今シーズンのラストは庄内ライド

自転車の話
11 /29 2012
願いが通じたのか、なんとか晴れました。冬の庄内といえば日本海から吹き付ける強風で有名です。先日の庄内プチ旅行は、実はその下見も兼ねて行ってきたのでしたが、朝刊には前日の庄内、大荒れの様子が報じられ、おっかなびっくりのスタートとなりました。
イメージ 1
月山道の道路脇の雪は少し増えていましたが、スタートの鶴岡は穏やかです。少し雲があって気温は低めですが、この時期このお天気で文句を言ってはバチあたります。幸い風は大したことなくウインドブレーカーを着て櫛引運動公園をスタートします。
 
イメージ 2
まったく脚力という奴は、ちょっと練習しないとこんなにも落ちるものでしょうか?フード付きのウインドブレーカーの抵抗が大きいせいもありますが、全然ペースが上がりません。ちょっと道にも迷って地図と睨めっこしているうちに、1時間弱かかってようやく羽黒山・出羽神社に到着。少し坂を上って体も温まったのでウインドブレーカーを脱いでみるものの、500mほど走ったところで、寒くてまた着てみたり。
 
イメージ 3
庄内町に入って鳥海山が見えてきました。
 
イメージ 4
風が強いのも悪いことばかりではありません。風力発電の風車が元気に回っていました。風力発電に水力発電、メガソーラーの計画もあって、地熱発電だって可能な山形は自然エネルギーの宝庫なのかもしれません。
 
イメージ 5
スタートが遅かったせいもあり、最上川横断は既にお昼過ぎ。走りやすいR345で遊佐を目指します。
 
イメージ 6
遊佐町に到着。鳥海温泉「遊楽里」で、話題の鳥海カレーをいただきました。さて、秋田県境までは、往復15Km。今日のペースだと40分かかるし、どうするかな~。
 
イメージ 7
結局、ここまで来て撤退する勇気は無く行って見ることに。ここまで約70Km、すでにちょっとヘバリぎみ。
 
イメージ 8
吹浦の海岸にて。まだ2時すぎだというのに陽が傾いてきました。
 
イメージ 9
吹浦漁港の横にて鳥海アングル。って雪と空が馴染んじゃって良くわかんないなぁ。
 
イメージ 10
最上川にて月山アングル。すでに4時前。今日は夕焼けがきれいとか言ってる余裕なし。早くもどらないと暗くなる~。
 
このあと赤川と京田川を間違えてミスコースしてみたりしながら、三川町を通って真っ暗な赤川堤防を心細くなりながら走って櫛引運動公園に戻りました。トータル131Km。グローブを脱ごうとしたら指がかじかんで動かないので温泉で温まり、これで一応、山形県内全市町村走破達成!やったー!でも、まだまだ行きたいところもあるし来シーズンも走りますよ~。
 
ルートはこちらです。
 
スポンサーサイト



庄内へプチ旅行

山形・蔵王情報
11 /27 2012
お天気の良かった日曜日、久しぶりに庄内にでかけてきました。
イメージ 1
まずは、再来年のオープンを目指して建て替え工事のすすむ加茂水族館へ。
 
イメージ 2
ここは、やっぱりクラゲですね。ライトアップされて美しいです。アシカのショーなどもあって楽しめました。アシカとアザラシの違いは、耳たぶがあるのがアシカ、穴だけのがアザラシだそうで歩き方も違うそうです。クラゲは、飼育されている赤ちゃんを見ることができたり、係りの方に教えていただいたりもして勉強になりました。建て替えは、相当大規模なようで庄内観光の目玉になることでしょう。とても楽しみです。
 
イメージ 3
酒田で美味しいラーメンを食べたあと、夕方は最上川スワンパークへ。何百羽、いや千羽以上でしょうか?最上川の河口に近いこの場所には、毎年シベリアから冬を越すためにオオハクチョウ、コハクチョウがやってきます。庄内の美しい夕日をバックに、とても美しい風景を見ることができました。写真だと穏やかな様子をイメージしますが、オオハクチョウが着水する様は、大きな水音で迫力物です。是非、実際にご覧いただきたいです。
 
イメージ 4
そして、私自身のおみやげに、このお酒を。庄内といえば米どころで有名ですが、お米の美味しいところは、お酒も美味しくて庄内にも沢山の蔵元があります。実は私は、あまり飲めなくて、山形に来るまで日本酒は全然ダメだったのですが、山形の美味しくてリーズナブルなお酒のおかげで少し楽しめるようになりました。そして今回、山形でもなかなか手に入らない俵雪をゲット。しかも、ラベルの糊も乾ききってないような詰めたてです。来月、限定発売されるしぼりたても楽しみです。
 

冬支度その2 タイヤ交換

車の話
11 /23 2012
めちゃくちゃいい天気です。小春日和とはこのことかな。
イメージ 2
月山と葉山がばっちり見えました。しかも暖かい。こんな日はタイヤ交換
 
イメージ 1
極上の中古スタッドレスを2セット、ヤフオクでゲットしセレナとストーリアに装着。2台で新品1台分の出費ですみました。今年は、悲しい事件が起きないよう慎重に運転お願いします。お客様も、お気をつけておいでくださいね。
 
そして、このお天気を来週もう一度...
 

