cycle春号到着とエリーゼ帰還

ペンションのこと
03 /28 2014
いつも綺麗な絵と豊富な話題で楽しませてくれる自転車のフリーペーパー「cycle」の春号が届きました。
イメージ 1
今回も楽しい話題満載です。山形もすっかり春めいて、今日あたりは自転車日和でした。そろそろ私も始動します。
 
イメージ 2
こちらは、本日無事冬眠から戻ってまいりましたエリーゼ。今日は、道路に雪も融雪剤も無く、予定より少し早く戻ってまいりました。
 
イメージ 3
このたび、7年ぶりにタイヤを新調。トーヨータイヤのR1Rです。今まで履いていたネオバが高価になったこともあり、R1Rは、旧モデルでしたが以前P10プリメーラに履いて印象が良かった経験がありますので、こちらを選択しました。第一印象は、軽量なエリーゼとも相性がいいように思います。これからが楽しみです。
 
4月より、今年も、2輪(バイク、自転車)、スポーツカー(トランクルームのある2ドア車、スポーツグレード車)、旧車(25年以上)割引実施します。ツーリング、サイクリングにペンションステラをご利用くださいね。
 
スポンサーサイト



山形のアマゾンへお急ぎください!

山形・蔵王情報
03 /20 2014
今どきアマゾンといえば某通販サイトを指す場合が多いですが、こちらは本家、南米アマゾン地方のことで、鶴岡市にあるアマゾン自然館とアマゾン民族館が今月いっぱいで閉館になってしまうそうなのです。しかも、閉館まで入場無料ということで、それは急げ~と春休みの初日に出かけてまいりました。
 
イメージ 1
鶴岡市街にあるアマゾン民族館は、とっても新しく立派な建物です。内部は、アマゾン先生こと山口吉彦館長が長年に渡って収集された民族資料がいっぱい展示されています。
 
イメージ 2
許可をいただき、無防備な姿でハンモックに寝ているのは私です。館内の展示物は撮影禁止とのことでしたので、ご勘弁を。とても寝心地がいいので、ペンションのベッドをハンモックにしようかと思うほどでしたが思いとどまりましたのでご安心を。
 
イメージ 3
こちらは、民族館から車で20分ほどのところにある自然館。入り口を入ると、アナコンダの抜け殻がお出迎え。アマゾンのスケールに圧倒されました。
 
イメージ 4
男の子なら1度は憧れるヘラクレスオオカブトの実物も展示されています。
 
イメージ 5
うちの子もアマゾンの淡水魚の剥製に目を奪われておりました。
 
イメージ 6
こんな体験もできます。蛇をだっこして満面の笑みを浮かべるおかあさん。たしかにとてもおとなしい性格なのは、見ていてよくわかりましたが、私は蛇がかわいそうなので遠慮しておきました。もちろん希望者だけです。
 
思いがけず予想以上にとても楽しませていただきました。春休みの想い出に、いや人生の想い出になるかも。まもなく閉館するのは残念ですが、3月いっぱい入場無料です。是非おでかけください。
 
アマゾン自然館は、ペンションステラから山形自動車道経由で約1時間半、民族館は、約2時間です。
 

10日ぶり蔵王山頂へ

スキーの話
03 /17 2014
先週は、なぜだか時間がとれず前回から10日ぶりの蔵王山頂へ。今日もペンションステラから5分の大森ゲレンデから黒姫ゲレンデへ。
イメージ 1
いいお天気で寒くはないですが、霧氷が解けるほど暖かくもなく丁度良い気温です。
 
イメージ 2
トップページの写真も更新しましたが、この時期これだけ樹氷が残っているのは、ちょっと記憶にありません。なかなか見事です。
 
イメージ 3
今日は、パラダイスゲレンデに下りてみました。実は、25年ほど前、初めて蔵王に来たとき脳裏に焼きついたのが、どこかマーターホルンを想わせる、この三宝荒神山の景色です。ペンションステラの食堂からも一望できます。
 
イメージ 4
パラダイスペアリフトから三郎岳、五郎岳方向の写真です。雪景色に春霞み、蔵王も春遠からじの景色です。
 
イメージ 5
ザンゲ坂と蔵王ロープウェイに真っ青な空。ぽかぽかの春スキーは、私の一番好きなシーズンです。是非、まだまだ雪たっぷりの蔵王温泉スキー場においでくださいね。
 

蔵王の樹氷まだ見れます

TOP
03 /17 2014
イメージ 1
正真正銘、本日の蔵王山頂の樹氷の写真です。3月に入ってもそれほど気温が上がらなかったおかげで、この時期、これだけ立派な樹氷が見られるのは珍しいです。この分なら来週の連休まではもちそう。3/21からはリフトも春スキー料金。まだまだ雪たっぷりの蔵王温泉スキー場においでくださいね。
 
