庭が賑やかになってきました

ペンションのこと
05 /30 2019
オープンガーデン開催中の蔵王ペンション村です。春から初夏に近づいて、ペンションステラの庭も、賑やかになってまいりました。
イメージ 1
ペンション村の看板娘のクレマチス・モンタナは、もうすっかり満開です。

イメージ 2
レンゲツツジは、ペンション村の他、鴫の谷地沼はじめ蔵王のあちこちで見られます。

イメージ 3
ルピナスが咲き始めると蔵王も初夏です。

イメージ 4
密かに人気のミヤコワスレ。

イメージ 5
エニシダは、庭を賑やかに彩ってくれます。

イメージ 6
シャクナゲも花を開きはじめました。蔵王ペンション村オープンガーデンは、6/30まで。ランチの営業もやってます。(不定休)

蔵王ペンション村オープンガーデン開催中です

ペンションのこと
05 /22 2019
5/19から今年も蔵王ペンション村オープンガーデンが始まりました。
イメージ 1
3月頃の暖かさから、今年も早い開花を予想していたのですが、予想に反して4月以降は低めの気温で、看板娘のクレマチス・モンタナはようやく5分咲きくらいです。

イメージ 2
ペンションステラ玄関先は、芝桜が満開です。

イメージ 3
スズランは、ようやく花をつけ始めたばかり。

イメージ 4
静かな人気者のラムズイヤーは、触ってお楽しみください。

イメージ 5
まったりと日向ぼっこを楽しむシーザー。イチゴとクリンソウ苗の販売、ランチ、雑貨も少し(不定休)で営業しています。是非、お立ち寄りください。なお、ご宿泊は通年営業です。詳しくは、蔵王ペンション村オープンガーデンHPをご覧ください。

佐渡へ佐渡へと

ペンションのこと
04 /11 2019
かねてから草木もなびく佐渡島に行ってみたいと思っていたのですが、ようやく念願叶って行くことができました。
イメージ 1
佐渡に行くには新潟港から佐渡汽船の4タイプの船が運行しています。その中から一番お安いカーフェリーを選びました。2等料金は片道で2380円。佐渡・両津港までの所要時間は約2時間半です。

イメージ 2
犬も510円で乗船できます。(条件あり)原則ペットルームまたはペットコーナーですが、行きは他にいなかったようで個室を利用させていただくことができました。ここで不覚にも携帯を車に置き忘れてきたことに気づき、今回の写真はすべてお母さんのカメラから借りています。

イメージ 3
初上陸の第一印象は、お店の数にびっくり。島内でなんでも揃います。まさに佐渡は居良いか住みよいか。島内の移動はタイムズさんでデミオを借りて免責補償もつけて24時間約9000円。ちなみにフェリーに車を乗せると5m未満で片道17030円(1人分の2等料金込)。つまり短期の旅行だと大抵レンタカーの方がお得です。(新潟港の駐車料金は1日800円)トランクに収まるケージがあればペットも乗せることができます。トランクが小さいとの事前情報で心配しましたが、中型犬用のバリケンがちょうど収まりました。実はデミオに乗るのも楽しみだったので良かったです。

イメージ 4
佐渡島の東側の両津港で車を借りて、西側の稲鯨にある民宿まで約50分。この日は風が強くて波も荒かったのですが、空は晴れて日本海に沈む夕焼けを見ることができました。

イメージ 5
旅のメインは美味しい海の幸ということで、観光は2か所だけ。まずは、歴史好きな娘をつれて佐渡金山跡へ。これは、12Kgの金の延べ棒を小窓から取り出すコーナー。

イメージ 6
意外と機械も好きみたいです。特に昔の電話機がお気に入りでした。(金山とはあまり関係ないですね)

イメージ 7
トロッコの運転席でご満悦。(動きません)

イメージ 12
で、最終的にはこれ。でも、金箔ソフトは、たっぷり金箔が振りかけてあってびっくりでした。あまりのリアルさにお母さんも坑内の写真を撮り忘れたようですが、すごく見ごたえのある展示で70分のコースに結局3時間近くいました。

