猿羽根峠と金山~雄勝トンネル イザベラバードの足跡をたどるサイクリングその6(もしかしたら最終回)

自転車の話
10 /30 2014
蔵王初冠雪のそんな日、前日までのみぞれ混じりの雨は上がったとはいえ、気温は低く風も強く、どうしたものかとしばらく考えましたが、とりあえず舟形町まで出かけてみることにしました。
 
イメージ 1
猿羽根山の展望台からは、最上川の雄大な景色を眺められます。幸い平野部ほど強風ではありません。
 
イメージ 3
山頂にある猿羽根地蔵尊。紅葉と相まって雰囲気のあるお寺です。この先にはイザベラバードも歩いたはずの古道があるのですが、ぬかるんでいたのであきらめました。
 
イメージ 2
猿羽根峠超えは、江戸時代まで難所といわれた場所で、明治に三島県令により旧道が整備され、現在はトンネルが通っています。旧道の方は問題なく通れるようなので、旧道を下ってトンネルから戻ることにします。
 
イメージ 4
Yaeh!で旧道を下ること10分あまり、無事R13まで戻ることができました。若干のぬかるみはあったものの、旧道は下草も刈られていて、歩けるように整備されているようです。看板には縁結びの道とあり、所用時間約3時間とのこと。最上川の景色を眺めながら、ゆっくり散歩もいいかもしれません。猿羽根峠のルートはこちらです。さて、この後どうするか...
 
イメージ 5
小国川の川べりで車を止めしばし検討。車がぐらぐら揺れるほどの強風で、さすがにここからのスタートは無理と判断。山沿いまで行けば、風も弱まるかもしれないと金山町に向かいました。再び、Yaeh!で街ポタしながら様子をみます。金山はイザベラバードもロマンティックな街と気に入った綺麗な街で、大堰には、錦鯉が泳いでいます。
 
イメージ 6
大堰のそばにあるイザベラバード記念碑には、日本奥地紀行の金山についての一文が刻まれています。
 
イメージ 7
金山町でとても美味しいとりもつラーメンを食べている間に、風が少しおさまったところでロードで出発します。当然ながら登り基調の道路ですが大したことはありません。R13旧道は、交通量もほとんど無く走りやすい道です。主寝坂トンネル脇の紅葉も綺麗でした。
 
イメージ 8
奥羽本線、及位(のぞき)駅を過ぎると間もなく雄勝トンネル。一応、トンネルを抜けて秋田県の案内板をバックに記念撮影。さすがに金山からだとあっけないです。
 
イメージ 9
帰りは、奥羽本線に沿って真室川まで戻ります。見事に積まれた巨大な丸太。真室川の町は、製材所が軒をならべ、木のいい香りが漂っておりました。
 
イメージ 10
町名の由来となった真室川。こういう景色好きなんですよね。豊かな自然に囲まれた場所です。
 
イメージ 11
真室川の駅舎は素敵な建物です。そういえば、新庄より南の奥羽本線は、羽州街道とルートをほぼ同じにしていますが、新庄から及位までの区間は大きくそれています。その要因のひとつは金山町の手前に峠があるからなのでしょうが、ちょっとおもしろいと思います。
 
イメージ 12
R344からイザベラバードがピラミッド形の山々が連なる景色と評した金山に戻ってきました。多分、このような景色を言ったのでしょうか?というわけで、今回走れなかった舟形から金山は、11月の時間のあるときに、もしも天候に恵まれたら出かけてみるということにして、新庄から金山までは以前走ったことがあるし、舟形から新庄までは、あまりに市街地なので、イザベラバードの足跡をたどるサイクリングはこれで最終回になるかもしれません。おつきあいありがとうございました。今回のルートは、こちらです
 
