樹氷撮りなおし

スキーの話
01 /30 2014
先日は山頂へ樹氷の撮影に出かけたものの、急激なコンディションの悪化で撮影できず。今日、撮りなおしにでかけてきました。
 
イメージ 1
11時くらいまでは青空だったのですが、薄曇りになってしまいました。山頂の気温はマイナス3.4℃。スキー・スノボにはちょうど良いお天気で暖かいです。樹氷の方は、まずまずの状態、撮影されている方もたくさんおられます。
 
イメージ 2
写真ではわかり辛いですが、西の方角には飯豊連峰が見えます。
 
イメージ 3
ザンゲ坂の樹氷もこんな感じです。今日も地元小学校はじめ仙台の高校生などスキー教室の生徒さんがたくさん来ておられました。今日くらいの気温だと厚着してしまうと少し暑いです。気温やコースに合わせて、汗をかかないくらいの服装がベストです。
 
イメージ 4
こちらは先日電池切れで撮れなかったクレージートラバース。今日は、時間の都合で1本だけ。
 
イメージ 5
そして黒姫スーパーGコースから大森ゲレンデへ。黒姫スーパーGコースは、小学生も頑張って滑っていました。すごいです。スーパーGコースから右側に抜けて大森ジャイアントコースへ。大森のカベを滑って帰還しました。
 
ペンションステラから蔵王温泉スキー場、大森ゲレンデはお車で約5分です。
 
スポンサーサイト



軽自動車税収アップのアイデアとストーリアありがとう

車の話
01 /29 2014
ペンションステラのアシ車、ストーリアが本日旅立っていきました。
イメージ 1
いままで色んな車に乗りましたが、買う前と乗ってみた印象がこれほど違う車も初めてでした。デビューした頃からデザインには一目置いてはいたのですが、買う前はてっきりお使い用の車と思っていたら、乗ってみるとダイハツが小さな高級車を目指して本気で作った車だということがよくわかりました。
 
イメージ 2
では何故そんな気に入っていた車を手放すことにしたかというと、その理由の1つは、維持費がかかるからです。正確には自動車税が高いからです。
 
ストーリアは、1000ccなので自動車税は年間29500円ですが、これに新車から13年経過した車には10%加算されて32400円となります。これに対して軽自動車だと7200円。先日値上げが決まって4月以降登録の新車だと10800円です。つまり、排気量が340cc違うだけで、年間の税金が3~4倍に跳ね上がります。こんな理由で、軽自動車ばかりが売れて1000cc未満の普通車はほとんど売れないというイビツな構造が出来上がっているのです。
 
ところで、乗ってみるとわかるのですが、この1000ccという排気量は、ファミリーカーとして丁度いいのです。ストーリアも燃費、静粛性、室内空間の広さなどとてもバランスの良い車でした。VWのup!やフォード・フィエスタといった輸入車も選べるようになりました。
 
そこで私のアイデアです。現行軽自動車を軽自動車1種、1000cc未満を軽自動車2種として年間19500円くらいの税金にするのはどうでしょうか?問題となっている普通車と軽自動車の税金の格差も埋められます。現在、ほとんど売れていない1000cc未満の普通車ですから自動車税の減収にも、それほどは響かないと思います。軽自動車税として徴収すれば現行軽からの移行で地方税の増収につながると予想できます。コロンブスのタマゴ的な発想で結構いいアイデアだと思うんですけどいかがでしょうか?もし、実現してくれたら、再び1000ccの車に乗ってみたいと思います。
 

今シーズン初のクレージートラバース

スキーの話
01 /28 2014
今朝の蔵王は快晴で、よし行くぞと心にきめてはみたものの、山の天気は変わりやすく、リムを散歩に連れて行ったり、フリスビーして遊んだりしているうちに雲が出てききてしまい・・・イメージ 1
 
先日の土曜日の気温が高かったので、樹氷の具合も気になっていたので、山頂に行っては見たものの風速15m以上と思われる強風。
イメージ 2
写真撮っても写らないと思ったけど、やっぱりよくわかりませんね...樹氷のできる山ですから、こんな日もあります。幸い山頂付近、標高1500mくらいから上の樹氷はほとんどダメージありません。
 