夕練のちアンドロイド

自転車の話
11 /21 2012
昨年のブログを見ると11/15にペンション村で初雪、11/25にスキー場オープンということなので、初雪は昨年並み、スキー場オープンは少し遅れそうな気配です。今日も午前中、雪がちらつきましたが、まだ積もるところまでは行かず、薄っすら屋根が白くなる程度です。しばらく天気が悪かったり用事があったりで自転車に乗れなかったので、夕方陽が差したのを見計らって夕練に出かけました。
 
イメージ 1
ご覧の通り、後ろの山は真っ白。軽くウォーミングアップしないとスタートできません。すでに道路には融雪剤が撒かれています。
 
イメージ 2
見辛いですが、0℃です。なんていうか、フェイスマスクが欲しい。
 
イメージ 3
こちらはペンションステラのニューフェイス、アンドロイド・ウォークマン。なかなかいい音がするんですよ。普段はBGM用に、サイクリングでは地図用に頑張ってもらいます。あと1回、ロングライドできないかなぁという、微かな希望を秘めた夕練でした~。
 

山形市子ども造形展

子どものこと
11 /17 2012
山形市の七日町ナナビーンズで、山形市子ども造形展が開かれております。
イメージ 1
山形市内の保育園・幼稚園児から中学生までを対象としたこの催しは、第41回とのことで、大変伝統のある催しだそうです。
 
イメージ 2
本物と見紛うばかりのこの作品は、中学生のもの。レベルの高さに驚きます。このみかんテーブルの上にあったら絶対剥きますよね。
 
イメージ 3
こちらは、新聞紙でできた子牛とワニ。とてもかわいいです。
 
イメージ 4
こちらは、幼稚園児の作品ですが、とても良くできていて表情もかわいいです。実は、うちの子がお絵かきで賞をいただいて見に行ってきました。感受性豊かな子どもたちの作品に心が洗われる思いでした。20日までに七日町にお出かけの機会がありましたら、是非お立ち寄りください。
 

冬の足音

TOP
11 /17 2012
山も少しづつ白くなってきて、このまま根雪になりそうです。
イメージ 1
年末年始のお部屋少なくなってまいりました。ご予約はお早めにどうぞ。
  

冬仕度その1 バッテリー交換

車の話
11 /14 2012
改めて言うまでもありませんが、蔵王の冬は寒いです。基本的に気温がプラスになるということはありません。
冬になるとエリーゼは冬眠。4WDのセレナの出番が多くなり、気がつくとストーリアも1週間動かしてないということになります。そうなると、どうしてもバッテリーが上がり気味となり、昨年ストーリアはジャンプスタートを経験。エリーゼは、ジャンプスタートこそありませんでしたが、セルの回転が一瞬止まってドキッとしたことがありました。ジャンプスタートするのは、面倒なので本格的に寒くなる前に2台のバッテリーを交換することにしました。
 
イメージ 1
まずは簡単なストーリアから。ACデルコのメンテフリータイプに交換。作業は5分ほどで終了。トヨタ/ダイハツ車は、最初から整備すること考えて作られていてすばらしいです。
 
さて、問題はこの人。
イメージ 2
 
フロントの小さなフードの下には、ラジエター、ヒーター、バッテリー、その他こまごまとしたものが寄木細工のように押し込まれています。しかも、重いバッテリーはできるだけ重心を低くするべく一番低いところにあります。
イメージ 3
1時間ほどかかって、やっと外れたバッテリー。ワイパーモーターのカバーやヒューズボックスまで外し、片手で重いバッテリーを持ち、もう片方の手で配線を避けつつ少しづつ引き上げていきます。ずっと体を折曲げたままの姿勢での作業で腰と腕が壊れそうです。
 
イメージ 4
抜くのが大変なら、入れるのも大変です。配線をあっちに動かしたり、こっちに動かしてみたりしながら、またまた1時間ほどかかってなんとか収まったFIAMMのチタニウムプラス。ところが、ここで問題。バッテリー本体の端子は、写真上がマイナス、下がプラスですが、赤い○のところの上の方の配線は、良く見ると黒いビニールテープの中に赤いコードがついています。うーん、外すときよく確認してなかった...なんとか、覗き込んで下側の配線がボディーに繋がっていることを確認し、まさかプラスアースという落ちは無いと信じて、下側の配線を上の端子に、上側の配線を下の端子に繋ぎます。一応、エンジンをかけて問題がないことを確認し、外したものを元にもどして作業終了となりました。アブナイアブナイ。
 
イメージ 5
こちらは古いバッテリー。左がストーリアに付いていたイエローハットブランド、5年もの。寒冷地でなければ、まだまだ大丈夫そうで、コストパフォーマンスは高そうです。右はエリーゼに使っていたボッシュのシルバー、7年もの。すばらしく長寿命だったので今回もと思いましたが、予算の都合でFIAMMにした次第でした。でもあんまりやりたくない作業なので長く持ってちょうだいね。