イメージ 8
そして佐渡といえばトキということで、トキの森公園へ。トキは大変臆病な鳥だそうで、シーサーは車で待機。

イメージ 9
トキはペリカンの仲間だそうです。長いくちばしでドジョウを飲み込むシーンを見せてくれました。スタッフの方によると、野生のトキもいるそうで、運が良いと田んぼなどで見かけることができるそうです。

イメージ 11
旅を終えてシーサーも一回り逞しくなったような。そうでもないような。

イメージ 10
美味しい海の幸をいっぱい食べられて大満足の佐渡でした。いつか機会があったら、ただ1周することを目的に行ってみたいです。ペンションステラから新潟港までは約3時間。中継地点にご利用いただけると幸いです。

春仕様へ

ペンションのこと
03 /29 2019
昨日の雪でペンションステラはすっかり雪景色ですが...
イメージ 1
積雪7~8cmくらいあったのですが、陽が差すとみるみる解けてくるのはさすがにもう春近しです。

イメージ 2
そろそろスキーのお客様はほぼほぼ終わりのようなので、冬の間活躍してくれたスキーラックも片づけます。スキー場の方は、まだたっぷり雪がありますので、春スキーはまだOKです。ラックがなくても数セットなら玄関に立てかけられます。

イメージ 3
自転車もいよいよ物置から出して春仕様へ

イメージ 4
エリーゼもエンジンオイルとフィルター交換。タイヤはまだスタッドレスですが。

イメージ 5
山形市内で早咲きの桜を見つけて記念撮影。スポーツカー、旧車、2輪割引に加えてJAF割引も是非ご利用ください。グリーンシーズンもたくさんのお客様のお越しをお待ちしております。


ラフランスのジャム作り

ペンションのこと
12 /13 2018
すっかり蔵王は冬景色となりまして、もう雪の降らない日はないくらいです。スキー場もようやく営業開始。今のところは、中央ゲレンデだけ滑走可能ですが、上の台や横倉ゲレンデも積雪20cmということなので、あと数日というところだと思います。
イメージ 1
これは、数日前の様子。ゆっくりだった今年の冬ですが、12月中旬でこのくらいだとほぼ平年並みだと思います。今から本番ですね。その間に私は恒例ラフランスのジャム作り。

イメージ 2
少し小さいラフランスが安く手に入るのは地元ならでわ。美味しさは変わりません。

イメージ 3
スライスして砂糖、レモン汁とまぶします。まだ、火をつける前ですが、食べ頃のラフランスからは、どんどん果汁が出てきます。ちなみにレモン汁を入れるのは味付けのためではなく、果物の細胞に含まれるペクチンと反応させてゲル化させるためです。

イメージ 4
たっぷり果汁が出たところで初めちょろちょろ。パンに塗る用なのでマッシャーで少し潰します。

イメージ 5
ほどよく潰れたら中パッパッ。木べらで混ぜながら、強火の完全沸騰状態で煮詰めます。

イメージ 6
最後は、火の止め時が肝心。木べらに抵抗を感じるようになったら、時々すくって滴の落ち具合を見ながら混ぜます。

イメージ 7
瓶に詰めて、逆さまに置いて完成。これで密閉されて保存ができます。常温になったら冷凍庫、冷蔵庫へ。瓶は予め熱湯消毒、乾燥することをお忘れなく。ペンションステラのジャムはいつも砂糖控え目ですが、もともとのラフランスの糖度が高いので、もはやハチミツのような味です。ご朝食にお出ししておりますので、是非ご賞味ください。

イメージ 8
近いよ~。

ペンションステラ

山形蔵王のペンションステラは、谷を見下ろす展望抜群の露天風呂と中学生の娘も交えたアットホームなおもてなしの洋風民宿です。蔵王ロープウェイ、蔵王温泉スキー場までは車で5分。スキー、スノボはもちろん、蔵王のお釜観光やトレッキング、エコーラインのドライブ・ツーリング、さくらんぼ狩り、最上川舟下りなど見所満載の山形に是非おいでください。