日本最後の砂利道国道!?R458

自転車の話
07 /31 2012
山形の3ケタ国道を語るとき、絶対に外せないのがR458です。R458は、上山から新庄にいたる国道ですが一部マニアの間では砂利道酷道として知られていて、なんでも今では日本で唯一だとか!?その砂利道部分をMTBで走ってきました。
 
まず最初に、山形県の名誉のためにお断りしておきますが、R458といっても整備されている部分もあります。
イメージ 1
 
また、山辺町、中山町あたりは路地のようになって、びっくりすることもありますが、近くを通る整備された県道に迂回すれば何の問題もありません。
イメージ 2
 
さて、R458の本領は寒河江市宮内のR112との短い共用区間を過ぎて右に曲がったところからスタートします。
イメージ 13
幅員狭小、砂利道、急カーブの案内板。
 
イメージ 15
今日のスタートは、この冬季閉鎖ゲートから。肘折温泉を目指します。このあたりは、昭和30年代まで幸生(さちう)銅山として日本有数の産出量を誇ったところです。
 
 
 
イメージ 16
約30分で十部一峠に到着。ここまでは、少し舗装が切れたところがあるくらい、登りもそれほどきつくはありません。さらに、しばらく走ると残雪の月山が迎えてくれました。
 
イメージ 17
 
もしかして、砂利道はなくなったのか?と思い始めたその時、カーブミラーに写ったのは...
イメージ 18
 
砂利道といっても固いフラット路面。乗用車で来ても速度に気をつけて、よほど悪天候でなければ問題ないでしょう。(大雨の時は閉鎖されるようです)
イメージ 19
 
十部一峠から約30分で大師峠に到着。砂利道は、約3Kmでした。
イメージ 20
 
大師峠をすぎると下りの激坂。コーナーで減速しても、わずかな直線でジェットコースターのように加速し、気がつくと50Km/h以上。帰りはここを登ると思うと気が重いですが、気持ちよく下ります。
イメージ 21
 
激坂区間が終わると再びダートに。
イメージ 3
 
肘折まで5Km。2度目の砂利道区間は、約1.5Km。ライトが脱落してしまいました。
イメージ 4
 
標識も首を傾いでいますが、ここは国道です。ゲート間のおにぎりは3個。おにぎりが見えたらゲートが近いことを意味します。
イメージ 5
 
出口ゲートを通って肘折温泉に到着。ここまで約2時間でした。
イメージ 6
 
ここまできたら、ひと風呂あびて帰らねば。食事も兼ねて、肘折いでゆ館へ。入浴料は、350円。
なお、土砂崩れのため、この先は臨時モノレール&徒歩です。(迂回路は車で通行可能です)
イメージ 7
 
茶褐色のわずかにぬめりを感じる温泉がとても気持ちよかったです。そして恒例の、大蔵村産トマトのソフトクリーム。さっぱりとした丁度良い酸味が美味しかったです。
イメージ 8
 
帰りは、あの激坂を登ります。銅山川の景色が美しいです。山形の自然を感じる風景です。
イメージ 9
 
登ること約1時間半。もういや~。力尽きて1Kmくらい押しました。
イメージ 10
 
ここまで来れば、激坂区間は終わりです。もうゴールしたも同然?風が気持ちいいです。オニヤンマの群れが迎えてくれました。
イメージ 11
 
砂利道区間、十部一峠を通ってゲートに向かいます。
イメージ 12
 
空がゴロゴロ言い出しました。急がねば。
イメージ 14
到着とほぼ同時にザーっと振り出して、ぎりぎりセーフでした。砂利道は、トータル5Kmほど、その気になればすぐ舗装できるでしょう。酷道マニアの方、是非今のうちにおいでください。ちなみに行きに1台、帰りに2台+山菜取りの車3台と出会いました。往復52Km、久しぶりのMTBは、ちょっと疲れました~。
 
なお、上山~新庄は、通常R13を通るのが一般的なルートです。
 
スポンサーサイト



湯野浜海水浴場

山形・蔵王情報
07 /27 2012
ペンションステラから山形自動車道経由で約2時間半、庄内浜にある湯野浜海水浴場に行ってきました。
イメージ 1
気温32℃とのことですが、庄内の空気はカラッとしてそれほどの暑さは感じません。水も冷たくなくちょうど良い感じです。
 
イメージ 2
平日ということもあって空いていて遊びやすいです。海の水はショッパイものですが、庄内浜の海水は旨みさえ感じます。きっとミネラルが多いんでしょうね。
 
本当は、美しい庄内浜の夕焼けを見たかったのですが、夕方に戻らないといけなかったので見れませんでした。
代わりに蔵王登り口からの夕焼けを。
イメージ 3
今日は蔵王の夕焼けも綺麗でした。でも、庄内の海水浴場にお出かけの節は、庄内浜の夕焼けをお見逃し無く。庄内の海水浴場について詳しくはこちらをご覧ください。
 
