朝連のあと

山形・蔵王情報
07 /30 2015
5月の連休のあと、膝の痛みがあったり少し体調を崩したりして、自重しているうちに、すっかり乗らないリズムが身についてしまい、これではイカンというわけで朝連を再開しました。

イメージ 1
私の朝練コースは、平均勾配5%ほどの1周たかだか5Km足らずなのですが、これが久しぶりだと結構キツイことは、再開した翌日に肺のあたりが痛くなったことが証明しています。足は平気でも運動不足で心肺機能が落ちてしまったようです。ペンションステラに戻って、庭でしばし休憩のひととき。向かいのエプロンステージさんの、おばあちゃんの丹精こめたお庭、アジサイとユリとベルガモットの彩りに癒されます。

イメージ 2
うちの庭は、いまは何となく山の風景を切り取ったような自然な風景です。なぜかミヤコワスレがまた咲いてきました。

イメージ 3
主役はユリかナデシコか。アジサイは、ここは陽当たりが良すぎるようで控えめに咲いています。

イメージ 4
木漏れ日の差す庭のベンチに座って鳥の鳴き声を聴きながら休んでいると、風が通り抜けていって体温を下げてくれます。自転車で蔵王に登ってこられたらお気軽に休憩していってください。

スポンサーサイト



蔵王、朝散歩

山形・蔵王情報
07 /25 2015
昨日からの雨があがって、ちょっと久しぶりにペンションステラから徒歩15分の鴫の谷地沼まで散歩してきました。

イメージ 1
真ん中あたりに3つほど、わかるでしょうか?道路の脇に自生しているユリの花です。いい香りにつつまれながらの朝の散歩、車で行ってはもったいないです。道路に近いところにも点々と咲いています。

イメージ 2
女性の名前に使われることも多いユリは、シャクヤクやバラなどとは違って雨に打たれても全く色あせたり萎れたりしないところが偉いですね。きっとご両親の想いが詰まっていると思います。

イメージ 3
アジサイも見事に咲き始めました。蔵王のアジサイは、今くらいから秋までずっと咲き続けます。

イメージ 4
今日も地蔵山は雲の中、ウグイスの声のだけが聞こえる静かな湖面の上をとんびが輪を描いて見せてくれました。

イメージ 5
朝8時前の気温は、21℃でした。

イメージ 6
樹氷橋から西の方角には、青空が覗いてきました。今週末もお天気は大丈夫でしょう。このくらいのお天気の方が山寺などへのお出かけにはいいですね。アジサイも見頃ではないでしょうか。ご宿泊は、ペンションステラをご利用くださいね。

山形の夏、蔵王の夏

山形・蔵王情報
07 /22 2015
もともと山形の梅雨なんてあって無きが如しですが、東北は一応まだ梅雨ということになっているはずなのに雨らしい雨さえ降らないカラ梅雨で、さすがの蔵王もちょっと暑い日が続いています。といっても、窓を開けていれば涼しい風が入ってくるのでクーラーはいらないですけど。

イメージ 1
でも、そんな夏に美味しいものといえばスイカです。山形といえばさくらんぼ、さくらんぼの季節が終わったからといって山形を忘れてもらってはいけません。これから美味しいものがたくさんでてきます。こちらは、山形を代表するスイカの産地、尾花沢のちょっと黒っぽいのが特徴のひとりじめというスイカです。試食したらすごく甘かったので買ってきました。左のスイカに少し線が入っていますが、これはツルの跡だそうです。お店のおばちゃんが気にして100円まけてくれました。そんなやり取りも楽しい露天のお店もたくさん出てきます。

イメージ 2
こちらの見事な葡萄は、デラウェア。高畠町の方からのいただきものです。高畠といえばワインの産地として有名ですが、高畠町をはじめ米沢から山形市にかけては葡萄畑がたくさんあって質の良い葡萄が沢山とれる場所です。あとは、庄内産のメロンや中山町を中心とした地域のプラムなど、山形の夏の味是非召し上がってみてください。熱中症にも多分いいと思います。

イメージ 3
そして、ペンションステラの庭では、今年はバラがとても好く咲いてくれました。いや、上手な方から見れば大したことないかもしれませんが、今までなかなか上手く咲かせられなかったのです。

イメージ 4
ユリも咲き始めました。ユリは香りがやっぱり一番いいですね。山の中にも自然のユリが所々に咲いていていい香りにつつまれています。

山形の夏は、北国の割には意外と暑いですが、午後3時くらいを過ぎると涼しい風が吹き抜けるのは、やっぱり都会とは違うところです。中でも蔵王の特に夜は、クーラーには真似のできない涼しさが味わえます。夏も蔵王に是非起こしください。

