されています。

イメージ 6
今日現在、中央、上の台、ユートピアゲレンデが滑走可能です。他のゲレンデ、コースの積雪も増えてきましたので、あと少しというところです。スキー、スノボラックも組み立てて準備OK。たくさんのお客様をお待ちしております。

スポンサーサイト



ラフランスのジャム作り

ペンションのこと
12 /13 2018
すっかり蔵王は冬景色となりまして、もう雪の降らない日はないくらいです。スキー場もようやく営業開始。今のところは、中央ゲレンデだけ滑走可能ですが、上の台や横倉ゲレンデも積雪20cmということなので、あと数日というところだと思います。
イメージ 1
これは、数日前の様子。ゆっくりだった今年の冬ですが、12月中旬でこのくらいだとほぼ平年並みだと思います。今から本番ですね。その間に私は恒例ラフランスのジャム作り。

イメージ 2
少し小さいラフランスが安く手に入るのは地元ならでわ。美味しさは変わりません。

イメージ 3
スライスして砂糖、レモン汁とまぶします。まだ、火をつける前ですが、食べ頃のラフランスからは、どんどん果汁が出てきます。ちなみにレモン汁を入れるのは味付けのためではなく、果物の細胞に含まれるペクチンと反応させてゲル化させるためです。

イメージ 4
たっぷり果汁が出たところで初めちょろちょろ。パンに塗る用なのでマッシャーで少し潰します。

イメージ 5
ほどよく潰れたら中パッパッ。木べらで混ぜながら、強火の完全沸騰状態で煮詰めます。

イメージ 6
最後は、火の止め時が肝心。木べらに抵抗を感じるようになったら、時々すくって滴の落ち具合を見ながら混ぜます。

イメージ 7
瓶に詰めて、逆さまに置いて完成。これで密閉されて保存ができます。常温になったら冷凍庫、冷蔵庫へ。瓶は予め熱湯消毒、乾燥することをお忘れなく。ペンションステラのジャムはいつも砂糖控え目ですが、もともとのラフランスの糖度が高いので、もはやハチミツのような味です。ご朝食にお出ししておりますので、是非ご賞味ください。

イメージ 8
近いよ~。

ドライブ好きなら一度は走りたいR252

山形・蔵王情報
12 /04 2018
まずお断りしておきますが国道252号は、新潟・柏崎から福島・会津若松を結ぶ国道で山形の道路ではありませんが、近県ということで山形・蔵王情報の書庫に入れることにします。
イメージ 1
下野康史さんのブログで新潟・福島の六十里越の記事があり、気になって調べたら12/3から冬季閉鎖とのこと。もしかしたら行けるかな?と思いながらスバルからR2のキャンペーンで届いたクオカードでスバル特集のdriverを買いました。地産地消か自家発電か?R2が黒歴史ってことはないと思いますが、ま、カレンダーもついてるしコンビニで買えるdriverポイント高いです。

イメージ 2
冬支度の外仕事もあるけれど、小雨が止みそうで止まないドライブ日和。いざ決行と思ったらWindowsがフリーズしたりして結局お昼過ぎ出発。ペンションステラからR49との分岐のセブンイレブンまで約2時間。

イメージ 3
早速、只見川の美しい景色が迎えてくれました。来てよかった。

イメージ 4
ここは撮り鉄さんのポイントですね。線路脇に危険の立て札がありましたけど、気持ちわかります。お気をつけて。

イメージ 5
1日6本の滅多に会えない列車にも会えました。工事車両が多いのが玉に瑕ですが、いい道路です。

イメージ 6
せっかくなので只見駅に寄ってみました。只見線は、ここから福島側は少し不通区間がありますが、新潟側は通っています。冬季は鉄道だけが唯一の交通手段、いつか乗ってみたいです。日が短くて、ちょっと薄暗くなってきました。

イメージ 7
田子倉ダムの美しい景色はdriver誌でご覧くださいませ。

イメージ 8
角栄さんの石碑はなんとか確認できました。ダムの先はタイトなワインディング、スタッドレスをいたわりながら走っていると、通勤車両ぽい新潟ナンバーのフィットが追いついてきました。この道で通勤するなら最高の車ですね。お先にどうぞ。

イメージ 9
小千谷の道の駅にてゴールとさせていただきます。写真と休憩も入れて、ここまで5時間半くらい。意外とちょうどいい距離です。いい季節にツーリングとか企画したら来てくれる方いらっしゃいますか?

イメージ 10
走ってきたR252はこんな感じ。壮大なスケールは、実際に走ってお楽しみください。

イメージ 12
帰りはR17、R8、R49、R121で、ちょっと寄り道もして往復約580Km、約12時間。セレナの燃費は14.8Km/Lでした。(蔵王登る前は15.1だったんですけど)Windowsのフリーズ分、日付が変わってしまいました。

イメージ 11
ちなみに只見から先は、とっくに紹介済みでした。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。