長井の馬肉ラーメンと山形初のぐるぐる

山形・蔵王情報
11 /29 2016
ペンションステラのある蔵王は今日も雪がちらほら
イメージ 1
送迎車セレナの窓はこんな感じで、もうスキー場は雪が降るのを待つばかりです。今日も、美味しい山形を探しに長井へ。

イメージ 2
長井といえば馬肉の町です。かめやさんの中華そばも馬肉チャーシュー入り、かなりの人気店ということなので早めに来たのですが、12時前でもうこの通り満車でした。でも、それほど待つこともなく出てきた中華そばは濃いめの味付けながら馬肉との相性が良くて普通盛りでも十分なボリュームでした。先週の尾花屋さんもそうですが、これでこの値段ですから山形のラーメン消費量日本一も頷けます。そういえば「いい肉の日」でした。

イメージ 3
腹ごしらえの後は、山形初のラウンドアバウトが長井に出来たということで寄ってみました。それはもう、子どもの頃、街に初めて信号ができたような興奮です?

イメージ 5
まだ、試験中なので少々殺風景なのはご勘弁ください。日本語で言うと環状交差点というようですが、このような標識が立っております。何でも日本では2014年から始まったそうで、全国的にはもうそれほど珍しくないかもしれません。なお、海外では美しいラウンドアバウトが普通にありますね。

イメージ 4
虹がかかっているのがわかるでしょうか?山形はよく虹がでます。まあ、それはさておき、こんな交通量の少ない交差点で実験して意味があるかというなかれ、こういう場所こそ出会い頭の重大事故が起きたりするものです。もうちょっとすれば、吹雪いて路面が見えないことも考えられますし、一時停止の標識を見落とすということも考えられるので有効かと思いました。また、交通量の多い交差点だと、合流できない人もいるかも?という心配もあるのではと思いました。いずれにしても今シーズンも雪道の運転気をつけましょう。ペンションステラから長井は車で1時間ほどです。


スポンサーサイト



アルファ155で行く山形のラーメンと茅葺の里

車の話
11 /22 2016
山形は、まもなく雪の季節という訳で今のうちにと出かけました。今日は、アルファ155で久しぶりにちょこっと尾花沢までプチロングドライブ。
イメージ 1
まずは腹ごしらえは、尾花屋さんにて中華そば。初めてのお店でしたが、雰囲気の良いお店でした。中華そばは、これぞ基本形という感じでリーズナブルな料金も魅力です。155は、出かける前に洗車したのですが、高速の工事現場を走ってしまって泥だらけになってしまいました。

イメージ 2
村山市の五十沢地区はかやぶきの里として景観事業がおこなわれているそうで、一度訪ねてみたい場所でした。

イメージ 3
もはや茅葺のお宅は何軒かのようですが、のどかな雰囲気に癒されます。

イメージ 4
155は快調に約150Kmを走って無事帰還。明日からは寒くなるようで、たまにしか乗らないこの車も、そろそろスタッドレスを履かせないといけなくなりそうです。ペンションステラから尾花沢は、車で1時間ちょっとです。

温泉が恋しい季節になりました

TOP
11 /18 2016
イメージ 1
秋も深まり温泉が恋しい季節となりました。蔵王温泉まではお車で5分ほど。ペンションステラの展望温泉露天風呂とあわせて、泉質の異なる2つの温泉をお楽しみください。

温泉と里山歩き

山形・蔵王情報
11 /18 2016
秋も深まり温泉が恋しい季節となりました。今日はちょっと早起きして蔵王温泉、上湯共同浴場へ。
イメージ 1
ペンションステラから車で5分ほど。ちょうど良い湯加減で気持ちよく入れました。放射冷却でめっきり冷え込んだ今朝の気温はなんと...

イメージ 2
マイナス5℃って真冬ですか~?そろそろ白い山も見慣れてきた今日この頃です。

イメージ 3
子どもを小学校に送り届けると、気温もどんどん上がってきました。そのまま帰るのももったいないくらいのいいお天気なので上山の経塚山へ。

イメージ 5
歩き始めて30分ほどで山頂349m。

イメージ 4
途中にもいくつかの句碑があり、山頂には斎藤茂吉歌碑があります。

イメージ 6
上った道を戻らずに不動滝の方へ下りたら、途中から道が消えかけていて朝露いっぱいの笹薮を歩いたらびしょ濡れ寸前でしたが、すぐに乾いてくるくらいの気持ちのいいお天気でした。

山形輸入車ショーとツールドラフランス

車の話
11 /16 2016
11/12、13は、山形ビッグウィングで輸入車ショーが開催されました。
イメージ 1
ルノー・トィンゴとかミニとかいろいろ見たい車もあったのですが、厳選に厳選を重ねたアバルト124スパイダーです。アバルトは沢山展示車があって見ごたえありました。でもまあ車はディーラーで見れば良いので、土曜日のイベントということで急ぎ足です。

イメージ 2
万障繰り合わせて来た理由は、ななんとCG渡辺編集長がトークショーに来られるということで駆けつけました。楽しいお話でしたが、もう少し時間があればざっくばらんなプライベートな車の話も聞きたかったです。でも、懲りずにまた山形に来てください。日曜は行けませんでしたが、竹岡圭さんが来られたようで豪華ゲストでした。

