蔵王より降りました~

山形・蔵王情報
11 /30 2010
今シーズン初、まとまった積雪となった蔵王です。
イメージ 1
 
ペンションステラの付近では、積雪7~8cmくらいです。
ゲレンデはようやく真っ白になりました。根雪になってくれると良いですね。
露天風呂も本格的に雪見露天となりました。
イメージ 2
 
もしかしたら?と思ってゲレンデ情報を確認しましたが、まだのようです。
スキー場もペンションステラもスタンバイ状態ですが、今年は少し遅めですね~。
滑走可能になったらこのブログでもお知らせします。
 
スポンサーサイト



クラシックカーレビューin高畠2010に行ってきました~その5 その他のヨーロッパ車編~

車の話
11 /25 2010
10/17に高畠町でおこなわれましたクラシックカーレビューin高畠2010の5回目、最終回の報告です。
今回は、英国車以外のヨーロッパ車編。
例によって、稚拙な撮影と私の趣味に偏っていることをお許しください。
 
イメージ 1
VOLVO P1800。流麗なスタイルが素敵です。この時代のヨーロッパ車の多くがそうであるように、テールエンドの形状などにアメリカ市場を意識していることがうかがえます。
 
イメージ 2
ALPINE A110。モンテカルロをはじめラリーで活躍した車です。フランスにもこんな素敵なスポーツカーがありました。ルノーの1ブランドとなったアルピーヌですが、ちょっと途絶えてしまっていますね。また、復活するといいですね~。
 
イメージ 3
言わずと知れたポルシェ911。たしか72年式だったと思います。現在の997まで受け継がれるデザインですが、私はナローと呼ばれるこの形が一番好きです。最新のポルシェが最良のポルシェといわれる一方で古いモデルへ買い換える方もいらっしゃいます。
 
イメージ 4
ルノー サンクターボ2。上のA110の末裔にあたります。コンパクトな大衆車だったサンクのリアシートを無くし、代わりに強力なターボエンジンをミッドシップマウントしたWRC専用マシンです。
 
イメージ 5
FIAT X1/9。ベルトーネによってデザインされたスポーツカーです。上のサンクターボとは逆にスポーツカーとして設計されたシャーシに、ごく普通のエンジンを積み一般のドライバーが楽しめる性能になっています。後のトヨタMR2なども同じ思想ですね。
 
5回に渡ってご報告したクラシックカーレビューin高畠2010ですが、紹介できなかった車もたくさんあります。本当に、貴重な車たちが非常に沢山集まるイベントで、しかもその多くが自走してくるようです。すべての車にナンバーがついていて、走行可能な状態であることは、オーナーさんの努力の賜物と思いますが、同時に日本の誇りでもあると思います。
エコが叫ばれるこの頃ですが、年間ごく僅かしか走らないと思われるクラシックカー達が、博物館だけでなく、いつまでも路上を走行できる環境が残るよう希望します。
 
次回は2年後。これだけのイベントの開催は事務局の方々は大変ご苦労なことと思いますが、いつまでも続けていただけたらと思います。
 

LEPAIに自作アッテネータ

ペンションのこと
11 /24 2010
このところ自作コーナーみたいになっているペンションステラのブログです。
廊下のスピーカー用に設置したアンプLEPAIの続報です。
微小な音量で左右のバランスが崩れるのは、先日もお伝えしたとおり。
これを改善するために手持ちの部品を活用して固定式のアッテネータをつけて遊んでみました。
つまり、バランスが崩れる領域よりもボリュームを上げて使おうという作戦です。
 
イメージ 1
 
ボケていてすみません。スピーカー端子にセメント抵抗が4個ついているのがお解かりいただけるかと思います。回路図にするとこんな風です。
イメージ 2
トータルで、3.3x6/(3.3+6)+5≒7.1Ωとなります。
これでどのくらいの減衰になっているのかわかりませんが、それより手持ちの部品はこれしかありません。
当然、もっと微小なボリュームではバランスが崩れるわけですが、ペンションステラでは実用上問題なさそうです。
 
音質も少し角が取れて聞きやすくなったような気がするのはプラシーボ効果かな?
 

