蔵王の歩き方

山形・蔵王情報
07 /26 2016
ちょっと大それたタイトルですみません。先日から子どもも夏休みに入り、一緒に朝から鴫の谷地沼へ散歩に出かけました。
イメージ 7
鴫の谷地沼までは、ペンションステラから徒歩約20分。山頂は少しガスがかかっています。

イメージ 8
子どもはトンボや魚と遊んでいます。目を離さないよう、くれぐれも水の事故にはご注意ください。

イメージ 9
山頂が気になる理由はこちら。一旦戻って1人車で片貝沼へ。こちらはスキーヤー/スノーボーダーの方にはおなじみのパラダイスゲレンデ。保育園か幼稚園の子供たちが涼しい山に遊びに来ていました。その脇を蔵王のお釜を目指して歩きます。上の方はすっかりガスに覆われました。

イメージ 10
パラダイスゲレンデ、ザンゲ坂脇の登山道は急登で汗が噴き出ます。これを登り切ると蔵王ロープウェイの蔵王山頂駅。左端におなじみのお地蔵さま。観光のお客さまも多数おられます。ここまで約35分。

イメージ 11
さらに進んでヤマンバの石像のあるこの場所は、ワサ小屋跡。その昔、ワサさんというお婆さんが、この場所にあった小屋で熊野神社に詣でる参拝者の番をしていたそうです。

イメージ 12
今日は熊野岳山頂を迂回するルートを進んで蔵王のお釜へ。青空も見えて空は晴れてきたのですが、30分粘ってもお釜は雲隠れしたまま。太平洋側の湿った空気と日本海側の冷たい空気のぶつかるこの場所は雲の発生しやすい場所で、お釜を見ることのできる確率は3回に1回と言われています。ここまで約1時間40分。暑くも寒くもなくちょうどいい気温です。

イメージ 5
しょうがないので以前の写真でお許しください。(2013年9月)

イメージ 1
帰りは熊野岳山頂へ。「陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中にたつ」斉藤茂吉歌碑。今日はまさにそんな感じです。奥に見えるのが蔵王山神社かつての熊野神社です。

イメージ 2
蔵王最高峰1840mの熊野岳山頂から見る登山道。尾根づたいの道で、山頂を迂回すれば、それほど急なアップダウンはありません。

イメージ 3
地蔵山山頂にも寄ってみました。ガスの向こうに山形市内が見えたのですが、写真ではわかりませんね。

イメージ 4
さきほどのお地蔵さまとロープウェイ山頂駅の位置関係。

イメージ 6
パラダイスゲレンデに戻ると花畑が迎えてくれました。休憩待ち時間も含め全行程で約3時間半でした。登山道の自主規制も解除されましたので、蔵王のトレッキングも是非お楽しみください。


スポンサーサイト



蔵王、馬の背登山道の自主規制が解除になりました

TOP
07 /26 2016
イメージ 1
昨年6月に噴火警報が解除された後も続いていた蔵王、馬の背登山道の自主規制が7/1より解除になり、蔵王ロープウェイ山頂駅~刈田岳が通行可能になりました。詳しくは、山形県ホームページをご覧ください。

アルファ155で行く山形の蕎麦

山形・蔵王情報
07 /22 2016
東北は一応まだ梅雨明けしていないということですが、今日の山形はカラッとした空気に包まれて気持ちのいいお天気です。明日から小学校が夏休みに入るので、その前にお母さんと蕎麦を食べに出かけてきました。

イメージ 1
今日のルートは寒河江から河北、R347で大石田に向かいます。高速やR13バイパスは、速いしコンビニも多くて便利ですが、山形に来てもらったら、やっぱりこういう道を走って田舎の風景に触れていただければと思います。

イメージ 2
最上川の川べりで車を止めて写真を撮っていると、どこからか舟歌が聞こえてきて、しばらくすると三難所舟下りの船がやってきました。このあたりは、江戸時代の最上川舟運で難所とされた隼の近くです。

イメージ 3
川べりの蕎麦畑には蕎麦の花が咲いておりました。

イメージ 4
155は快調に大石田町次年子に到着。ペンションステラから約1時間半です。こちらのお店は、1080円でお漬物3品がついて蕎麦は食べ放題、大根おろしで食べる太めの田舎蕎麦は最高です。今日も、平日にもかかわらず仙台ナンバー、庄内ナンバーの車も多数。ちなみに私は3杯でギブアップ、お母さんも一緒に3杯食べたら少々食べ過ぎたようです。

イメージ 5
155のリアウインドウにはサンシェードがついていて、これが後席用だと思っていたのですが、閉めてみたら案外前席も快適なのに驚きました。私はエアコンが嫌いなのでありがたいです。そんなことはどうでもいいのですが、この他にも美味しい蕎麦屋さんが各地にたくさんありますので、夏のご旅行には是非、山形の蕎麦をご賞味ください。山形の蕎麦にハズレ無しです。

紅花とラベンダーと紫陽花

山形・蔵王情報
07 /11 2016
7月にはいって山形は初夏の花が真っ盛りです。日曜日は、久しぶりに家族で花めぐりにお出かけ。

イメージ 1
まずは紅花まつりのおこなわれている中山町の柏倉久左エ門家住宅へ。今回、初めて訪ねましたが、柏倉家は江戸時代の大庄屋さんのお屋敷だそうで今も住んでおられるそうです。4000坪の敷地に建つ360坪の建物は、とても貴重なものだそうで入館料は、500円です。(紅花畑の見学は無料です)案内していただいた地元の方によると、紅花は近日中に地元の小学生が摘み取りの体験学習をするそうです。

イメージ 2
紅花畑の一画には、蓮の沼があって蓮の花が開いていました。

イメージ 3
次は、ラベンダーまつり開催中のお隣り山辺町ラベンダー園へ。ラベンダーの摘み取り体験で賑わっていました。

イメージ 4
山の上とはいえ暑かったので名物のアイスをいただきました。手前がすだまりアイス、向こうがラベンダーアイスです。すだまりアイスは、初体験でしたが美味しかったです。

イメージ 5
ラベンダー園から山を下って、あじさい祭り開催中の山形市村木沢の出塩文殊堂へ。

イメージ 6
お堂は280段あまりの石段を登った上です。足の悪い方やお年寄りのために上の方にも駐車場がありますが、もちろん私たちは石段で。

イメージ 7
ここ数年毎年出かけているあじさい祭りですが、今回は県外ナンバーがとても増えたように思いました。もしかしたら有名になったのでしょうか?ペンションステラから出塩文殊堂までは、お車で約40分です。

紅花と春雨

山形・蔵王情報
07 /08 2016
雨の多いお天気でブログの更新も滞りぎみですが、今朝も先週と同じく虚空蔵山に登りました。
イメージ 1
標高約350mの山頂からは、ちょうど向かいに蔵王連峰が一望できます。中央より少し右の一番高いところが熊野岳、その左が地蔵山です。昨年6月に警報が解除された後も、熊野岳からお釜への登山道は自主規制されていましたが、7月1日より解除になりました。

イメージ 2
下山した後、春雨庵へ。ここは、沢庵禅師が上山に流罪になった時に住まわれた場所だそうです。

イメージ 3
中に入ると心地いい風が吹いてきました。山歩きの後で癒されました。

イメージ 4
午後は、紅花の里、山形市高瀬へ。今週末は、高瀬の他にも天童、白鷹、中山で紅花まつりが開催されます。さくらんぼ狩りもまだまだ楽しめます。山形への観光は、ペンションステラをご利用くださいね。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。