やってきました!

ペンションのこと
04 /29 2016
先日は、カモシカに出会ったと書きましたが、なんと今度はカモシカの方からやってきました。
イメージ 1

まだ新緑が芽吹いたばかりのペンションステラの裏庭です。2階から見ていて何か動いたと思ったら、多分先日出会ったまだ子どものカモシカです。しばらく見ていたら、塀に沿って上の方に歩いていきました。

スポンサーサイト



エリーゼにて蔵王エコーラインと大山桜とヤマブキロード

山形・蔵王情報
04 /25 2016
朝の散歩で鴫の谷地沼(トップページをご覧ください)に出かけたところ、帰り道でまたまたカモシカに出会いました。

イメージ 1
今年は比較的よく出会います。まだ子どものような小さめのカモシカです。今回も至近距離にて、朝ごはん中で全く気がついていないようで、シャッター音に驚いていました。そして、一旦戻って4/22に開通した蔵王エコーラインへ。

イメージ 2
やっぱり、雪少ないですね。今日は、山頂に近いこのあたりでも20℃近かったのではないでしょうか。自転車の方も見かけました。

イメージ 3
それでも、雪の壁の高いところは3~4mくらいあります。助手席のお母さんが撮ってくれました。

イメージ 4
次は大山桜を見に西蔵王放牧場へ。月山も綺麗に見えました。こちらは、そろそろ散りはじめ。ぎりぎり今週末まで持ってくれるでしょうか?そういえば、鴫の谷地沼の桜は、まだつぼみでしたので連休いっぱいくらい楽しめそうです。

イメージ 5
最後は、山形市岩波のヤマブキロードへ。満開のヤマブキに元気をもらって、午後は連休に向けての準備にフルスロットルの1日でした。

鴫の谷地沼のミズバショウ見頃です

TOP
04 /25 2016
イメージ 1
ペンションステラから徒歩15分、鴫の谷地沼のミズバショウが見頃になってきました。今年は少雪の影響で季節が早いので連休前半くらいまでが見頃かと思います。朝の散歩にも最高の場所ですので是非お出かけください。

これが満開の龍神桜

山形・蔵王情報
04 /22 2016
あえて詳しい場所は書きません。昨日、再び訪ねてみたところ先日の上山編で超横綱とお伝えした龍神桜が満開になっていました。上山市竜沢という地図にも載っているかどうかという地区にある巨大な桜の木です。

イメージ 1
何本もの桜の古木を見て周った感覚で推測すると、樹齢はおそらく300年前後ではないかと思います。しかしながら、私はこれ以上、存在感のある桜の木を知りません。一緒に行ったお母さんも言葉を失っておりました。私にとってのパワースポットが1つ増えました。また、来年と言わず時々訪ねてみたいと思います。

家族で巡る山形の桜 ~白鷹町編~

山形・蔵王情報
04 /21 2016
平野部では山形の桜も終盤を迎えつつあります。これからは、ペンションステラからも近い、西蔵王の大山桜など標高の高いところの桜が見頃を迎えますが、その前に「古典桜の里」のキャッチフレーズを持つ白鷹町を訪ねました。

イメージ 1
今回はミニベロではなくR2で。小学校の早帰り日に合わせて家族で訪ねてみました。こちらは、樹齢約680年のエドヒガン、長井との市境にほど近い殿入(ドノイリ)桜です。山形県には、樹齢500年以上の桜の木が12本確認されているそうですが、そのうち7本が白鷹町にあるそうです。

イメージ 2
隣接する公園からの展望も良く、残雪の飯豊朝日連峰と桜とのコントラストが美しいです。

イメージ 3
樹齢約800年のエドヒガン、釜の越桜です。少し衰えてきていますが風格十分、なんとか元気を取り戻して欲しい1本です。後ろには、この桜の二代目の木が2本育っていて美しい花を咲かせています。釜の越は、この場所の古い地名だそうです。こちらには、観光バスも入れる駐車場や売店も整備されています。

イメージ 4
釜の越桜から徒歩5分ほどのところにある樹齢約1200年のエドヒガン、薬師桜です。西暦796年、坂上田村麻呂が奥州征伐の折に植えたとされているそうです。海外からのツアーのお客様もお見えでした。

イメージ 5
こちらは、十二の桜。この場所に十二薬師堂があったことから、この名前がついたそうです。現在の桜は、約870年前に植えられたエドヒガンの3代目とのこと。

