アルファ155でいく山形温泉狩り&ラーメン ~赤湯温泉~

山形・蔵王情報
02 /23 2017
雪国山形も2月後半になると、そろそろ春の足音を感じる季節となってきました。スキー・スノボのあとの最終日は少し観光しながらの帰宅というのも良いかと思いまして、今回は山形を代表する食のエリア置賜方面の南陽市に向かうことにします。13号線をそのまま進むと福島方面に抜けることができます。

イメージ 1
ちなみに置賜と書きまして「おきたま」と読みます。山形県は大きく4つの地域に分けられますが、その中で最も南の地域で米沢牛で有名な米沢や、先日の馬肉ラーメンの長井もこのエリアです。何を隠そう赤湯温泉の公衆浴場は初めてで場所がわからないので、駅の案内書でパンフレットをいただき係りの方が親切に教えてくださいました。

イメージ 2
またまた今日も出発の時間が遅くなり、まずは腹ごしらえ。赤湯はラーメンの有名な街でもあります。赤湯ラーメンは辛味噌が有名ですが、私もおかあさんもちょっと苦手なので13号線からのアクセスも良いほとりさんへ。味噌ラーメンと醤油ラーメンと有名な餃子をいただきました。具沢山でボリューム満点の味噌ラーメン、やさしいスープと柔らかいチャーシューの醤油ラーメン、手作りのパリパリ餃子、全部美味しかったです。山形で餃子の有名な店は、ちょっと珍しいかもしれません。平日昼間は大盛無料のようですが、餃子を食べると私のお腹では普通盛りで十分以上でした。暖簾が出ていなくて閉まっているように見えますが、私たちが店を出たのが2時を回っていたからです。

イメージ 3
お腹がいっぱいになったところで、いよいよ赤湯温泉へ。「とわの湯」公衆浴場は、入浴料100円。水曜日は他の公衆浴場2か所がお休みだそうで駐車場は満車でした。浴槽は10人くらい入れそうな少し深めの大きさでちょうど良い湯加減。泉質はお肌すべすべのナトリウム・カルシウム塩化物温泉。なお、赤湯といってもお湯が赤いわけではなく無色透明です。南陽市にはハイジアパーク南陽もあって、こちらの施設はもっと大きいです。以前、ご紹介したこともあるイザベラバード記念コーナーもあるので興味のある方は、そちらもお薦めです。

イメージ 4
温泉前での撮影はかなわず、今回は買い物中の写真でご容赦ください。国道で雪解け水が舞い上がって、すっかり汚れてしまいました。

イメージ 5
白竜湖で白鳥の写真でも撮ろうかと思いましたがタイムアップ。こちらは先日の上山での白鳥。このあたりに白鳥が来るのも、やっぱり雪が薄くなってきているからです。

イメージ 6
赤湯温泉はペンションステラからお車で45分くらいです。帰り道では蔵王の山が美しく見えておりました。置賜方面には、高畠ワイナリーや浜田広介記念館、上杉博物館などもあるので、そちらも是非お出かけください。

スポンサーサイト



懲りずにまたお願いします。

スキーの話
02 /20 2017
気がついたら3週間もスキーの情報が載っていなく、昨日は午後になって青空が見えてきたので、久しぶりに山頂まで登ってきました。
イメージ 1
蔵王もそろそろ気温の上下が激しくなってきて、先週末は麓では雨が降ったりして、樹氷もそろそろ気象との闘いの時期に入りました。

イメージ 2
山頂付近は風がもの凄く、私の記憶でも過去5本の指に入るくらいのコンディションでした。土曜日に行かれたお客様に聞いたら、山頂は最悪でしたとおっしゃった方がおられましたが、これでガスが出ていたら、その言葉通りだったかなと思った次第でした。でも、そのおかげでエビの尻尾は綺麗に出来ています。

イメージ 3
こちらは東側のちょっと小ぶりでかわいい樹氷。

イメージ 4
ザンゲ坂では、マイナス10.8℃+強風も関係なく自撮り中のアツアツカップルさん。私は写真を撮るのに手袋をとったら、一瞬で指先が軽く凍傷になりました。

イメージ 5
あまりのコンディションに、黒姫クレージートラバースに退散。このあたりは気になるほどの風はありませんが、やはり週末雨だったのかガリガリです。今週まとまって降ってくれることを期待したいです。でも、コブはほどほどで丁度良く、楽しく滑れました。

イメージ 6
最後は黒姫スーパージャイアンアントから大森ゲレンデへ。綺麗にフレームインしてくれたお姉さんありがとう。

イメージ 7
終了間際で大森のカベの下には帰り支度中の方が多数。注目を浴びながら降りていくのはちょっと快感かも。もちろん転んでうけるのもアリです。

イメージ 8
そんな訳で、今朝は上湯共同浴場へ。温泉狩りでは、ここでは近すぎてドライブになりませんので外しておりますので今回改めてご紹介しておきます。

イメージ 9
朝から温泉に浸かって、指先のマッサージ。今日の湯加減はばっちりで、いつもよりゆっくり浸って、少し回復しました。

蔵王温泉スキー場大森ゲレンデは、ペンションステラから車で5分、まだ2月ですからコンディションが回復することを期待したいと思います。今週いらっしゃった方、こんなこともありますが、本当はもっといいんですよ。また、懲りずにいらっしゃってくださいね。