小国町わらびサイクリングコース(改)リベンジ

自転車の話
11 /12 2012
このところ、お天気のはっきりしない山形。天気予報をみても晴れマークは金曜だけ。しかも、金曜に出かけるのは、ほぼ無理なので、日曜にもかかわらず「そろそろシーズンも終わりだしなぁ」とお母さんにお願いすると「明るいうちにかえってくるように」との優しいお言葉をいただきリベンジに出かけました。
 
イメージ 1
スタートは、おぐに湖こと横川ダム。ちなみに小国町は、とても広い町で全国で24番目です。24番なんて言うと大したことないと思われるかもしれませんが、上位はほとんど北海道が占めるので、本州以南では7番目です。
 
イメージ 2
朝日連峰の山々もすっかり雪化粧。でも、気温は10度以上あって走っていれば寒くありません。ちょっと家が多いなぁと思ったら、早速ミスコースしてしまっていました。少し戻ってみましたがわからないので、R113を行くことにします。ミスコースした場所は、帰りも通るはずなので、答えは後ほど。
 
イメージ 5
赤芝峡の紅葉。ほぼ1週間雨だったので、少し黒っぽくなってしまいましたが、清流とのコントラストがとても綺麗でした。
 
 
イメージ 6
玉川渓谷の先日の写真より奥の方の吊り橋にて。川の透明度がすごい。水のおいしい山形、当然お米もおいしいです。この少し後にお店があって、少し早かったけどお昼にしておけば良かったんだけど...
 
イメージ 7
小玉川から樽口峠を目指しますが、土砂崩れのため通行止め。ちょっと考え見回すと、担いでいけば渡れそうです。
 
イメージ 8
無事通過し、樽口峠の駐車場にて。飯豊の山々も真っ白です。
 
イメージ 9
大きさといい佇まいといい風格漂う樽口峠の標柱。私の個人的、標柱オブザイヤー。
 
イメージ 10
樽口峠下りの風景。この辺りは、もう紅葉はほぼ終わりですが、とてもいい景色です。日陰は、路面がまだ濡れているところも多く、慎重に下ります。
 
イメージ 11
樽口から県道15号に出て、快調に走っていると、またミスコース。少し戻って、朴の木峠を目指しますが、激坂な上に杉の小枝がかなり落ちていて厳しい登りです。
 
イメージ 12
朴の木峠頂上にて。お腹空いてきた~。でも、今日は補給食しか持って来なかったのです。
 
イメージ 3
始めミスコースした場所まで戻ってきました。ちゃんと標識もあるし。確か対向車が来て、気を取られてしまっていたかもしれません。県道8号から入って、いくらもない神秘的な感じの沼の横でした。
 
イメージ 4
どこにも食べるところがなく、空腹と戦いながら登ること1時間ちょっと。ようやく九才峠に到着。九才峠は、行けば行くほど勾配が急になって、最後は、くらくらしてきました。何もしてなくたって、昼おやつだけだったら辛いもんね。食事は、取れるところで摂りましょう。ミスコースしてちゃしょうがないけど、逆周りで道の駅おぐにで食べても良かったかな。走行は、約92Km。楽しくて走りごたえもある、とても良いコースでした。また、いつか走ろうと思います。
 
ルートは、こちらです。
 

小国町の紅葉

山形・蔵王情報
11 /10 2012
標高の高いところは、そろそろ初冬。蔵王エコーラインなどは冬季通行止めになりましたが、標高の低いところは、まだまだ紅葉も、見頃の所があります。このところ、お天気の良くない山形ですが、小国町に出かけてきました。
 
イメージ 1
白い森おぐに湖こと横川ダムの風景。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
上2つは、紅葉見頃の玉川渓谷の風景。
 
本当は、わらびサイクリングのコースを走る予定で、自転車も積んできたのですが、残念ながら雨でDNS。
雪が降る前にリベンジしたいけど、紅葉は終わってるかな~。
 
小国町は、ペンションステラからお車で約1時間半です。
 

蔵王温泉スキー場パンフレット

山形・蔵王情報
11 /07 2012
秋の紅葉シーズンもそろそろ終了。蔵王はこれからスキーシーズンに向けての準備が始まります。
今日は、2013シーズンの蔵王温泉スキー場パンフレットをいただいてきました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
じゅっきーくんをあしらった表紙がとてもかわいいデザインのパンフレットです。詳しくご覧になりたい方は、蔵王温泉スキー場HPからダウンロードできるのでご覧ください。今年も、樹氷・温泉・パウダースノーの蔵王温泉スキー場に是非起こしくださいね。
 
ペンションステラも、おかげさまで年末年始や連休を中心に、そろそろお部屋が少なくなってきた日もございますので、お早目のご予約をオススメします。また、年末年始のアルバイトさんも募集中。詳しくは、HPをご覧ください。
 
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。