イメージ 3
こちらは、ユートピアゲレンデ上の樹氷原、標高1400mくらい。樹氷が崩れてしまった木もありますが、軽症といって良いと思います。良かった~。この程度ならすぐに回復してくれるでしょう。
 
そのあとは、今シーズン初のクレージートラバースへ。写真撮ろうと思ったらカメラが電池切れになってしまいました。すみません。ナレーションのみです。
 
1本目、強風の中、ザンゲ坂から直接クレージートラバースまで歩いたので息が切れ途中で休憩したものの、コース右側はいい感じのコブが出来ていて楽しかったです。
 
2本目、今度はコース左側を滑ってみたものの、ほとんど平らな状態。なんでもなく滑り降り終了。
 
3本目、もう一度右側へ。脚がいうこと利かなくなってきたぁ。ズレてる内に終わってしまい終了。
 
結局、トシ取ると1本目が一番よかったりするんですよね。今日は寒かったけど、気持ちよく有酸素運動してきました。次回は、写真撮ってきまーす。
 
ペンションステラから蔵王温泉スキー場、大森ゲレンデはお車で約5分です。
 

本日の蔵王快晴です。

スキーの話
01 /24 2014
年末に何回か吹雪いたこともありましたが、今シーズンは比較的穏やかなお天気が続いている蔵王温泉スキー場。その中でも本日は、すばらしい快晴のお天気になりました。さっそく朝一番で山頂へ。
 
イメージ 1
大森クワッドリフトを降りたところから百万人ゲレンデ。きれいにピステンがかかっています。
 
イメージ 2
こちらの方の写真を撮ろうと思ったわけではなく、きれいに整備された黒姫ゲレンデの写真を撮ろうと思ったら、左方向からジャストタイミングでジャストポイントに現れたスキーヤーの方。何かのご縁ですので是非ご一報ください。解像度の大きい写真差し上げます。
 
イメージ 3
ロープウェイに乗って山頂へ。太平洋まで見えます。ロープウェイの待ち時間は5分ほど。今日は大勢の方がお見えでした。
 
イメージ 4
山頂の展望台より。左が月山、中央が葉山、その右に鳥海山が薄っすら見えるのがおわかりいただけるでしょうか。肉眼だとはっきりわかるのですが、カメラが悪くてすみません。
 
イメージ 5
樹氷は、もう完璧です。たくさんのお客様のおいでをお待ちしております。
 
イメージ 6
ザンゲ坂のユートピア第2リフト降り場付近は、この賑わい。ちょうど学校のスキー教室の時期のようで、ゼッケンをつけた生徒さんがたくさんおられました。
 
その後は、一気に大森ゲレンデまで。今日は、大森コカベでちょっとだけコブを滑っておりました。
 
ペンションステラから蔵王温泉スキー場、大森ゲレンデまではお車で5分ほどです。
 

ハクチョウ飛来地?

山形・蔵王情報
01 /22 2014
酒田のスワンパークはじめ、山形には最上川周辺を中心に多くのハクチョウ飛来地がありますが、ここはペンションステラの近く上山市13号線のすぐ横です。
 
イメージ 1
子どもを小学校に迎えに行った帰り道。ふと横をみるとハクチョウが数羽。去年までは、ここを通る機会はあまりなかったので気がつかなかったのですが、もしかしたらよく来る場所なのかもしれません。
 
イメージ 2
車を停めて降りて近づいてみます。まだ、羽の黒い子どものハクチョウの姿も見えます。目的地までに羽を休めに下りたのでしょうか?
 
イメージ 3
まずい!気づかれてしまいました。せっかく休んでいたのにゴメンネ。また、会えたらいいな~。
 
なお、時々お客様にも聞かれるのですが、うちの子どもは通学用のバスの来ないところに住んでいるので毎日送迎なのですが、たまには良いこともありますね。
 

夕暮れの蔵王山頂より

スキーの話
01 /20 2014
今日のお天気は先日の逆のパターン。午前中、曇っていた空が3時を過ぎてどんどん晴れていきます。午後4時くらいが今日一番の青空、陽もすいぶん長くなりました。ペンションステラを出発したのがちょうど4時。大森リフトに乗ったのは4時5分、4時半終了の黒姫リフトは、おーててつないでみなかえろ~♪のBGM。急げ~。
 
イメージ 1
蔵王ロープウェイ山頂線の樹氷高原駅に4時20分到着。ロープウェイの係りの方から、この時間だとパトロールが下山して滑って降られないので、下りもロープウェイで降りるようにとのこと。でも乗れた~。間に合った~ぎりぎりセーフ♪夕日が美しい。
 
イメージ 2
樹氷原の向こうに夕日が沈む貴重なシーン。見慣れたはずの景色が素晴らしく幻想的...
 