スタッドレスタイヤと自作スキーキャリア

車の話
11 /22 2010
ここ数日比較的暖かい日が続いているので今のうちということでスタッドレスタイヤの履き替えとスキーキャリアを取り付けました。
イメージ 1
4シーズン目となったグッドイアーのアイスナビNH。溝もエッジもまだありますが、今シーズンで最後でしょうか。夏の間は屋内で保管しているので状態はまずまずです。
 
イメージ 2
こちらは3シーズンの使用実績がある自作のスキーキャリア。ペンションステラからゲレンデまでは5分ほど、高速を走るわけでもないので本格的なものは必要ありません。高い屋根に上がる必要もないのでスピーディに乗せられます。左右のシートの間にも2セット置けるので計4セット運べます。
 
イメージ 3
取り付け部分はこんな感じです。思いついたときはグッドアイデアと思ったのですが、釣りをされる方にはポピュラーな方法みたいですね。
 
なお、長距離や高速走行には適さないと思われます。真似されるかたは自己責任でお願いします。
 

スキーシーズンのご予約受付中です

TOP
11 /22 2010
イメージ 1
樹氷も年末からの大雪で平年以上に成長しました。
今年も蔵王の樹氷とパウダースノーをお楽しみください。
 
週末のご予約はお急ぎくださいね。

スピーカーのリニューアル

ペンションのこと
11 /21 2010
30年くらい前、オーディオブームというのがありました。
実は私も少々かじった方でして、スピーカーのセッティングなどあれこれと試したものでした。
ペンションステラでは、BGM用として食堂と1F廊下の計2セットのスピーカーを設置しています。
先日、創業以来1F廊下で使っていたスピーカーから音が出なくなり、新しいスピーカーを探すことになりました。
イメージ 1
これが新しく食堂用のスピーカーとして導入したKEF iQ30。特別イギリス贔屓なつもりは無いのですが、コーギーだったりロータスだったり、それに続いての英国ブランドとなりました。といっても、今どきKEFといえどもMADE IN CHINAです。
特別高いものではありませんが、内部の定在波を解消するために曲面を用いたエンクロージャとレスポンスと定位に優れたメタルコーンの同軸2ウェイが特徴の凝った設計です。それより、このデザインかわいくないですか?新しいQ300はオーソドックスなデザインになってしまったので、今しか無いという思いで予算オーバーでしたが思い切って購入しました。独自の設計をかわいいルックスにまとめあげるイギリスのものにどうしても惹かれてしまうのです。展示品だったようで、片側のロゴステッカーが一部剥がれてしまっていますが、音に変わりはありません。響きの良い校倉造りの建物と相まって聴きやすい軟らかい音です。夜にBGMとしてよく流しているヒュージョンやジャズ系の音楽には非常に合うようです。また、ピアノや打楽器、ギターなどの弦楽器、ボーカルもなかなかいいです。
そして、今回スピーカーの位置も変更しました。今までは、お食事の席に対して横方向に設置してあったのを、前後から聞こえるようにして、せっかくの同軸2ウェイ、しっかり左右の音を楽しんでいただけるようにしました。
スピーカーを設置している厚板の棚も自作しインシュレータを介して設置しました。ケーブルも太めのOFCで新調しました。
 
イメージ 2
こちらは、今まで食堂で使用してきたDENON SC-C3。かなり古いですが、この頃のスピーカーはしっかりと作られていて意外といい音がします。これからは、廊下のスピーカーとして頑張ってもらいます。位置も変更し、階段に対してほぼ左右同距離になるように設置しました。廊下でも広い範囲でステレオでお聞きいただけます。
 
イメージ 3
こちらは、廊下用SC-C3をドライブすることになった怪しい光を放つLEPAI LP-2020A+というアンプ。ヤフオクで2000円(DCアダプタ別)で購入したものですが、音質はなかなかのものです。電源ONから音が出るまで時間がかかることと、微小な音量で左右のバランスが崩れるのが難点ですが、トーンコントロールもついてこの値段でこの音質ですからご愛嬌というところでしょう。カーオーディオのアンプ用LSIを使ったもので、デスクトップアンプというらしいですが、ちょっと革命的です。こういう発想は、なかなか真似できませんね。
 