過去のリンクです。
 
あらためて開国間もない、まだ何もなかったに等しいような時代にイギリスの女性が日本人の通訳とともに1人で横浜から北海道まで旅をしたということに驚きを禁じえません。もしも、それがイギリスではなく日本人だったとしても大変な行程となったでしょう。でも、外国人から見た客観的な視点であったからこそ「日本奥地紀行」(Unbeaten Tracks in Japan)は、明治初期を知る貴重な文献として価値があるように思います。このブログを読んでいただいた方からイザベラバードの旅に興味を持たれる方が、1人でもいらっしゃればと思い、参考となる書籍をご紹介させていただきます。
 日本奥地紀行 イザベラ・バード         高梨健吉訳
 イザベラ・バードの日本紀行           時岡敬子訳
 イザベラ・バードの「日本の未踏路」完全補遺   高畑美代子
 イザベラ・バード紀行「日本奥地紀行」の謎を読む 伊藤孝博
 イザベラ・バード よりみち道中記        伊藤孝博
 イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む    宮本常一
 古川小松軒 イザベラ・バード 旅人たちの歴史3 宮本常一
 イザベラ・バードの東北紀行 会津・置賜篇「日本奥地紀行」を歩く 赤坂憲雄
 イザベラ・バード「日本奥地紀行」を歩く     金沢 正脩
 
スポンサーサイト



蔵王初冠雪

TOP
10 /30 2014
イメージ 1
逆光で白っぽくなってしまったのが残念ですが、10/29初冠雪となり三色染めの景色となりました。山の紅葉シーズンは、そろそろ終盤ですが、平野部はまだまだ見頃です。スキーシーズンのご予約もお待ちしております。ペンションステラから蔵王温泉スキー場までは、お車で5分ほど。年末年始、連休、2月土曜は、朝夕シャトルバスも運行予定です。

二口林道と山寺の紅葉

山形・蔵王情報
10 /28 2014
天気予報で今日は日本海側では雪のところもと言っていたので、まさかとは思いましたが、今朝は蔵王でも雪がちらつきました。まだ、霧が濃くて山の写真は撮れませんが、晴れればもしかすると初冠雪の蔵王の景色をお届けできるかもしれません。さて、こちらは昨日所用のついでに出かけてみた紅葉の二口林道です。
 
イメージ 1
二口林道は、山寺と秋保温泉を結ぶルートとして作られた林道で、現在も工事が続いていますが、紅葉シーズンにだけ一般開放されるという道路です。
 
イメージ 2
この辺りはまだ麓の方です。道路脇には美しい紅葉の森が広がってきました。おもわず深呼吸したくなります。
 
イメージ 3
小雨まじりで少しもやっていますが、美しい紅葉の景色が広がってきました。
 
イメージ 4
林道を進むと眼下に広がる紅葉の景色。北蔵王の山々が幾重にも連なって雄大で神秘的な景色です。
 
イメージ 5
二口林道は、県境のゲートを越えて少し行くと舗装が切れてしまいます。でも、工事は間もなく終了する予定のようですので来年は通行できる期間が延びるかもしれません。今回はリムがお供をしてくれました。
 
イメージ 6
帰り道に山寺の芭蕉記念館にも寄ってみました。山寺の紅葉もちょうど見頃を迎えています。ペンションステラから山寺は、お車で約45分。二口林道までは1時間ほどです。
 

芳刈放牧場で散歩

山形・蔵王情報
10 /27 2014
今年の蔵王の紅葉は台風で始まり、標高の高いところは早い時期に散ってしまいました。でも、中腹あたりから下の方はまずまず良かったのではないかと思います。麓の方は、まだこれからたっぷり楽しめます。日曜朝のお客様を送り出し、ペンションステラ家族も蔵王エコーライン脇の芳刈放牧場まで散歩に出かけてみました。
イメージ 1
蔵王温泉からエコーラインに向かう途中、県道53号線(通称:蔵王ライン)の風景です。黄葉したブナの木が青空に映えて美しいです。このあたりで標高900mくらいです。
 
イメージ 2
芳刈放牧場は、上の場所より少し低いです。放牧されていた牛は、もう家に帰っていません。静かな牧場は、桜の木が美しく紅葉しておりました。
 
イメージ 3
南の方角には、吾妻連峰から連なる蔵王連峰が幾重にも重なって雄大な景色が広がります。しばし時間を忘れて眺めておりました。芳刈放牧場は、ペンションステラからお車で20分ほどです。
 

きのこ料理教室

山形・蔵王情報
10 /22 2014
陶芸教室でお世話になった飯豊町・源流の森から、きのこ料理教室のDMをいただき、きのこ好きの私としては気になって行ってみることにしました。
イメージ 1
先週は自転車で通った白川ダムの奥にある源流の森は、ちょうど紅葉が見頃になっておりました。あいにくの雨でしたが、美しさは十分に伝わってきます。ダム近辺では写真を撮っておられる方の姿も見受けられました。
 