エリーゼのミッションオイル交換

車の話
07 /15 2015
エリーゼの走行距離は年間3000Km前後とあまり乗らないとはいえ、オイルというものは月日とともに劣化してくるわけで、4→3速にシフトダウンするときに少し引っかかるようになってきました。

イメージ 1
そんな訳で今回はDIYでミッションオイル交換します。用意したのは、レスポのRSというミッションオイル2L、75W-90です。左にあるのはホームセンターで売っている本当は何というのか分かりませんが機械などに注油するときに使うボトル、7x11の耐油ホースが1.2m(余裕見て買ってきましたが1mで十分でした)です。

イメージ 2
まずは、こんな感じで青空ピットです。本来は当然水平が基本ですが、前上がりの場所なので、後ろをブロック2段分上げても、若干前下がりくらいで良しとします。

イメージ 3
ミッションオイルは硬いので、予めお風呂のお湯くらいの温度で温めておくと作業性が良いです。

イメージ 4
ミッションオイルを抜くときは、ドレンから抜く訳ですが、抜いた後、注油口が固着して回らないなんてことになると大変ですから、必ず注油口を先に緩めます。オイルを抜いたら、ドレンを閉め注油口に耐油ホースを入れて上側の作業しやすい場所に固定します。

イメージ 5
ボトルに7~8分目くらいオイルを入れ、ノズルをつけて入れていきます。400ccのボトルに300ccくらい入れるとすると7回くらい繰り返すことになります。
他にも、ロートを使うやり方とか、グリスガンを使うやり方とかありますが、エリーゼの場合は、ミッションの奥までホースが入らない構造のようで、ロートだと落下速度が速くなりすぎて溢れると困りますので、このやり方でゆっくり入れていきます。

シフトフィーリングは、交換直後あまり変化が無かったのですが、しばらく走っていると馴染んでくるのかとても良くなりました。

山形市・出塩文殊堂

山形・蔵王情報
07 /10 2015
朝ちょっと時間があったので、山形市村木沢の出塩文殊堂へ。

イメージ 1
アジサイが見事に咲き誇っています。7/19まであじさい祭りが催されています。ご近所の方も朝の散歩でしょうか?

イメージ 2
昨夜からの雨で石畳は滑りやすくなっています。登りより下りの方が危険です、ご注意ください。

イメージ 3
参道の祠も素敵です。出塩文殊堂は、それほど大きなお寺ではありませんが、とても雰囲気があって好きな場所のひとつです。

イメージ 4
1200年前、弘法大使によって開かれたとあり歴史のあるお寺です。山形は西の伊勢参り、東の奥参りといわれるように歴史のある施設がたくさんありますので、夏休みに回って見られるのも良いかと思います。

イメージ 5
参道の横にある夫婦杉。2つの杉が1つに合体し、そのまま成長したそうで、落雷にあって少し衰えたようですが、枯れることなく頑張っているそうです。ペンションステラも斯くありたいものです。

イメージ 6
すっかり運動不足な体には、いい運動でした。あじさい祭り開催中の出塩文殊堂、是非おでかけください。ペンションステラからお車で約30分です。

梅雨の晴れ間に

山形・蔵王情報
07 /01 2015
北海道では梅雨がないというのは一般常識ですが、関西、関東と約20年づつ住んできた私にとって、東北の梅雨なんてものは無いに等しく、ただの雨降りにすぎません。今週も雨の予報は昨夜から今日の日中だけです。ですから、梅雨の晴れ間という表現はちょっと違うかもしれませんが、こちらは、昨日の散歩の風景です。

イメージ 1
雲間に覗く青空。気温は13℃くらい、空気はカラッとしていて清清しい朝の散歩です。

イメージ 2
ペンションステラから徒歩15分、いつもの鴫の谷地沼へ。地蔵山は雲隠れ中。

イメージ 3
桑の実がいっぱいなっておりました。とってきてジャムでもしてみようかな。

イメージ 4
道端にはアザミの花。そろそろ山も賑やかになってくる季節です。普段の街中では見ることのできない花も咲いてきます。是非、蔵王にお出かけください。

イメージ 5
うちの庭の今の主役は、ラベンダーです。まだ、小さいですがとても元気に育ってくれています。

イメージ 6
こちらは、ローマンカモミールの花壇ではなくベンチ。お母さんがどこかで見て作っています。座ってみると、ふわふわしてなるほど気持ちいい座り心地です。

ロングランの蔵王ペンション村オープンガーデン「山の春から初夏の庭」も今週末までとなってしまいました。ペンションステラの「森の洋食屋さん」も営業しています。是非、お出かけください。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。