イメージ 6
樹齢約980年、エドヒガンの赤坂の薬師桜です。昭和15年頃に火災に遭い小さくなってしまったそうですが、枯れることなく花を咲かせてくれています。

イメージ 7
樹齢約1020年、子守堂の桜です。この辺りは、鮎貝城があった場所だそうで、この場所は御堀の船着き場だったそうです。病弱だった城主の子供を無事に育てた後、この桜の根元に草履を脱いで姿を消してしまった童女の物語が伝えられています。

イメージ 8
樹齢約680年、子守堂の桜からも近い後庵(ゴアン)桜です。後庵とは、鮎貝城に仕えるお医者さんのことだそうです。近所の方が、お茶などを置いて休憩できる場所を作っていただいていました。

イメージ 9
樹齢約500年のエドヒガン、八乙女八幡神社にある八乙女種蒔き桜です。昔の人は、桜の花が咲くのを目印に苗代や畑を始めたそうで桜は生活に根付いた木だったようです。

古典桜の里、白鷹町は蕎麦と鮎の町でもあります。歴史もあり、よく整備されているので是非訪ねていただきたい場所です。ペンションステラから白鷹町は、お車で約50分です。

ミニベロで巡る山形の桜 ~上山市編~

山形・蔵王情報
04 /14 2016
前回の山形市編に続いてペンションステラの地元、上山でも桜が見ごろを迎えています。上山は市街地を中心に周りを山や小高い丘に囲まれた地形で、桜の季節になると、見る場所によっては、まるで桃源郷ともいえるような素晴らしい景色を見ることのできる場所です。こちらも古木の桜を中心に周ってみます。

イメージ 1
こちらは毎日子どもの通学で通る権現堂の振袖桜。例年より10日ほども早く満開になりました。写真ではよくわかりませんが、残雪の大朝日岳をバックに美しい姿の枝垂れ桜です。

イメージ 2
市内随一の桜の名所、上山城は9分咲き~満開で、たくさんの方がお見えでした。

イメージ 3
上山城に隣接する月岡公園は、蔵王の山をバックにお花見を楽しめる公園です。

イメージ 11
こちらは、上山城の南側にある石崎神社。鳥居と階段両側の桜が美しいです。

イメージ 12
石崎神社のさらに少し南側にある西光寺。石段の脇に素晴らしい2本の桜。

イメージ 13
そして本堂の前には、市指定保存樹のエドヒガンザクラ。

イメージ 4
武家屋敷通りの桜並木も綺麗に咲いていました。上山城から石崎神社、西光寺、武家屋敷は市内中心部で、ほど近い場所です。上山城に来られたら散策していただけたら
と思います。
イメージ 5
斉藤茂吉記念館となりの御幸公園も人気のお花見スポットです。新幹線がすぐ横を走る場所としてカメラが趣味の方にも人気です。少しタイミングがずれましたが、ご愛敬ということで。

イメージ 6
こちらは、足の口観音堂の枝垂れ桜。説明書きがなく詳しいことはわかりませんが、権現堂と並ぶ美しい桜です。

イメージ 7
こちらは甲石にある、でん六さん工場裏手の神社の枝垂れ桜。人知れずひっそりといった感じで咲いていました。

イメージ 8
こちらは、仙石にある市の文化財、高仙寺の枝垂れ桜。三吉山の麓にもいくつかの古木桜があります。

イメージ 9
写真では咲いているようにも見えますが、高仙寺となりの熊野神社の桜は、まだつぼみでした。今日もミニベロで周ってみましたが、高仙寺、熊野神社の前の坂はミニベロでは登れませんでした。上山の桜を見てまわるのは、車+徒歩の方がおすすめです。

イメージ 10
高仙寺から、三吉山の麓に沿って進んで、糸目観音堂へ。ここからは、少し離れているので、時間の都合で車で移動します。

イメージ 14
こちらは、阿弥陀地にある阿弥陀堂の桜。こちらも市内屈指の古木桜です。

イメージ 15
こちらは葉山の麓にある本行寺。葉山周辺もたくさんの桜の木が植えられていて美しい場所です。

イメージ 16
そして最後にご紹介するのは、私も今回初めて訪れた超横綱、滝沢の龍神桜です。市内をはるかに見下ろす場所にあるこの桜は、まだつぼみでしたが、満開になった姿を想像するだけで圧巻です。是非、咲いた頃にまた訪れたいと思います。お出かけの際は、道路が狭いのでくれぐれもお気をつけください。次回は、白鷹町を訪ねたいと思います。

ミニベロで巡る山形の桜 ~山形市編~

山形・蔵王情報
04 /12 2016
山形市の桜は、先週の木曜に咲き始めたとの知らせを聞いたと思ったら、あっという間にほぼ満開とのこと。今年は特に桜の古木を巡ってさっそく出かけてきました。