アルファ155でいく山形温泉狩り ~上山温泉~

山形・蔵王情報
02 /15 2017
温泉狩り2回目は蔵王温泉とともにペンションステラの地元、上山温泉です。上山と書いて「かみのやま」と読むのでご注意ください。7か所もある公衆浴場の中から今日は、最も歴史のある下大湯へ。
イメージ 1
下大湯は上山城の隣、すぐそばに駐車場もあるのですが、今日は上山城の駐車場に停めて少し散歩していきます。オーディオに何故か竹内まりやのCDが付属してきた北海道から来たこの車、小雪が舞う中のドライブにとてもマッチするのでした。

イメージ 2
駐車場側から見ると少し殺風景な上山城も正面から見ればなかなかの佇まいです。中は郷土資料館になっていて、最上階は展望台で蔵王の山が一望できます。

イメージ 3
お城の横には葡萄棚ができていました。上山市はワインの産地としても知られていて、そのシンボル的な意味をこめて設置されるようです。

イメージ 4
その隣には足湯があります。温泉に入る前に写真を撮ろうと思ったら、部活帰りの高校生が足湯に入りながら談笑中でしたので、遠慮して帰りに撮りました。そんな光景も温泉県山形ならでわです。

イメージ 5
さて下大湯はこちら。入浴料は150円で洗髪する場合は別料金という銭湯のようなシステム。券売機で入浴券を買って入ります。浸かった瞬間、あぢぃと声が出ましたが、そのうちに慣れてきました。雪掻きの筋肉痛など一発で吹っ飛びそうな気持のいい温泉でした。

イメージ 6
入口横の石碑には、江戸時代に上山に流罪となった沢庵禅師もよく入ったと書かれています。1625年に公衆浴場ができて、庶民が利用できるようになったそうです。
沢庵禅師が暮らした春雨庵も近くですので興味のある方はお立ち寄りください。上山温泉はペンションステラから車で約20分です。

ラーメンとまんじゅうとエリーゼ

山形・蔵王情報
02 /07 2017
山形は知る人ぞ知る県民1人当たりのラーメン消費量日本一の県です。全体的にはどのお店もレベルは高いと思いますが、その中でも山形市の四天王と言われるお店の一つ「よしのや食堂」さんです。
イメージ 1
さすがに有名店ということで、お店の前に止まっていた車は県外ナンバーでした。ちょうどお昼時ということで入った時は満席だったのですが、1時前にお店を出たときは、もう空いていたので、可能なら少し時間をずらしていくと入りやすいのかもしれません。駐車場はお店の前のほかに近くの別のところにもありました。ラーメンは650円、山形では若干高い方ですが、ボリュームがあってチャーシューも大きいのが2枚なので納得のお値段です。ちなみに味噌も650円でした。ラーメンも美味しかったのですが、お店に何故か寒河江のノスタルジックカーミーティングとスーパーカーミーティングの両方のパンフレットが置いてあったのが気になるのでした。

イメージ 2
先日からの雪掻きでカロリー不足なのか甘いものが恋しい今日このごろ。西蔵王の峠のまんじゅうへ。新商品もあって飽きさせませんね。今回は桜餅をいただきました。近くにスノーモービルのレンタルもあって1度チャレンジしてみたいと思いつつ未体験です。20分3000円だったかな。どなたかチャレンジしてみてください。

イメージ 3
そして、市内も小雪がちらついていますが、久しぶりにエリーゼをガレージの外に連れ出して一回り。こちらはもう少しの間、冬眠です。今年もペンションステラでは4月からスポーツカー、旧車、二輪割引きを実施しますので、車好きな方もそうでもない方も是非お越しくださいね。

アルファ155でいく山形温泉狩り ~百目鬼温泉~

山形・蔵王情報
02 /02 2017
聞き覚えのあるタイトル勝手に拝借してすみませんm(_._)m。全市町村に温泉があるという温泉大国山形ですから、スキー・スノボの帰りにはお時間がありましたら是非ひと風呂浴びて行っていただきたいというわけで、いくつご紹介できるかわかりませんが、春までの間近場だけでもご紹介させていただきたいと思います。今回は、山形市百目鬼にある百目鬼温泉をご紹介させていただきます。

イメージ 1
蔵王にも3つの共同浴場と3つの日帰り温泉施設があり、また中腹にも「天神乃湯」がありますが、こちらは以前にもご紹介させていただいていますので今回は、もう少しだけ足を延ばして山形市内の温泉です。

イメージ 2
百目鬼温泉は、もともと農業用の井戸を掘ったところ温泉が出てしまったという変わった経緯で誕生した温泉だそうで、田んぼの真ん中にある温泉です。平日の昼間にかかわらずお客さんはひっきりなしにやってきます。ちなみに百目鬼とかいてドメキと読みます。

イメージ 3
ここの特徴は温泉の濃さで、湯あたり防止のため一回の入浴は内湯で3分、露天風呂で5分以内にするよう注意書きがされています。また、お湯はエメラルドグリーンのような乳白色で素敵な色です。入浴料は大人350円。

イメージ 4
右側の部分が露天風呂。お天気がよければ蔵王の山並みが見えると思います。あがったあとの寒風の心地よいこと。

イメージ 5
夏は、ソフトクリームや農産物、温泉から作った塩の販売もされているようです。百目鬼温泉は、ペンションステラからは車で30分ほど、寒い冬に最高に温まる温泉です。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。