C27セレナの標準車を汎用パーツでカスタムしてみるの巻

車の話
05 /14 2019
やっぱりたまには車ネタもということで。C27セレナもずいぶん見るようになりましたが、そのほとんどはハイウェイスターです。たまに見る標準車は、たいてい施設の送迎車で、かく言うペンションステラの送迎車もその中の1台であることに違いはないのですが、そこは車好きを自負するペンションですから、少しは弄ってみたくなるのが人情というものです。また、あえてマイナーなところを狙ってみるのも渋い選択と思います。
イメージ 4
そんな訳でかどうかはわかりませんが、意図的と思えるほど地味にデザインされた標準車。購入直後に中古アルミだけは入れてみたものの満足できず、せめて塩コショーくらいかけてみようかと、今回はフロントグリルのイメージチェンジということで、カーボンシートにチャレンジしました。Vモーショングリルのメッキ部分を外してイメージの確認。やはりこの方がスッキリする印象がありますがいかがでしょう?

イメージ 1
フロントグリルからメッキ部分を外して、シートを大体の大きさでカットして、ファンヒーターの前に陣取って貼っていきます。

イメージ 2
曲面は、温風にあてて引っ張ると結構伸びます。きついところはカットして引っ張りやすくします。

イメージ 3
初めてでしたが、思った以上にいい感じに貼れました。カーボンシート恐れるに足らず。(注:外せる部品に限る)

イメージ 5
さっきの写真と大差ありませんが、とりつけたところ。これでもいいですが、ちょっと物足らないか。

イメージ 6
手持ちの赤いテープを貼ってみました。個人的には悪くないかと思ったのですが、家族からの評判が悪いので取りました。もうちょっと濃い赤だったらよかったかな。

イメージ 7
で、最終仕様はこれ。メッキモールをつけてみました。若干ホンダ車ぽいですが、ワイド感がでていい感じです。

イメージ 8
さらにドア下にアンダーモール。セレナだと2mのままでちょうどいい長さ。サイドシルの殺風景さがなくなっていい感じです。

イメージ 9
テールランプの下も、フロントの残りで。ランプのでっぱり感が緩和しました。

イメージ 10
前から。

イメージ 11
横から。

イメージ 12
後ろから。締めて5000円以下のご予算です。家族曰く、どこが変わったかわからんとのこと。さりげないくらいで丁度いいんです、自己満足ですから。

セレナオイル交換と久しぶりの除雪車

車の話
03 /14 2019
今週後半は、再び寒くなる予報が出ていましたので、暖かいうちにということで、おとといセレナのオイル交換をしました。
イメージ 1
前回の初回交換に続いて、今回もレスポのハイブリッドスポーツです。

イメージ 2
6000Kmでセットしたドライブコンピュータは、先月からエンジンをかける度に警告を発します。自分でオイル交換すると何キロで換えたか忘れがちなので、便利な機能です。もちろんリセットも自分でできます。外気温4℃、暖かいですよね?

イメージ 3
フィラーキャップを強く締めすぎたのか、手で緩まなかったのでウォーターポンププライヤをキャップの凹みに噛ませて緩めました。C27セレナは、エンジンの位置が下げられていて手が入り辛いです。ディーラーだと工具があるのかな?でもピッタリサイズでした。C25からキャリーオーバーと思っていたC27セレナですが、ハンドリングが良くなっているのは良いポイントで、ついつい距離が延びます。

イメージ 4
フィルターは外して、今回は中のオイルだけ捨てて、約3.2L入れてほぼいっぱいです。春になったら、ちょっと弄りたい今日この頃、何故か車の写真は撮り忘れました。

イメージ 5
そして、今日は朝からまたまた上湯共同浴場へ。樹氷橋の温度計はマイナス6℃でした。やはり、寒くなると温泉が恋しくなります。

イメージ 6
ペンション村にも、少し雪が積もって約1か月半ぶりに除雪車がきました。もうすっかり、ご予約は連休中心ですが、スキー場はまだ全コース滑走可能。今日の雪でコンディションも良くなったと思います。ペンションステラから蔵王温泉スキー場はお車で約5分です。

エリーゼ車検17年目

車の話
01 /19 2019
たとえ、大して乗っていない車でも、2年に1度は車検というものがやってきます。前回は、シートベルトの警告灯ですったもんだしましたが、今回はそんなこともなかろうと一通りの点検をして出かけた有効期限のちょうど1か月前の年末のある日。
イメージ 1
もちろん今回もユーザー車検です。まだ、雪らしきものがない山形陸運支局。いつもお世話になるカーチェックさんで予備検査をしたところ、ヘッドライトの光量が足りないとのこと。一応行ってみてくださいということでチャレンジしましたが、やはり光量不足で不合格。急いでオートバックスで購入した新しいバルブがこれ。

イメージ 2
全国的には数年前から順次始まったロービーム検査が、山形でも昨年から実施され、平成10年9月以降の車についてはロービームで光軸、光量が計測されるようになりました。正直、咄嗟にカンデラとかケルビンとか言われても、さっぱりなんのことやらわかりません。ロービームが明るいの記載に期待して買ったこのバルブ、テスターで測ると元のバルブ以下の光量しかありませんでした。相性もあるのかもしれませんが、何でも一般的にはケルビン数の高いバルブは、色がついていて光量は稼げないのだそうです。そんなことも知らずに新しいバルブに交換して受けた再検査で再び落ちた時はかなりショックでした。(上の写真は交換後のもの)