ちなみに月山スキー場は、まだ積雪1mとのことで、山形の自然の奥深さを感じる7月です。
 

原発廃止への一歩

ペンションのこと
07 /25 2012
ちょっと大げさなタイトルをつけてしまいましたが、食堂の電球をLEDに交換しました。
 
イメージ 1
これまでも積極的にLED電球や電球型の蛍光灯を使用して節電に取り組んできましたが、最後まで残っていたのが食堂の電球でした。
 
イメージ 2
今までは100Wのグルメランプを5個使用していたのですが、これが結構な熱源となっていました。LED電球は調光器との相性や発色の問題があって交換に踏み切れなかったのですが、涼しい蔵王を楽しんでいただくために、ちょっとした出費ですが夏を前に交換した次第です。
 
古いタイプの調光器との相性も良く、消費電力は1/8。私にできる原発廃止への一歩です。
 

リムの誕生日

ペンションのこと
07 /23 2012
ペンションステラの看板犬として、お客様にも可愛がっていただいているコーギーのリムが今日で11歳になりました。
イメージ 1
 
 
イメージ 2
人間でいうと60~65歳くらいということですが、今も時々見せるいたずらっ子のような表情がとてもかわいいです。これからも元気で長生きしてほしいリムでした~。

蔵王は13℃です

山形・蔵王情報
07 /20 2012
天気予報によると今日は涼しくなるそうですが、朝9時の時点で気温は13℃でした。
じっとしていると寒いくらいですが、散歩には最適というわけで鴫の谷地沼まででかけてみました。
 
イメージ 1
水面からは、もやが立ち上ってまるで春のような景色です。梅雨の期間中に雨が降った日数は、山形が全国で一番少なかったそうで、池の水も少ないです。
 
イメージ 2
ようやくアジサイが咲き始めました。なんだか赤ちゃんのようなかわいいアジサイです。
 
イメージ 3
詳しくないので名前がわかりませんが、こんな可憐な野草も花を咲かせていました。
 
イメージ 4
アジサイの中から、こんな巨大なつぼみが...どんな花が咲くのでしょう?
 
鴫の谷地沼は、ペンションステラより徒歩約20分です。
 

山形・出塩文殊堂のあじさい参道

山形・蔵王情報
07 /13 2012
全国にアジサイ寺と呼ばれるお寺は数多くありますが、山形では山形市村木沢にある出塩文殊堂こと良向寺が有名です。参道に植えられた2500株と言われる満開のアジサイを見に出かけてみました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
あじさい祭りは7/15までだそうですが、花はしばらく楽しめそうです。駐車場は参道の上と下にありますが、上はお年寄りや足の不自由な方に優先した方が良いかと思います。健脚な方は、アジサイを楽しむためにも下の駐車場をご利用ください。
 
イメージ 3
駐車場から参道の階段を登ること10分弱でお堂に到着。見事なアジサイを堪能できました。学問技芸の仏様とのことでたくさんの合格祈願の絵馬が奉納されていました。
 
イメージ 4
お堂の近くにある夫婦杉は、縁結びにご利益があるそうです。出塩文殊堂は、ペンションステラよりお車で約40分です。
 

蔵王・鴫の谷地沼散歩

山形・蔵王情報
07 /11 2012
久しぶりにブログご紹介の鴫の谷地沼です。アジサイの具合を見に散歩にでかけてみました。
イメージ 1
南側から竜山の方向。今日は暑くなるそうですが、蔵王でも朝7時半の気温は20℃です。
 
イメージ 2
カモたちは何故か陸へ。空梅雨で池の水も少ないです。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
アジサイは、まだこんな感じ。あと10日くらいかな。ほぼ例年通りでしょうか。日差しが強いので歩いていると少し暑いですが、木陰で立ち止まって風が吹くと涼しいです。
 
イメージ 5
奥にある横倉瀧でマイナスイオンを吸収。しばらく涼んで帰ってきました。
 
鴫の谷地沼は、ペンションステラから徒歩20分ほど。遊歩道は、1周約1.2Kmです。
 

蔵王のコマクサ咲いてます

TOP
07 /04 2012
蔵王のお釜の近く、駒草平のコマクサが見頃を迎えています。
イメージ 1
駒草平は、高山植物の女王といわれるコマクサが群生する貴重な場所です。
 
イメージ 2
滝見台から見る不帰の滝も壮観です。7/4時点では、まだ少し残雪もありました。是非、お立ち寄りください。
ペンションステラから駒草平は、お車で50分ほどです。
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。