ピュアオーディオ回帰の動きもあるとかないとか、新しいスピーカーの音、聴きに来てくださいね。 
 

雪化粧の朝日岳

山形・蔵王情報
11 /20 2010
ペンションステラから上山市街へ降りる途中、市街を挟んで反対側に見える大朝日岳が快晴のお天気のもと雪化粧をしてとても綺麗だったので車を止めて写真を撮りました。
 
イメージ 1
 
標高は1870m。特別高い訳ではありませんが、その姿は堂々たるものです。蔵王から見ると北側に見える丸い月山とともに、この尖った大朝日岳が対照的です。
 
手前の道路にはすでに除雪の目印となる杭が準備されています。広大な蔵王のゲレンデから、この2つの山の姿を見ることができる季節ももうすぐです。
 

新スキーラック完成

ペンションのこと
11 /18 2010
昨年までスキー乾燥室はコンクリートのうちっぱなしだったのですが、今年の春にフローリングの床を張りました。それで、昨年まで使っていたスキーラックが使えなったのを機に新しく作り直すことにしました。
イメージ 1
これでスノーボードだけで定員分の15枚入れることができます。仮にスキーだけなら30枚入れられますが、そんなにはお泊りいただけません(笑)。
 
イメージ 2
このひと桝にスノボが1枚づつ収まります。丸い出っ張りはスキーを立てかける時のひっかかりになります。
床と同色に塗装して全体の雰囲気もマッチするようにして完成しました。
 
よく見ていただくとわかるかもしれませんが、スキー、スノボの板を傷つけないように極力ネジが内側に見えないよう、またどうしても見えるところはネジの頭を埋め込んであります。
 
そろそろ山が白くなる日も増えてきました。今月末くらいには一部くらいは滑れるようになるでしょうか?たくさんのお客様に来ていただけるのを楽しみにお待ちしております。
 

クラシックカーレビューin高畠2010に行ってきました~その4 英国車編~

車の話
11 /14 2010
10/17に高畠町でおこなわれましたクラシックカーレビューin高畠2010の4回目の報告です。
今回は、英国車編。
例によって、稚拙な撮影と私の趣味に偏っていることをお許しください。
 
イメージ 1
トライアンフTR4。男っぽいスタイルがいいですね。トランクのキャリアも似合ってます。
 
イメージ 2
MG-TC。50年以上昔の車ですが、世界中で今も人気のあるクラシックカーです。
 
イメージ 3
ビンテージともいわれるベントレーの多分6.1/2Lでしょうか?間違ってたらすみません。
 
イメージ 4
こちらはMD-TD。上のTCと良く似ていますが、見比べるとモダナイズされているのがわかると思います。
 
イメージ 5
ロータスエラン。今も大変人気のあるスポーツカーです。デビューしたのは1962年、実は上のTDと9年しか違いません。この間、イギリスではMG-AやジャガーEタイプという名車も生まれていますが、この時代に自動車のデザインが大きく変わったのがわかります。
 
イメージ 6
ロータス タイプ47。ヨーロッパをベースに作られたレーシングカーです。ごく僅かな台数しか作られなかった貴重な車です。
 
やっぱり古い英国車はいいですね。MGとかちょっと気になる今日この頃です。
次回は、最終回その他のヨーロッパ車編です。
 

神通峡と月山

山形・蔵王情報
11 /11 2010
少し前になってしまいましたが、11/7に大江町の古寺鉱泉、神通峡に行ってきました。
今年は紅葉が始まってから暖かい日が多かったせいか大変長く紅葉が楽しめました。
神通峡でもピークは過ぎましたが、まだ紅葉が残っていました。
イメージ 1
 
こちらは近くのダム。神通峡よりも少し標高が低いので、まだまだ綺麗です。
イメージ 2
 
そして昨日は月山へ。志津温泉で露天風呂に入れる温泉をいただいてきました。
月山はみぞれ交じり、蔵王以上に冬直前の様相でした。
イメージ 3
 
ペンションステラも大急ぎで冬仕度中です。
 

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。