イメージ 3
年末年始は作業する時間はとれず、ネット検索やSNSでいただいた情報をもとに作戦を立てます。原因としては、オルタネータや配線、ライトのリフレクターの劣化も考えられるのですが、走行距離や夜間の使用頻度から言ってオルタやライトの劣化は考え辛いので、まずは軽いメニューから、6年物のバッテリーをACデルコへ交換。

イメージ 4
ヘッドライトの配線はリレーを介して強化。(写真撮り忘れましたがIPF製)リレー本体はL字ステーでヒューズボックスの前に装着。アースも延長してバッテリーのマイナス端子に直結しました。

イメージ 5
バルブは、レイブリックのサーキットクリアに交換してワット数アップ。

イメージ 8
もし、これでダメなら重整備という万全の体制で挑みます。ちなみにリレーは、エリーゼのヘッドライト裏が狭いのと、レイアウトが特殊なので、配線は少し加工しましたが、ハイビームもパッシングもポン漬けでOKでした。

イメージ 6
年を改めて前回から約1ケ月後、有効期限の3日前。検査前に交換したばかりのバッテリーをフルチャージすべく1時間ほど3速縛りの走行。天童まで来ると雪がどっさり。

イメージ 7
1月中旬になれば陸運支局も雪がチラついています。

イメージ 12
結果は、無事合格して新しい車検証をいただきました。少し過剰整備でしたが、恐らく、バッテリーとバルブは交換時期だったと思います。

イメージ 9
雪道走ってしまったので、コイン洗車で下回り、足回り洗ってからガレージへ帰還。できたら、年末に車検終えられれば、雪道走らなくてすむのですが。

イメージ 10
蔵王では、花火もあがりました。(ワールドカップの)日本選手がんばれ。

イメージ 11
なお、このたびペンションステラはJAF会員様優待施設となりました。お電話、メールでの直接予約、現金決済の会員様には6名様までご宿泊料10%割引にてご利用いただけますので、是非ご活用ください。併用はできませんが、以前からのグリーンシーズンの旧車、スポーツカー、二輪割引も継続予定です。

冬支度

車の話
11 /14 2018
全国的に今年の冬の訪れはゆっくりなようで、北海道でも今日ようやく初雪がふったとか。蔵王も先日の初冠雪以来、比較的暖かい天気が続いています。とはいっても、
イメージ 1
日中の日差しは暖かくても、日が落ちれば山は急に冷え込んできます。道路にはすでに除雪の目印となる赤と白の棒が立てられました。

イメージ 2
さすがにそろそろゆっくりもしていられないのでタイヤ交換。今年は奮発してR2とセレナのスタッドレスをウインターマックスで揃えました。(といっても全部中古ですが)

イメージ 3
R2のハブリングは、59mm。

イメージ 4
空気圧も調整して。

イメージ 7
準備オッケー。

イメージ 5
セレナのハブリングは66mm。

イメージ 6
ホイルは、ヤフオクで防錆性能の優れたBSのエコフォルムをゲットできました。
そんな訳で、今年の冬も蔵王温泉スキー場へお越しの節は、ペンションステラをご利用くださいね。m(_._)m

セレナオイル交換

車の話
07 /12 2018
ペンションステラの送迎車セレナがやってきて約3か月。今は工作精度が上がったので1か月点検でもオイル交換はしないそうで、初回は6か月目で良しということになっているそうです。ですが、そろそろエンジンのあたりもついてきたのが実感としてあるので、半分の3ヶ月で初回の交換をすることにしました。

イメージ 1
走行距離は、2500Kmのちょっと手前。いつも通り前下がりな青空ピットにブロックを1段タイヤの下にいれてにセレナをセット。ほぼ水平です。

イメージ 2
使用するオイルは、もうすっかりご用達となりましたRESPO、ハブリッドスポーツ0W20です。(日産純正だと0W16です)

イメージ 3
オイルフィルターは、奮発してボッシュ。赤がカッコイイ!結構小さいのでDIYされる方は手持ちのフィルターレンチが使えるかお気をつけください。

イメージ 4
奮発した理由は、アイドリングストップから復帰するときの音が少し気になって、チェックバルブ付きのものを選びました。メーカーさんとしては、当然想定されているのでしょうけれど、エンジンがかかるときの油圧の低い状態の音が繰り返されるとやはり気になります。

イメージ 5
オイルを抜いている間に下回りの写真を撮りました。マフラー、サイレンサーはやっぱりステンレスぽいです。これは嬉しい改良。でも、燃料パイプやブレーキパイプは丸裸。納車前に防錆処理はしてもらいましたが、ちょっとカバーしてくれたら違うのにな~と雪国ユーザーは思うのです。

イメージ 6
車ネタついでに先日終わってしまったR2のタイヤはトーヨータイヤのナノエナジー3に替えました。セレナのトランパスMPZ、エリーゼのプロクセスR1Rと全部TOYO。特別こだわりは無いのですが、なんとなく好きなんです。CGTV、愛車遍歴、車で行こう(山形では違いますが)のスポンサーですし。仙台に工場もありますし。そのタイヤに驚きはあるか?関係者の方のご宿泊お待ちしております。(もちろん一般の方も)

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。