イメージ 2
さて、料理教室では3人の地元の先生のもと、きのこ料理は着々とできていきます。生徒総勢約20名、満席の賑わいです。
 
イメージ 3
出来上がったのは、きのこご飯、椎茸と山菜の煮物、舞茸ともって菊のお浸し、ムキタケのおろし和え、カノコのじんだ和え、わらびの一本漬け、なめこの味噌汁、デザートにくるみゆべし。宇津沢かぼちゃの煮物もいただいて、まさに秋の山のフルコースを味わえました。ペンションのご夕食にもアレンジして何かできたらなと思っておりますのでご期待ください。
 
今週末は、蔵王やこの白川ダム近辺だけでなく山形の各地で紅葉がピークを迎えると思いますので、是非お出かけいただきたいと思います。源流の森は、ペンションステラからお車で約1時間半です。
 

折りたたみ自転車で米沢からクラシックカーレビューin高畠

自転車の話
10 /20 2014
10/19は、2年に1度開かれるクラシックカーレビューin高畠の日。今回は米沢からYeah!で行ってみました。
イメージ 1
まずは、米沢ラーメンで腹ごしらえ。今回は、素敵な店構えに引かれて、たか富さんへ。リーズナブルな料金とボリュームで、また来たいお店です。そして、お母さんは、再びのムーミン展に。何やら気になったものがあったようでした。ムーミン展は、10/26までです。
 
イメージ 2
そして、私は折りたたみ自転車のYeah!で高畠へ。軽自動車のトランクに入る機動力は、本当に便利です。
 
イメージ 3
高畠までは、15Kmほど。なのですが、道を間違え約20Kmを走って会場へ。お天気が良かったので良しとしましょう。クラシックカーレビューin高畠のレポートは、また次回。ペンションステラから米沢・高畠へは、どちらもお車で約1時間です。

飯豊~小国 イザベラバードの足跡をたどるサイクリングその5

自転車の話
10 /17 2014
イザベラバードの足跡を辿るサイクリングも終盤。あらためて言うまでもないかもしれませんが、イザベラバードは、新潟から山形に入り秋田に抜けました。最終回に小国町というのも、なんかイマイチな感じなので今回は越後・米沢街道の十三峠を辿ることにします。
 
イメージ 1
飯豊町を出発し、手ノ子からいつ来ても美しい風景を見せてくれる白川ダムへ。実は、この時点では今日のルートははっきりとは決めていません。というのも、前回わらびサイクリングコースを走った時に補給に失敗したので調子を見つつ決めることにします。
 
イメージ 2
白川ダム上流部の風景も美しいです。この辺りは、まだ紅葉が始まったばかりで、これからさらに美しい風景が見られることと思います。ペンションステラから白川ダムはお車で1時間半ほどです。
 
イメージ 3
九才峠を経て叶水の水源の郷交流館で少し早い昼食をとり今回は補給も順調。調子も良いので横川ダムから樽口峠へ。交流館でのお話では、クマも出るみたいとのことでした。クマは見ませんでしたがサルは30頭くらいいました。ちょっとタイミングが悪かったら危なかったかもしれません。樽口峠の標柱は私の一番のお気に入りです。
 
イメージ 4
樽口峠の展望台からの美しい風景。谷間に見える白いものはついにとけなかった雪でしょうか?それにしても樽口峠きつかったです。
 
イメージ 5
明日きのこサイクリングのスタートとなる小玉川小中学校横の商店で小休憩し、新潟県境の大里峠の入り口へ。参加される方、気をつけて頑張ってくださいね。すでに約70Km+3峠超えでへろへろ気味ですが、イザベラバードの足跡を辿る本番はここからです。
 
イメージ 6
新田橋から見る玉川の美しい清流。この透明度はちょっと無いかもしれません。
 
イメージ 7
萱野峠の入り口には、説明書きが設置されていました。2/3くらいのところにイザベラバードことも書かれています。拡大すると見えるでしょうか?
 