イメージ 1
こちらは、先週金曜(4/8)の山形市・霞城公園。1500本以上という中でも一際威厳のある、樹齢600年以上というエドヒガンザクラ。霞城公園は、現在ライトアップも実施されています。

イメージ 2
こちらは、日曜日(4/10)の馬見ヶ崎。桜並木はもう満開に近いです。出店もでていました。

イメージ 3
本日(4/12)の山形市岩波の岩波観音こと石行寺は、西蔵王の麓なので少し遅めで五分咲きくらい。

イメージ 4
平清水の平泉寺も、まだまだつぼみも多く、長く楽しめそうです。

イメージ 5
市内中心部に入って鉄砲町の光禅寺は8分咲きくらいでもう見ごろです。

イメージ 6
三日町の常念寺も見ごろです。今日はミニベロでまわってみました。市内は自転車が便利です。レンタサイクルもあります。

イメージ 7
専称寺に向かう途中にあった神社(新山寺大日堂とのこと)の桜も見事でした。

イメージ 8
こちらは、この神社の前にある「なかたち石」。こちら側に「をしへる方」、向こう側に「たつぬる方」とあり、張り紙をして情報交換の場となったのだそうです。昔のSNSといったところでしょうか。

イメージ 9
こちらは、専称寺。最上義光公が馬を繋いだとされる桜です。

イメージ 10
最後は、南原の熊野神社。立派すぎて写真に納まりません。見事な巨木桜でした。

山形は、霞城公園や馬見ヶ崎のような桜並木とともに、古木桜も数多くあります。是非、お花見にお出かけください。ペンションステラから山形市はお車で30分ほどです。次回は、上山を周ってみたいと思います。

山形の桜、見ごろです

TOP
04 /12 2016
イメージ 1
山形市、上山市では桜がちょうど見ごろになってきました。また、周辺の南陽、白鷹、長井もまもなく見ごろを迎えます。是非、お出かけください。
ペンションステラから山形市はお車で30分です。

リナワールド

山形・蔵王情報
04 /07 2016
山形は今日から新学期。春休み最終日の昨日、娘にどこか出かけるか?と聞いたら遊園地に行きたいとのことで、ペンションステラからお車で20分、リナワールドに出かけてきました。
イメージ 1

寒すぎず、暖かすぎず、春休み最終日とあってか、ちょうどいいお天気で平日にしてはなかなかの賑わい。
イメージ 2

高台からの眺めもよく、月山も綺麗に見えました。気になる春の名物も少し落ち着いてきた頃でしょうか?
イメージ 3

この日、山形の桜も咲き始めたとのことでした。こちらも間もなく咲きそうでした。過去2番目に早い開花だそうです。
イメージ 4

地形をうまく生かしたレイアウトで28のアトラクションが効率よく配置されていて、小さなお子様からカップルまで楽しめる遊園地です。
イメージ 5
初めてのゴーカートは、私がナビシートに。まだアクセル踏むのが精いっぱいのようでしたが、はじめて娘の運転に乗せてもらいました。娘も大満足の1日のようでした。

3台まとめてオイル交換

車の話
04 /04 2016
山形も、いつもより早い春の訪れでめっきり暖かくなりました。先日は、3台まとめてオイル交換の儀。DIYが基本の車整備は、道具を出したりしまったりするのも、それなりに手間なのでまとめてやれるに越したことはありません。

イメージ 1
お母さんが使うというので、まずはサクッとR2から。こちらは、RESPOのK-TYPEを。

イメージ 2
エリーゼは、10W50指定なのでR-TYPEを。

イメージ 3
155には、10W40のS-TYPEを。

何かもらってる訳ではないですが、今回はまとめて3台、コストパフォーマンスの高いRESPOにしてみました。その名の通りフリクションが減ってエンジンが軽く回るようになり、ノイズが減ったのが共通した印象です。特に一番変わったのは、実はR2で、ノイズ、バイブレーションが減って一段高級になり、数馬力パワーアップしたような印象です。もともとパワーの無い分体感できる変化が大きいのかもしれません。

イメージ 5
オイル交換のあとは、昭和レトロな高畠町までドライブ。山形鉄道、旧高畠駅です。

イメージ 4
こちらは、西蔵王。肉眼では月山がうっすら見えたのですが、写真ではわかりませんね。西蔵王高原ラインは、恒久的に無料で通行できるようになりました。

今年も、ペンションステラでは4月~11月の間、旧車、スポーツカー、2輪割引を実施します。自転車からスーパーカーまで、乗り物好きな方もそうでもない方も、是非お越しください。


ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。