イメージ 3
そんな訳で日曜は、山形の自転車シーズンを締めくくる、上山のツールドラフランスに。昨年、ペンションステラに来てくれたE君が、今年は30Kmコースに挑戦ということで家族で応援に駆けつけました。4年生で30Km完走は、大したものですね。昨年よりステップアップした姿に感動でした。

新雪と最後の紅葉の大鳥池

山形・蔵王情報
11 /08 2016
釣りキチ三平のマンガで伝説の巨大魚タキタロウがいるということで有名になった鶴岡市の大鳥池に出かけてみました。

イメージ 1
国道112号線から大鳥の方向に向かうと紅葉見ごろの荒沢ダムが迎えてくれました。広葉樹の森と豊富な水資源の朝日連峰は、紅葉がとても美しい場所です。

イメージ 2
大鳥地区のタキタロウ館前には、ガイドマップが設置されています。登山道入り口から大鳥池は、上り2時間50分、下り2時間35分とのこと。

イメージ 3
大鳥地区から泡滝ダムに向かう道は途中から未舗装です。秘境感たっぷりの朝の美しい風景に息を吞みました。

イメージ 4
泡滝ダム横の登山道入り口には、親切で綺麗な案内板。

イメージ 5
登山道は、泡滝ダムに続く渓流沿いの道です。

イメージ 6
渓流にそそぐ大きな滝のあたりの景色は、なかなかの絶景でした。

イメージ 7
登山道の前半は、幅2mくらいの沢を飛び石で越える場所もありますが、比較的歩きやすいです。吊り橋を2つ渡ると後半。(ホームページによると吊り橋の踏み板や入口の案内板は積雪に備えて11/3に外されたようです)

イメージ 8
後半は、急峻な山腹をつづら折れの狭い道で登っていきます。景色も単調になってきてハードです。

イメージ 9
尾根に着いたら休憩しようと思ったら、大鳥池はもうすぐそこでした。

イメージ 10
昔から会いたかった人に出会えたような、ごたいめーんの瞬間。

イメージ 11
池の向こうの山には、もう雪が降っています。右の石段を上ると大鳥小屋、左に進むと以東岳に続く道。

イメージ 12
逆光気味でうまく撮れていませんが、最後の紅葉もぎりぎり間に合って新雪との景色が綺麗でした。魚は、この時期だともう冬眠でしょうか。池は静まりかえっていました。私の足で所要時間は、上り下りとも約2時間20分。後半の急峻な部分は少々体力が必要かもしれません。大鳥池は、ペンションステラからお車でR112で約3時間、山形道を利用すると3,40分短縮できます。

秘境?横川堰へ

山形・蔵王情報
11 /01 2016
娘が学校の授業で習ったということで、上山の秘境?ともいえる横川堰に出かけてみることにしました。
イメージ 6
上山の市街地から車でわずか15分ほど、古屋敷の集落の奥にある南蔵王林道、この先は未舗装です。

イメージ 7
林道に入ると、紅葉がちょうど見ごろでした。こういうところに来るとジムニーみたいのが欲しくなってしまいますが、今日の御供はR2なので9Km足らずの道を40分ほどかけて車にダメージを与えないようにゆっくりゆっくり登ります。

イメージ 8
林道としてはよく整備されていて、R2でもスタックしたりお腹を擦ったりということはありません。宮城方面との分岐を左方向に進むと、刈田神社がすぐそこに見えてきました。

イメージ 9
本当にこっちでよかったか不安がピークになったころ現れた目印に感激のペンションステラ一行。しかし、この山を人力で掘って切り開いたというのですから昔の人の根性は今の人間には思いもよりません。

イメージ 10
現在の水路は綺麗にコンクリートで整備されて水が流れています。なお、この場所はすでに宮城県七ヶ宿町。

イメージ 11
水路の先は、1号隧道へ。長さは150mくらいでしょうか。除くと出口が見えます。出口はもちろん山形県上山市。もう、お気づきと思いますが、横川堰は県境を越えて灌漑用水が流れる全国でもただ1つの施設です。

イメージ 12
道路の終点は再びトンネル。

イメージ 1
トンネルの左には横川堰の歴史を刻んだ石碑があり、先人の苦労が綴られています。

イメージ 2
トンネル右側の標柱には「旧横川堰跡」の文字。昔は山をぐるっと回る水路があったようです。

イメージ 3
トンネルの左にある山道に入ると、助左衛門堰跡の標柱。横川堰は、他の藩から水を引くことなど考えもよらなかった藩政の時代に、今の上山の庄屋であった奈良崎助左衛門さんの働きかけではじまり、明治時代に子供の代になってようやく実現したという歴史のある水路です。

イメージ 4
山道を進むと美しいブナの森が広がります。その中を流れる絵にかいたような見事な沢。

イメージ 5
そして豊富な水量を誇る渓流。水が乏しかったと言われる昔の上山の人が、この水をなんとか分けてもらえないかと苦心した気持ちが少しわかったような気がしました。詳しいことは、YouTubeにビデオがありましたので是非ご覧ください。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。