イメージ 8
次は朴の木峠です。イザベラバードは、十三峠を越えるのに天候が悪かったこともあって実に4日がかりで越えて行きました。まだ道も悪かった時代、次から次へと襲い来る峠にほとほと嫌になったのではないでしょうか?何を隠そう私もそろそろ嫌になってきました。
 
イメージ 9
朴の木峠を越えると街道はR113に近づきます。ここでコンビニエイド。今回は、早め早めの補給でうまくいきました。そして再び横川ダムへ。ここにはかつてバードが宿を求めた市野々の村がありました。
 
イメージ 10
横川ダムは、昭和42年の羽越水害を機に計画されました。市野々の村は湖底に沈んでしまいましたが、流域を水害から守っています。
 
イメージ 11
横川ダムから超えねばならない桜峠を越えて白子沢へ。桜峠もなかなかきつい峠でした。この後はR113で飯豊まで。心配した新宇津トンネルは右側の歩道が広く安全でした。それより手前の遅越トンネルの方が恐かったです。飯豊到着は5時半すぎとはいえすっかり真っ暗、そろそろウインドブレーカーが欲しくなる気温でした。きつかったけど楽しい走行距離112Km、獲得標高1852mのハードコース。山の中でも舗装は途切れることなく飯豊・小国はまさに自転車天国です。ただし補給だけはお早めに。ルートはこちらです
 
イメージ 12
さてこちらは、その1で見落としてしまい今回寄ってみた川西町埋蔵文化財展示資料館(閉館中)にあるイザベラバード記念塔。イザベラバードの足跡を辿るなら是非寄ってみたい場所ですが、せっかくなのに少し寂しい感じになっており残念でした。もし可能なら別の場所に移設できないものでしょうか?関係者の方、よろしくお願いいたします。
 

米沢市上杉博物館・ムーミン展

山形・蔵王情報
10 /14 2014
台風が心配された連休でしたが、たくさんのお客様においでいただきありがとうございました。ペンションステラ家族も最終日はお出かけして米沢へ。
イメージ 1
米沢の上杉博物館では10/26までムーミン展が開かれていて、フィンランドからやって来た原画など日本初公開の約150点を含む約200点が展示されています。原画等は撮影禁止ということで、撮影OKだったジオラマで雰囲気だけでもお楽しみください。
 
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
ムーミングッズの販売もあり、こちらだけでも十分楽しめるほどの豊富な品揃え。グッズ購入だけなら入場料も不要です。ムーミンファンの方はお見逃しなく。是非おでかけください。上杉博物館は、ペンションステラより、お車で1時間ちょっとです。
 

プラム秋姫でジャム作り

ペンションのこと
10 /10 2014
ペンションステラの朝食でお出ししているジャムは自家製の手作りです。今日は、山形産プラムの中でも特に美味しい秋姫でジャムを作りました。
イメージ 1
作っている過程は、こちらと同じなので省略しますが、今回はレモン果汁ではなくゆず酢を使用しました。ジャムは、細胞に含まれるペクチンと酸の化学反応でゲル化させる化学反応ですので、酸を加えないと飴になります。
 
イメージ 2
思わずうっとりしてしまうような輝くような琥珀色です。美味しいプラムのジャム、是非食べに来てくださいね。
 

Yeah!で鴫の谷地沼

自転車の話
10 /08 2014
秋晴れの最高の自転車日和の中、イザベラ・バードの足跡を辿るサイクリングもあと2回くらいで行けると思うのですが、所用のためロングライドできずにおります。しょうがないので、近くの鴫の谷地沼までYeah!でトレーニング。
イメージ 1
このあたりで標高約850mくらいです。紅葉は、1000mくらいまで下りてきています。
 
イメージ 2
中腹くらいから上が紅葉しているのが紅葉しているのがお分かりいただけるでしょうか?今日の日中は、久しぶりに暖かく、気温は20℃近くありました。でも、最低気温は、6~7℃くらいまで下がると思います。
 
イメージ 3
池の回りでも場所によっては、桜の木などは紅葉が始まっています。秋の散策にとてもいい感じでした。山頂付近は、そろそろ初冠雪という季節になってきました。蔵王にお越しの際は暖かい服装でおいでくださいね。鴫の谷地沼は、ペンションステラから徒歩20分くらいです。
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。