イメージ 3
陽の沈みかけた紫色の東の空と地蔵山の樹氷。いまにもモンスターが動き出しそう。
 
イメージ 4
山頂の気温はマイナス9.3℃。今日の昼間は、比較的暖かかったのですが、夕方はこのくらいです。ライトアップも綺麗だけど、この時間帯も幻想的で素晴らしいです。外国からのお客様が記念撮影をされていました。
 
イメージ 5
樹氷はもうすっかり成長して本番モード。形といい大きさといい素晴らしい出来。
 
イメージ 6
このスケール感。写真でお伝えするのは難しいです。是非一度体験していただきたい蔵王の風景です。
 
ロープウエイで再び樹氷高原駅まで下りた後は、百万人ゲレンデから大森ゲレンデまで約6Kmのダウンヒル。気温は低いはずですが、寒さはそれほどでも無く気持ちよく滑れました。ペンションステラから蔵王温泉スキー場、大森ゲレンデまではお車で約5分と余裕をもって言ってますが、空いていれば5分後にはブーツと板を履いてリフトに乗れることがわかりました。

1/15蔵王温泉スキー場近況報告

スキーの話
01 /15 2014
今日はお母さんと黒姫ゲレンデから山頂へ。スキーを始めて3シーズン目に突入したお母さんもずいぶん上達しました。
イメージ 1
お地蔵さんは周囲を掘ってもらってなんとか胸から上が見えていました。今日は地元の小学生のスキー教室がおこなわれているようでした。
 
イメージ 2
山頂の樹氷はこんな感じ。ペンションステラを出るときは、青空が見えていたのですが、山の天気は変わりやすく、雰囲気だけでも。樹氷は、先日からさらに成長して大きくなっていました。
 
イメージ 3
樹氷原コースの様子。今日は平日の割には人は多かったです。午前中は、お天気良かったからかな?
 
イメージ 4
百万人ゲレンデ上からの展望。ガスの中を滑って樹氷原を降りてきた人から感激の声が聞こえました。
 
蔵王温泉スキー場は、ペンションステラからお車で5分ほどです。
 

蔵王の樹氷とても良く育ってます

TOP
01 /08 2014
イメージ 1
この時期としては珍しいくらいに成長した蔵王の樹氷。すでにトップシーズンと言ってもいいでしょう!
蔵王の樹氷見学は、蔵王ロープウェイで。蔵王ロープウェイは、ペンションステラからお車で約5分です。
 

今日はピーカンの蔵王温泉スキー場へ

山形・蔵王情報
01 /07 2014
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。年末年始もたくさんのお客様においでいただきありがとうございました。
 
そろそろ山形の学校でも3学期が始まるころで、うちの子は明後日から新学期です。今日の蔵王はピーカンで、せっかくのチャンスなので、冬休みの思い出に子どもとお母さんと3人揃ってロープウェイで山頂まで登って滑ってきました。
 
イメージ 1
蔵王ロープウェイ山麓駅から見る蔵王山頂。雲ひとつ無く見事な景色です。
 
イメージ 2
飯豊朝日連峰を望む雄大なロープウェイからの眺めも最高。
 
イメージ 3
平日ですが大勢の方が樹氷見学やスキー、スノーボードにお見えでした。
 
イメージ 4
山頂より宮城側の景色。遠くまで良く見えます。
 
イメージ 5
地蔵山の樹氷。1月初めの時期としては丸々ととても良く育っています。
 
イメージ 6
ザンゲ坂の樹氷アップその1。
 
イメージ 7
その2。今年は期待できそう。まだまだ成長すると思います。
 
イメージ 8
百万人ゲレンデの上で立ち止まるお母さん。弾丸娘は、写真撮る暇もなく滑っていってしましました。
 
蔵王温泉スキー場は、ペンションステラからお車で約5分。今年も家族一同、たくさんのお客様のおいでをお待ちしております。
 
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。