蔵王温泉スキー場は、ペンションステラよりお車で5分ほどです。
 

蔵王猿倉スキー場

山形・蔵王情報
03 /12 2014
蔵王連峰には山形側だけで3つのスキー場があり、ペンションステラに一番近い蔵王温泉スキー場は、東北最大級にして歴史も古く全国的にも有名なスキー場ですが、それぞれに個性のあるスキー場が揃っています。今回は、小学校のスキー教室でいただいてきた割引チケットを使って蔵王猿倉スキー場のご紹介。
 
イメージ 1
小さなお子さんのいるファミリーに人気の蔵王猿倉スキー場は、リフト2本だけの小さなスキー場です。まさにプライベートゲレンデといってもいいくらい。下に見えるレストハウスからはゲレンデのほとんどの部分が見渡せます。さらに、スノーボード禁止。だから、お子さんだけで滑っても安心というのが、このスキー場の特徴です。
 
イメージ 3
左が中央ゲレンデ、奥の中央が鈴が沢コース、その右が振り子沢コースです。斜面は、初級から中級くらいでゲレンデデビューにぴったり。さらにリフトの速度もゆっくりめ、イスも低め、もちろんリフト券もレストランの料金もファミリーに嬉しい設定です。
 
イメージ 2
ゲレンデ上部からは、右から蔵王最高峰の熊野岳、地蔵山、三宝荒神山が見えます。蔵王温泉スキー場は、地蔵山と三宝荒神山の下にあるという位置関係になります。なお、写真右下は蔵王エコーラインの道路です。
 
蔵王温泉スキー場は、いいスキー場だけど、小さいお子さんには広すぎて...という方は、蔵王猿倉スキー場へお出かけください。蔵王猿倉スキー場は、ペンションステラから、お車で約25分です。
 

3/6蔵王温泉スキー場近況報告

スキーの話
03 /06 2014
週末前に山頂までと思い出発したのですが、今日はまるで一月逆戻りしたようたお天気に風も強く厳しいコンディションでした。
イメージ 1
これは、樹氷原コースの中間付近。ガスったり晴れたり、めまぐるしいお天気です。山頂は丁度ガスの中のタイミングで一面真っ白、気温はマイナス13℃でした。樹氷は、3月にはいるとどうしても小さくなり始めますが、地蔵山山頂付近はまだ大丈夫です。週末に向けて、今日のお天気なら少し戻ると思います。
 
イメージ 2
これは、百万人ゲレンデ。このあたりで、ようやく下界の景色が見えました。
 
イメージ 3
大森のカベから無事帰還。大森ゲレンデでもマイナス8℃でした。天気予報によると、週末にかけて雪の日が多いようですが、気温は少し上がるようです。コンディションが良くなることを祈っております。ぽかぽかの春スキーが楽しめる日も間近。是非、蔵王においでくださいね。
 
ペンションステラから、蔵王温泉スキー場は、お車で5分です。
 

雪まくりと上山の白鳥

山形・蔵王情報
03 /03 2014
しばらく雪らしい雪も降っていなかった蔵王ですが、今日は久しぶりに10cmほど積もりました。春近しとはいえ、まだまだ季節はゆっくり進む蔵王の3月です。ゲレンデコンディションも良くなったと思います。
 
こちらは数日前、蔵王のあるところ。
イメージ 1
斜面にいくつもの謎の物体。アップにすると...
 
イメージ 2
まるで、雪のロールケーキ。木から落ちた雪が斜面の雪をくっつけながら転がる「雪まくり」という現象だそうです。一見どこにでもありそうですが、斜面の雪が軟らかい場合は、落ちた雪は転がることができず、硬い場合は、転がってもくっつきません。雪が一度解けて凍った硬い層の上に新雪が薄く積もり、木の上の雪玉が風で落ちるという状況でないとできない珍しい現象です。気温が一度プラスにならないといけないわけですから、初春の現象といえると思います。
 
イメージ 3
先日も上山に飛来している白鳥をお伝えしましたが、こちらは別の場所。山形新幹線の線路の近く、上山市役所の南側に位置する場所です。どうやら白鳥は須川付近を中心に30羽前後飛来し、朝夕餌を探しに田んぼに出かけているようです。グレーの混じる子どもの白鳥も大きくなり、餌を探す姿も忙しそうです。白鳥たちが北へ旅立つ日も近いのかもしれませんね。
 
ペンションステラから上山市役所までは、お車で30分ほどです。
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。